*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旺次朗君(元チワワの王様)の幸せ報告。王様としての生きる道。後編。
皆さまお久しぶりです。
暑くなりましたがお元気ですか?

ブログを再開させていただきます。
ご心配とご迷惑をおかけいたしましたことお詫び申し上げます。

さて、ミクボス家の保護犬たちは元気です。
順番にこの休止中の出来事をご報告させていただきますね。
よろしくお願いいたします。

ということで

旺次朗くんのデレデレな近況をお伝えするまえに
またまた掲載しそこねていた冬のメールから…。
すいませんすいませんー。

旺次朗018

毎日寒いですがお元気でしょうか。
こちらでも珍しく雪が積もったほどだから
そちらはかなり大変だろうとお察しいたします。。
じゅんたさんも四苦八苦してますもんね(´`;)


…すっかり暑いです…。
この冬はミクが元気に過ごしてくれたので
とっても楽しかったです。
保護犬もこそきち先輩だけだったし、楽させてもらいました。
じゅんたさんはこの夏も四苦八苦しておられますね(笑)。

旺次朗019

そしてたくさん保護ワンコがやってきましたねー。
こそきち先輩は千原ジュニア並みに先輩ぶってるんでしょうか(笑)
新入りさん達を震え上がらす威嚇ってスゴイしw
だから遊びたい時に相手にしてもらえないことに
気が付いてほしいよ。こそきっちゃん。
まぁ、ジャックナイフな彼女には無理な話なんだろうし
それがこそきち先輩の味なんでしょうけど(笑)
超熱い希望者さんが現れると信じてます!
(我が家では無いと思うんだけどー(笑))


いったいいつになればあのジャックナイフは引っ越すのか(笑)。
頑丈な鉄の扉の心ですからね。
どこかに溶接が趣味の希望者さんがいないだろうか…。

カプEXちゃん、ニコニコしていて可愛いですねぇ!
しかし下痢Pを畳の上って、それなんて拷問…。
本当にいつも保護ワンコのお世話、頭が下がります。
旺次朗も同じようにいろいろとお世話になったんだな~と
つくづく感謝しています。ありがとうございました。


旺次朗くんはわりと出来た男だったので
福ちゃん(元ぽん太)をいじめてさえいなければ
あまり問題がなかったですー。
まぁミクボス家時代は、なかなかトイレ100%は無理だったけど
それは環境のせいなので…。
匂いがあちこちにつきすぎてますからねぇ。
常に誰かが失敗したりマーキングしてるし…がっくり。

さて、旺次朗ですが、日々オトメンを進化させながら
元気に過ごしています。
いつも可愛いファンシーなおもちゃを側に置き
寒い時には散歩の途中で動かなくなり
雪の時には雪に埋もれて食べながら歩いたり
ヒーターの前で「点けて」と催促することも覚えました。


調子に乗ってますね(笑)。
しかもファンシーは全く似合わないのに…。

しかし旺次朗くんは写真ごしでも
目が合う気がして怖い。

旺次朗020

猫のモモコとは相変わらずです。
モモコの顔を見るとテンションが上がってウルサイまんま。
最近ではわざとモモコの方から柵越しに声をかけて
よくおちょくっています。
そのうちに両方が本気でムカついてくるらしくて
マジ喧嘩になるので仲裁に入りますけど。


バトルが楽しそうですねぇ。
リングサイドでめっちゃ観戦したいです。
あ、もちろんモモコさんの応援で。 ←バカ。

旺次朗021

あんずが旅立ってからそろそろ一ヶ月になりますが
あんずがいなくなってから「腹いせマーキング」は
すっかりなくなりました。
いつもあんずの世話を優先していたので
ヤキモチを妬いていたんでしょうね。
可哀想な思いをさせたなぁと思います。
だからついつい一段と(笑)アマアマな親になってます。


お見合いで旺次朗くんを連れていった時には
確かにいたあんずちゃんがいないんだなと切なくなりました。
生きてたのになぁと。
お見合いの時の記念写真にはあんずちゃんが写っているのに。

