FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2020/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
アメブロ始めます◀️ケンカ売ってないよ(笑)
携帯ブログって検索すると
やたらアメブロなのでアメブロ始めました。
昨日から(笑)
でも今度は続きそう。
携帯だし。

ただ、私が嫌いな人は
できれば飛んでこないでいただけるとありがたい。
性根の腐り方は全く治っていないので。
ただ、いろんなことを心配してくださってる方、
読み物として読んでましたって方なら
アリかなって(笑)

自閉症スペクトラムのみくへの愚痴と不満と喧嘩と
(お主の不満書くぞと本人に通告済み)
あとはなんか日常を
グチグチやるのが目的です。

https://ameblo.jp/marupinochan
迷走日記☆娘は自閉症スペクトラム


スポンサーサイト



原点回帰???
勝手に黒歴史に近い存在みたいにしていたけれど、この数年色んなことがあって、ああ、犬たちがたくさんのものをくれたと思えることも多くて。
管理画面にすら入れなくなっていたこのブログにふと戻ってきたら…
目を背けていたところに優しい言葉が残っていた。
気づく人が1人でもいるのかなんて分からないし、そこに興味があるかと聞かれたら、それほどでもなくなっているけれど。
知らない誰かが心配してくれていたりもしたのが現実。優しい人って世の中にいるんだなぁと感心したり。
そうですね、とりあえず。みくが自閉症スペクトラムだと診断されました。
ぶっ飛んだ日々を送っています笑笑。
その話をまたここで出来たらいいなと。
どうやら読み物としてアクセスして下さってた方もおられるようなので笑笑。
あ、犬います笑笑
しかも7頭も!Why???笑笑
そしてアレルギーになってる気がします!笑笑
The、キャパオーバーっす☆

ジルくんは虹の橋を渡りました。
その話もまた後日。

最期のラブレター。
まだ乾ききってないスポイト。
使い道消えた。
普段はただのゴミなのに
なぜこんなにも悲しいの。

ピノIMG_0062

残ってしまった薬。
ごはんに混ぜて食べなくて
「ああ!この薬高いのに…もう一袋開けてスポイトじゃん!」
なんて文句。
いえた頃が幸せだった。
最後は余ってしまったの。
たくさん文句ゆったけど
積み重なる医療費、いつまでも払っていたかった。

ピノIMG_0660

掃除苦手なんだから
さっさと捨てなよ!と怒られそうだけど
腐るまで、風化するまでもう少し。

もうなくなる定位置の布団のへこみ。
ほわほわした抜け毛。
綿にしみつく動物臭。
きっと寝心地よくなるはずなのに。
ローズでもない、フレッシュグリーンでもない
あの香りに包まれたいの。

並べなくてよくなる食器。
それはもう早くからなんとなく塑像できたこと。
だからスポイトや布団のへこみや
気にも留めなかった些細なことが強く胸を刺すよ。
こんな現実が増えていくよ。
こんなところに。
あんなところに。
たくさんの小さな影を拾い集めては
こま切れに涙するよ、きっと。

あのバスタオルのシミは
あの時の葡萄。
落ちない汚れ、どうかこのまま永遠に消えないで。

ピノIMG_0068

ごはんも食べれるよ。
テレビも見れるよ。
カラオケで歌も歌えるよ。
仕事に行ってニコニコ笑えるよ。

睡眠なんて、君がいたころよりきっと取れるよ。
夜中の咳、荒い呼吸。
これからは爆睡してやるんだ。
朝までずっと起きないんだ。
そんな健康的なことが、なぜ私はうれしくないの。

本格的な介護してあげるつもりまんまんで
「ペットが危ないので介護したいんです」なんて
社会人的にアウトだろう説明して
いざとなったら転職も…。
そんな悩み全部「必要ないから、まじめに働きなよ」って
かっさらって消していった。
小言が空から降ってきます。

人生の岐路にたくさん付き合わせて
ご心配、ご迷惑おかけしました。

雑だから、時々忘れちゃうかもしれない。
というか、たぶん忘れちゃう。
でも思い出すよ。
何度でも、何度でも。
目に見える思い出がひとつひとつ消えて
上書きされたりすることがあっても
写真とか動画とか
せこく記憶呼び戻すアイテム使うかもだけど。

整理整頓が苦手だから
予期せぬ思い出が宝探しみたいに出てくるだろうね。

悲しいの。
一緒にいれなくなったこと。
だけど
苦しみから解放されてくれたこと嬉しいの。

いっそ発作がばーんって起こったほうが…なんて
思ってごめん。
でも本心だった。
いなくなってほしいわけじゃない。
でも楽になってほしかったの。
頑張ってほしいけど
頑張ってほしくなかった。

でも今、頑張ってほしかったと思うなんて
鬼だね(笑)
鬼ババだ(笑)