別のお家でも
同じようなことがあったんですが
その時も、なんともいえず寂しい気持ちでいっぱいでした。

あんずちゃんが可愛くてきれいだったことを
今でもよく覚えています。

旺次朗022

でも本当に旺次朗がいてくれて良かったです。
もしいなかったら…
半年の内にフランとあんずの2人も見送って
落ち込むどころじゃなかったと思います。
フランやあんずのことを思い出して
寂しい気持ちになっても
隙あらば甘えてくる旺次朗がいるので
どれだけ気持ちをなぐさめられているか分かりません。


里親さんのブログにも書いていたけれど
旺次朗くんが家族に迎えられるまで
あんずちゃんは頑張って寄りそいつづけていたんだなと思います。
旺次朗くんは、先に逝ってしまった先住犬のフランくんと
その時にはまだ生きていた先住猫のあんずちゃんの2匹の
お父さんお母さんへの
サプライズプレゼントだったのかもしれません。

フラン君が見つけ出し
あんずちゃんが家族としてのルールを教えること。

そしてそして、旺次朗の保険証が出来ました。
使わないで過ごせれば良いんですけどね。
でももし万が一、何かあった時にでも安心だし。
保険証の写真にはかなり容量の大きい画像が
使えたので、ヨシザキさんに撮っていただいた
画像を使わせてもらいました。


すっげ笑ってますね。

旺次朗017

何がそこまで楽しいんだろう…と聞きたくなるほど笑ってる。
タレント犬でもないのに
なぜ?どうして?ここまで写真撮影でノリノリなんだろう…。

何枚か旺次朗の画像を添付しておきます。
いつもはもっと可愛い顔も出来るんですよー
ニコニコ笑ってる顔も、抱っこされて眠そうな顔も
めちゃくちゃ可愛いんです(親バカフィルター分厚いです、ハイ。)

ええ、とっても良く分かります。
カメラ向けるとこの顔になってしまうんですものね。
…動画だったらどうなんでしょう?

旺次朗023

なのにカメラを向けるといつも決め顔を作ってしまうので
いつも同じ表情…。
カメラ慣れしてるんでしょうか?
そして何故あんなにいつも自信満々な
顔が出来るんでしょうねぇ(笑)


やっぱり王様だからじゃないですかね???
根拠のない自信を持ち合わせているあたりは
やはり王…。

また連絡しますねー。
辛い冬をお過ごしでしょうがご自愛くださいまし。。


つらい夏を過ごしております。
この雪の写真がさわやかでなんだか涼しくなりました。

デカいけど可愛い旺次朗くん。
ますます可愛さに磨きがかかってて嬉しいです。
おそらく、ある程度幸せに暮していた家庭犬だったと思うから
ちゃんと家族と一緒の空間にいてくれて
なんだかほっとします。

ずっと過酷だった保護犬たちは
ミクボス家で多頭の中の1匹であっても
まるでパラダイスかのように楽しんで暮せますが
元家庭犬はそうじゃない。
些細な違いを敏感に感じ取り
ここは自分の最後の住みかではないと理解してしまう。

いつもどこか不満げだった旺次朗くんが
今こうして満足して生きてることに感謝します。

旺ちゃん、本当に良かったね。

幸せいっぱいな王様・旺次朗くんと
激甘な里親さんに祝福のポチポチっとお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ






【追記】

飼犬の登録していただいたのに
掲載しそこねていました。
早々に約束を守っていただき感謝しております。

飼犬登録旺次朗
スポンサーサイト
旺次朗君の幸せ報告。王様としての生きる道。前編。
こそきちからの流れでチワワシリーズです。
今度は旺次朗くん(元チワ王)。
ワタシが溜めこんだせいで前後編の近況報告です…。
何やってんだか(汗)。

お見合いの日には
亡くなった先住猫さんのあんずちゃんは生きてました。
そりゃ元気元気!とは言えないかもしれないけど
ワタシには元気に見えました。

ずっと里親さんは
高齢のために介護も必要になっているあんずちゃんがいるのに
旺次朗くんを迎える事をためらっておられました。
でもどうしても旺次朗くんと暮らしたい!との気持ちが固まり
里親として手を挙げてくださいました。

もう少し待てばいいのに、と思う人もいるかもしれません。
実際、旺次朗くんが家族として迎えられて間もなくの訃報は
もしかしてストレスだったんじゃないだろうか。
先住さんのために申し込みを断るべきだったのではないか。
そんな気持ちになります。

以前にも似たような事があり
その時も葛藤したことを覚えています。

でも、少し時間が経過してからの里親さんのメールには
いつも
ワタシはきっとこの家族を選ぶ必要があったんだと思わされます。
断ることなんて出来るわけがなかった。
だってきっと行くべきして行ったんだから。

あんずの死亡原因は「老衰」でした。
お母さん猫の命日の次の日に
とても穏やかな顔で旅立ちました。
荼毘に付すその時まで、今にも目を覚ましそうな
穏やかな安らかな顔付きでした。
お母さん猫が”もうおいで”と迎えに来てくれて
旅立っていった気がしています。


あんずちゃんが可愛かったのを覚えています。
穏やかに笑ってて。

22年近く一緒に居られたのだから
フランが他界したときのような悔しい気持ちは無いです。
ただ「その時」が来たんだと思っています。
あんずの存在がいなくなった事に寂しい思いは
時々ふっと沸いてきて苦しくなりますが。
それは仕方の無いことだと思って耐えています。


何も手につかない気持ちなのに
やっぱりちゃんと動いて生活してしまう。
そんな自分が嫌になったり、苦しくなったり。
いた場所にいない。
探しても探してもやっぱりいない事にビックリしたり。
ちゃんと何が起こったのか理解していても
不意に涙が止まらなくなったりしてしまう。

命の瀬戸際にいた犬と暮らすようになって
幸せな命を見るたびに
以前は悲しくなりました。
こんなに愛されている犬が世の中にはたくさんいるのに
なぜうちの家の中にいる犬たちは
死ぬかもしれないのに誰にも泣いてもらえなかったんだろう。
理不尽で切なくてどうしようもなかった。

でもいつしか、悔やんでいても仕方ない。
せめて自分と縁のあった犬だけでも
ちゃんと最期にはいっぱい泣いてもらって
逝かないでと心から引きとめてもらえるような
死にたくないと本気で神様に願うような
そんな残りの一生を送って欲しいと思うようになりました。

旺次朗012

旺次朗が我が家の子になって一ヶ月と15日で
あんずは旅立ってしまいましたが
フランが他界してから、沈み込む私達のために
きっと力を振り絞って生きていてくれたような気がしています。


先住犬のフラン君が亡くなり
そして先住猫のあんずちゃんも亡くなりました。
本当に大事にしていたんだってわかる
里親さんのメール。

旺次朗君を家族にとおっしゃって下さったメールの中には
亡くなったフラン君への愛がたくさん詰まっていました。

中高年の旺次朗くんを家族に迎える事で
やはり確率の問題だけで言えば
きっと死に目に合う日が来るのは
仔犬を迎えるより早い。

また悲しむ日は確実にやってきます。

旺次朗013

でも、旺次朗が来て一緒に過ごし、そろそろ
「もういなくなっても大丈夫」だと安心したんだと思うんです。
その証拠に旺次朗をビックリするくらい
自然に受け入れてくれたことや
旺次朗もあんずが亡くなる数日前からは
いつもよりもピッタリとあんずに寄り添っていました。
ずっと長い間一緒にいた姉弟のようでした。
8年以上一緒にいるモモコとよりも
強い何かがあるようでした。


だけど旺次朗くんでなくてはならない何かがあったんだと思うんです。
家族に愛された経験と
大切なものを失った経験を持っているからこそ
里親さんの悲しみに寄りそうことが出来たとも思うんです。

空気を上手に読める賢い子です。
里親さんがあんずちゃんを大事にしている気持ちごと
旺次朗くんは大事にしたかったんじゃないかと思います。
独占欲は強い王様だけど
大事な人の大切な存在を同じように大事にできる
そういう深い優しさをもっていますから。