ピノIMG_0065

愛の言葉も愚痴も尽きません。
お礼も謝罪も尽きません。
言いたいことはあとをたちません。
明日になればまた、気持ちが変わります。
裏切者め!なんて暴言も吐くかもしれません。

旅立つのなら「いってらっしゃい」と見送ります。
帰ってくるなら「おかえり」とドアを開けます。
ずっととどまるなら、ニートは困ります(笑)。

いつでもここはあなたの家です。
どんなに時が経っても遠慮しないでね。
待っています。
姿形変わっても出会えること。
「老けたね」と言わないでね。
わたしは年を取ります。
時間と歩みます。

さよならは言葉にしてもしなくても
やっぱりさよならに変わりはありません。
別れは別れです。
神龍はいないし
チームドラゴンはお願いできませんでした。
奇跡はおきませんでした。

でもおきたのかもしれないね。
わたしには。

こんなわたしが独身の頃
お金を持って調子に乗っていた時に
あなたがショップに並んでいた。
その出会いはきっとランキング上位に入るわたしの奇跡です。
なんのドラマもない出会いですが
BGMにgreenの「キセキ」を流して編集すれば
きっとそれなりになるでしょう。

ピノ010

悲しいの、とても。
消えることはないとわかっているから
悲しみごとラッピングして胸にしまいます。

楽しく楽しく暮らします。
先にでかけてしまった君が
悔しくてうらやましくて
ついつい玄関のドアを開けてしまうように。

不甲斐無いばかりに
君の声を解読できなくてごめんね。
スピードラーニングの犬版が販売されたら
真っ先に買うことにするよ。
でもその前に
人間語、勉強してもらったほうが早いかもね。
君のほうが頭がよさそうだから。

他力本願。
責任転嫁。
ほめられない四文字熟語が並ぶわたしと
一緒にいてくれてありがとう。

ピノIMG_4909

もう少しお付き合いください。
あとちょっと一緒にいてください。

忘れてしまいそうなので文字にしました。
記録しておいたから
わたしがボケたら
「ほら!こんなこと書いてるじゃんよ!」って
この証拠物件をを突き付けてください。
認めます。

たくさん忘れてしまうことがあると思うけど
愛しています。
家族みんな君を愛しています。

でもわたしが特に一番!愛しています(笑)。
そして君も私を特に一番!愛していると信じています(笑)。
何度目だよ?のリスタート。
ボラはやっていません。
恥ずかしながら、いろんなことから逃げました。
まだ逃げているといえば逃げています。

もちろん違う道で一生懸命やっていることもあります。
何回切ろうとするの?リスタート…って思うけど。

だって今度こそ、今度こそ!と
切れかけの電球みたい。
やる気スイッチ押しても、パカパカしてる。

押さないよりマシでしょう?ねぇ、ピノちゃん?

ピノIMG_20151031_203838

書くことは好きです。
子供のころから。
ほとんど、考える前に文字になります。

それを読むのが好きだと言ってくれる人がいると
やっぱりうれしくなります。
迷走。
いろんなことから逃げてみました。
そして、優しい人はいるなぁ…と改めて思ったり。
ボランティアに足を突っ込んだのは
私の心の歪みが大きかったとも感じます。
どこか何か欠落していて
保護犬に依存することで
保護犬を助けることで
私が私を保ち
助けられていたのだと認めることも出来てきました。

中途半端な状態で終止符を打ち
このままフェードアウトだろうと自分でも思ってました。

なのに
パソコンにふらりと送られてくるコメントに
忘れた頃に気が付いて
なんとも言えない気持ちになったり・・・返答していいものかと。

丁寧なハガキやメールをいただいたり・・・。

保護犬はみんな優しい。
そして負けず劣らす
保護犬を愛してくださった人たちが優しくて。

幸せなこと、たくさんありました。
その反面
音信不通になりどうしているのかわからなくなった犬たちも。
保護犬を譲渡して
亡くなるまで確認するのは思うより難しいことだと思います。

家庭環境が変わる事あります。
も結婚も離婚も出産も。
事故、入院・・・。
多頭飼いならではの問題などなど。
予期せぬ出来事の中で。

今、1頭だけ保護犬を預かっています。
幸せになってくれるといいなと思います。
先の見えていた未来が
限りない未来へと広がる日を信じて。

保護犬たちと日々を過ごしてきた我が家の犬たちも
高齢になりました。

ゆっくりめに歩いていけたらと思っています。

グダグダになっていったにも関わらず
またブログ書いてくださいね、とか
覗きにきますね、とか
やっぱり嬉しい気持ちになりました。

ありがとうございます。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ミクボス☆プロフィール

ミクボス

Author:ミクボス
保護ボラを数年間後グダグダにて現在に至る。
自分に出来る事を迷走中…。
小2の娘と犬たちとの生活。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ミクボス家出身・保護犬の里親さんブログ
ボランティアさんのサイト&ブログ一覧
いつでも里親募集中
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示