旺次朗014

今年は6月にフランを、12月にあんずを亡くして
もし旺次朗がいなかったら
とても耐えがたい日々を送ることになっていたと思います。
猫のモモコがいますが、猫は生死に対して
とてもドライな生き物のようなので
あくまでもマイペースです。
あんずのことを思って泣いている私の側にきて
膝に自分の前足を置き、そっと心配そうな表情で
私に寄り添ってくれる旺次朗がいてくれて
どれだけ気持ちが救われているか…。


やはり旺次朗が我が家に来たことはとても
意味のあることだったと改めて感じています。


ももこさんは…個人的にかなり好きです(笑)。
猫さんにもいろんな性格がいるんだろうけど
やっぱり犬と猫とは基本的なものが違うとは思います。
猫のドライな面がいいって人も多いし。
(猫でもべったりな猫さんもいるけど)
ちなみにえり太さんは生粋の猫派です。

あんずの火葬が23日に終わって
昨日はクリスマスイブでしたが
数日前からバタバタしていたので何も用意できなかったんです。
だから今年は何もしなくていいっか。と思っていたんですが
やっぱり旺次朗との初めてのクリスマスなので
とりあえず形だけでも盛り上がろうと
旺次朗に「クリスマスご飯」を作りました。
(ジャガイモをヤギミルクでマッシュして
家にあった野菜を茹でただけですが)


オシャレな感じに仕上がってるし!!!
これで手抜きだったら
しゃかりきにはりきった日にはどんなディナー??

旺次朗015

「旺ちゃんのクリスマスご飯を作るから待っててね。」と
宣言をして作り出したら、嬉しそうな顔をして
しっぽも振りながら側でずっと待っていてくれました。
(…そんなにまで待っていてくれたのに
出来上がったモノは大した物じゃなくて
旺次朗に申し訳ない気もしますが…。)


いやいや旺次朗くんにとったら相当嬉しいはず。
旺次朗くんに関しては
そんな苦しい過去はないと推測していますが
それでも愛を知っているからこそつらかったと思います。
自分だけに注がれている目線に敏感です。

旺次朗016

旦那が帰宅してから一緒に食べ始めたのですが
あっというまに完食してくれました。
と言うか、物足りなさそうでしたが(笑)
でも旺次朗のガツガツした食べっぷりを見たり
もうないの?と言うような素振りを見ただけでも
楽しい気分になりました。


ちゃんとおとなしく待てるのが凄い。
EXとピー助だったら
うるさくてかなわないだろうな…特にEX。

そしてもうひとつ、報告なんですが
夜眠っていると急に旺次朗が飛び起きて
オシリの辺りを痒がっていたんです。
なので病院で診てもらったら
どうやら「ノミアレルギー」っぽいそうです。
今年はフロントラインが効かないノミがかなり発生しているらしく
担当の先生だけでも4件診察したと言っていました。


フロントラインが効かないノミ!!恐ろしい!!
ノミも進化してるのか…。
そりゃノミだって生きていかなきゃならないし
そうやってみんな進化してきたんだろうけど。

通常ノミに噛まれると痒みもそのうちに治まりますが
旺次朗の場合は一匹でも耐性のついたノミに噛まれると
アレルギーが出るらしいです。
なのでフロントラインではなく、レボリューションという薬と
かゆみ止めの薬を処方してもらいました。
眠いのに痒くて眠れないのは本当に可哀想なので
一日も早く薬が効いてくれるといいなと思っています。
そうそう、体重も順調に落ちていますよー!
それでも担当の先生は「ミッチミチに詰まってるね~」と
旺次朗のオナカを触りまくってますけど(笑)
(旺次朗もじっとしています。)


レボリューションは耳ダニによく使います。
フィラリア陽性(+)だと使うのが危ないそうです。

体重はその後はどうなんでしょう??
腹周り…確かにぶよぶよじゃなくて詰まってる。
結構、触ると気持ち良くてなんか癖になりますよね(笑)。

そして最近はお父さんよりもお母さんっ子になりつつあります。
朝の挨拶は私が最初なんです。
私が忙しそうだと仕方なしに旦那の所に行っています。
もう旦那に「どや顔」はさせません(笑)
ミクボスさんの旦那様よりずっと、うちの旦那の方が
ひどいことを言ったり態度で表しますよー!
もうそれもさせません!


そんな感じに見えないのに…。
どんなひどいことを言ってるんだろう???
ワタシは昨日は
「お前はDV(ディーブイ)でDV(デーブい)」って言われました。

しかしこのメール以降のブログを拝見すると
またご主人さんがどや顔してる気がするんですが…。
そんな気になる旺次朗くんの里親さんのブログはこちら。
↓↓↓↓↓

たからかぽん。

あ、そうそう。
掲載しそこねていたんですが
狂犬病と飼犬登録のコピーありがとうございます!
約束守っていただいて感謝しております。
さすがに犬種に「KING」とは書いてなかった(笑)。

飼犬登録旺次朗

お礼のメールと旺次朗の近況報告を兼ねてしまいました。
すいません。


こちらこそ遅くなってしまって申し訳ないです。

あ。こそきっちゃんだけ残っちゃったんですね。ミクボス家。
彼女は温めて温めて。。
いつか華々しくお引越しするんでしょうね。
楽しみにしています。


華々しく?引っ越してくれるといいんですが。
面白いんですけどね。
こそきちに愛を注いでくれる家族をじっくり探します。
5月の誕生日は本当の家族と暮らせるといいんですけどねぇ。
ブリーダー保護の第1回のメンバーは
ミクボス家からはこそきち先輩。
あくびママ家からはヨーキーのふぅちゃんなんです。
もうこそきち先輩とふぅちゃんの一騎打ちになったんですが
確実に負けそうな気がしています…なぜ(笑)。

まぁこればっかりは縁なので
旺次朗くんの時も「なんで決まらない?」と思ってたし
他にも同じように決まらないのが不思議な子がいたけど
みんなタイミング待ちだったから。
きっとこそきち先輩の春はまだ整ってないんでしょう。
「整いましたー!」って家族が出てくるはず。

どうぞ楽しいクリスマスをお過ごし下さい。
本当にこの度はありがとうございました。


すいません…クリスマスなんてとっくに過ぎちゃってて(笑)。
後編は近日中に掲載します☆

あんずちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

あんずちゃん
旺次朗くんを受け入れてくれてありがとう。
1ヶ月強の中でいろんなルールを教えてくれてありがとう。

旺次朗くんは幸せです。
こんな風に想ってもらえてるから。
優しいメールをありがとうございました。
そして
やっぱりカメラ向けると同じ顔の旺次朗くんが笑えます。
実物はもっといろんな表情あるのにねぇ…。
この決め顔はいったい…。

ナチュラルな写真が撮れる日を期待してます!!!

旺次朗くん
あんずちゃんの思い出、大切にしてね。

たくさんの思い出を抱えて
安らかに旅立ったあんずちゃんと
それを見つめていた優しい家族に
祝福のポチポチっとお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

旺次朗くん(元チワ王)の新生活をご報告☆
年末までに
溜まっている近況メールを
全部掲載したいと思ってるミクボスです。
(掃除はもうやめたー)

そんなわけで
まずは旺次朗(元チワ王)君。

旺次朗くんの里親さんのブログはこちら!
↓↓↓↓↓

たからかぽん。

この写真はトライアル後あたりにいただいてて
メールの文章はちゃんと掲載済だったんですが
写真だけ掲載しそこねていたようなので
ちょっといまさらですがご紹介。

旺次朗10110701

旺次朗10110702

旺次朗10110801

追加画像は今朝の旺次朗と旺次朗に好き好きアピールを
してくるチワックスのひなちゃんです。
2人の距離がかなり開いていますが、それ以上近寄ると
旺次朗が怒るので(笑)ひなちゃんは近寄れないんです。
それなのに毎朝会う度に好き好きアピールをしてくれるので
少しくらい優しくしてやれと思ってしまいます…。


旺次朗010

最初はほののちゃんに(元でぶざく)冷たかったけど
最終的には超愛してたんで
きっとひなちゃんもそのうち愛されるのでは???

旺次朗くんは基本的には
控えめ女犬が好きだと思うので
ひなちゃんがゴイゴイ系だと
しばらくは恋の花は咲かないかもしれないですねー。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ということで、ここからは
また未掲載のメールになります。
また時間差が出来てしまって申し訳ないです…。

まずは譲渡会お疲れ様でした。
ホントに大盛況でしたねー。
あまりの人の多さに人間の私達も旺次朗もビビりました(笑)

あの場でたくさんの方に「おめでとう」とお声をかけていただき、
恐縮するやら有り難いやらで感激しました


すごい人気だったって聞いてます!
なんかワタシはあまり周りが見えてなかったんですが
撮影会では
旺次朗君がマントを着た瞬間に
『素敵ー!』っていうどよめきが起こったとか?
さすがです!!

旺次朗003

そして、でぶざくちゃん・ももちゃん・カイくんレンくんと
次々と里親さんが決まっておめでとうございます。
一気にミクボス家は寂しくなっちゃったでしょうね。
カイくんレンくんがいなくなって、
こそどろ嬢は寂しくなって大人しくなったのかな。
あの自由な子がこの先どう変貌していくのか
ある意味とても楽しみです(笑)
ぜひミクボスさんにもう少し見届けていただきたい気持ちです。


見届けたくはないんですが
結果的には成長を見守ってしまっています。
なんてこった!!
今はわりとまだにぎやかなんですが
年末はここ最近で一番まったり出来そうな気がします。
でも年明けには
あくびママ家に押し付けた奴らがやってくるので
まだカイジなみにざわざわするんだろーなぁ。

こそきちは
これだ!と思うような
最強伝説を作ってくれそうな希望者さんを待ちます。
こそきちのフリーダムなレールに
一緒に乗って暴走してくれるような人がいいです。

さて旺次朗がうちに来て2週間経ちました。
まだ2週間?ってくらいずっとうちにいる子みたいです。
毎日散歩に行っては敵を探し、猫を追っかけ
チワックスの女の子だけにはモテているのに
ないがしろにして、今も「俺様」で生きているようです。


おっと、2週間の時点のメールだったことがバレた(笑)。
よく里親さんがおっしゃる言葉に
『もうずっと前から住んでいるみたい』ってセリフがあります。
いろんなイメトレを経て
家族に迎えた里親さんに多いんですよね。
それだけ迎える前から気にかけてくださってたことが嬉しいです。

旺次朗006

そして相変わらず旦那が家にいる時は
夫にずーっとくっついています。
夫はすっかりヘリウムガス中毒ですわ(笑)
あいにく?仕事が忙しくなってきたので
帰宅時間が遅い日々が多いのですが
旺次朗は夕方になると玄関をものすごく気にしています。


旺次朗くんの自宅なら
風船がいつまでも飛び続けそうですよね。
家中がヘリウムガスになってそうなんで…。

しかしフラン君のおさがりの服は
どれもピッタリで似合ってますー☆

旺次朗009

夫が帰宅した時の喜び方はもう尋常じゃなくて
私や猫にまで帰ってきた!と報告し(知ってるのにー)
ウキャウキャしながら大騒ぎで一人お祭状態です。
今朝でかけたばかりなのに
何日ぶりの再会なんだ?といつも思うくらい(笑)


男の人になつく犬って
なんかポイント高いですよねー。
保護犬が引っ越して『家主にべったり』って聞くと
いつも、よくやった!って思ってしまいます。
とりあえず稼ぎ頭の心は抑えておかないとね(笑)。
さすが王様はわかってますー。

旺次朗001

でも普段、私しかいない時は
仕方ないからなのか、二番目に好きだからなのか
どこにでもくっついてきています。
台所に立っていても洗濯物を干していても
トイレに行っても一緒に入ってくる始末…。
(あの川柳で見たミクボスさんのご苦労が忍ばれます)
そしていざとなると甘える時は私のところに来ますし
何か要求がある時も私に言いにきますが
これって都合よく使われてるだけでしょうか?


家族2人しかいなくて
2番目ってなんか切ないですよね(笑)。
ある意味、最下位なのか…? ←失礼。
ワタシもよくそんな状態になってます。
何もしないくせになぜ旦那になつくんだ!?と
かなりの文句が心の中にくすぶって生きています。

しかもたまにミクにすら負けています。
でもえり太さんにだけは負ける気がしない!!!
(えり太さんはよく犬に嫌われるので)

時間とともに
やっぱり世話してる人間にはなつきます。
でもなんだかなぁ…ですよね。
何もしないのにひっつかれてる姿を見たり
しかも自慢気にされると心底腹立ちますから!!
仕方ないんですよね。
世話イコール注意する係でもありますから。

それでもとても可愛いので良いんですけどー。
(親バカ万歳)


まぁそんなとこも
なんとなく可愛いですよね。
旦那を可愛いと思う事はなかなかないですが。
なんか旦那って
自分が犬になつかれてるとやたらムカつく顔しませんか?
俺はお前よりも上だとか
犬は優しい人が本能的にわかるからなとか
うちの旦那は最低発言を多々吐きます。

旺次朗007

心配していた猫のももとのことですが、
ほんの少しずつ距離が縮まってきているのか
今朝はふすまの隙間から見合っていた時に
ももの方が威嚇ではない甘えた声を旺次朗にかけていました。
なんとかなるのも早いかもー!と少し期待しています。

猫さんとはうまくいったらラッキー。
それなりに生活出来たら良しって感じかなと思います。
まぁ同じ家でありながら
生活空間が違うという部分もあるし。
なんといっても上に逃げられるし…。
旺次朗くんは猫嫌いとかじゃないので
仲良くできる日がくるといいですねー。
ブログ拝見していると
猫のももこさんの旺次朗君を見る冷やかな目が
個人的には結構好きです。

21歳のおばあちゃん猫とは一緒にお昼寝をしたり
日中同じ部屋で過ごしているので、まず問題は無いです。
最初の頃はあんずを抱きかかえて強制給餌をしているのが
どうしても気に入らないらしくて
あんずのベッドに”腹いせマーキング”をしていたんですが
あんずはこうしないとご飯が食べられないと
繰り返し説明をしていたらマーキングも治まりました。
あんずのご飯が終わったら「オレも抱っこ」と来るのは
治っていませんが(笑)
それもまた可愛いので毎日毎回ハグしています。

なんでも可愛いんですね(笑)。
あんずちゃん可愛いので長生きしてほしいー。
次の表彰も是非ゲットして欲しいです!!!

旺次朗004

本当に旺次朗は可愛くて可愛くて仕方ありません。
旺次朗が来てから毎日忙しいですが
とても楽しくて充実しています。
こんなに可愛い子を連れてきてくださった
ミクボスさんと旦那様・ミクちゃんに
どういうふうに感謝の気持ちを表現すればいいか
分からないくらいめっちゃくちゃ感謝しています。


そこへ行くために
ワタシが旺次朗くんを保護させてもらったんだと思います。
そして器量のわりに長らく縁がなかったんだろうなと。
預かりてとはいえ
ワタシもあんなに男前で可愛いチワワと暮せて
いい思い出が出来ました。
可愛いんですよねー、あの乙女なところがいいんです。
甘え上手ってやっぱりいいですね。
たとえ計算高いとわかっていても
大好き!とおもってしまいます。
ズキューンと打ち抜かれてしまうのは仕方ない。

ついでに…とっても細かいことをお願いしたいのですが。
旺次朗の名前なのですが、
旺次朗の「ろう」の字は「郎」ではなく「朗」なんですー。
一応拘ってつけたので…
ちっさいことを言って申し訳ないです!


これこれ!すいません!
ちゃんと修正しましたんで。
ちっさいことではないですよー。
だって自覚にこだわりがあるんだから!
そこは点のいっこでも大切ですもん。
間違ってしまってて申し訳なかったです…。

そして飼犬登録もバッチリ終わったので
コピーをいただきました。
旺次朗くんに住所も名字も出来ました。
嬉しいなぁ。
ちゃんと帰るとこがある。
紙切れ一枚のことでも多くの意味を持ちます。
旺次朗くん自身は何もわからなくても。

旺次朗005

それではまたメールします。
これから寒くなっていきますが、お風邪など召されませんように。


ありがとうございます!!!
可愛い写真がいっぱいで
見ていてなんか楽しいです。

いろいろあったけど
幸せになった子みんながワタシを励ましてくれます。

みんな元気で
いっぱい長生きしてよ。
せっかく手にいれた宝物にしがみついて
誰にも渡さないで。
ケチって言われてもいいから。
心が望むままに手放さないで。

王様でありながら
愛され上手。
孤独からは遠い世界へ引っ越した旺次朗君に
祝福のポチポチっとお願いします☆


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ


祝☆正式譲渡☆チワワの王様改め旺次朗君になりました☆☆☆☆☆
今日は嬉しい報告からスタートです。
トライアルに行っていたチワ王に
ついに家族が出来ました!
パチパチパチ☆

新しい名前はビックリ☆
『旺次朗(おうじろう)君』
気づきました?
そうなんですー。
ミクボス家の保護犬で2匹目のおうじろう君なのです。
初代?はひなと。家のポメ、おーじろう君。

チワ王には絶対に『おう』は残しておきたかったそうで。
(ちなみにひなと。さんも同じ理由。
 ただ…おーじろう君の場合は大西の『おお』だったけど…)

この名前は甘えっこ?甘え上手?甘えの天才につく
人懐っこい名前なのかな???

里親さんは(最近ブームの)姓名判断を取り入れて
いろいろ考えたそうです。
ファントムとか、ラオウとか…。

そんな旺次朗君。
(次郎なのは亡き先住犬さんについで二男だからかな?)
すっかり里親さんを虜にしているようです。

昨日は遠いところをありがとうございました。
なのに大した(と言うか全く)おもてなしも出来ず
申し訳ない気持ちで一杯です。
もう何日も前から舞い上がっていたものですから…(言い訳)


お見合い後、
こんなメールが届いたんですが
確かに舞い上がっておられました(笑)。
どーしてもチワ王を迎えたい!とかなり必死になってくださって
またも松岡修造状態の希望者さんに…。
風の噂では
譲渡会までに旦那さんが説得できなかった場合
無理矢理連行してチワ王を抱かせようと企んでたとか。
しかも熱意を示すために
家の権利書とか印鑑とかも持参しようとしてたとか…。
この風の噂、とあるところから届いたんですが
これを耳にしてしまったので
もう…飼ってやってください…という気持ちになってた(笑)。

とりあえず譲渡会に
印鑑とか証明書類はいりませんからねー。
あはははは。

しかしそこまでさせ旺次朗君…さすが王様。

お見合い当日は
玄関開けたとたんに勝手に、お邪魔しまーす!の旺次郎君。
ワタシが靴を脱いでるうちに
ご主人にご挨拶してました…。

お菓子をもらってご満悦。
何度も高速でお座り・お手・おかわりを披露してました。
しかも伏せまで出来るっぽい。

おうじろうP1240832

心配してた(?)トイレも
やっぱり完璧。
匂いの充満してるミクボス家だからダメなのかな?とは思ってたけど
やっぱりな。
水をガブガブ飲んでもオシッコする気配なし。
マーキングももちろんなし。
ちゃんとミクボス家の帰宅時に外に出るまで我慢してました。
その後もメールには

チワ王は昨日ミクボスさんご一家を見送ったあと、
少しの時間じっと見ていましたが
何かを吹っ切ったかのようにタッタと歩き出し
そこにあった電柱の横で大量のウ●チをしました。
さすが漢だな!チワ王!!と感動。

夜ご飯もペロリとキレイに食べて
家の中ではマーキングもしませんでした。
しかもちゃんとトイレのシーツでオシッコをしました。
すごい勢いで褒めると、用を足したシーツの場所に走って行き
コチラを見て「やったった!ちゃんとココでしたった!」と
言うかのように、自慢げなのがまた可愛かったー!

家庭犬スキルかなり高いなー。
前の飼い主はきちんとしつけもしてるし
性格もいいってことは
ちゃんと可愛がってたに違いない。
どこでどうなって保護犬になったんだろう。
謎に包まれてます。


ご主人にはすっかりべったり。

常に夫と私のどちらかにべったりくっついて甘えまくり
もう夫は時間の問題どころか、既に骨抜き状態です(笑)
チワ王KO勝ち。
今朝も夫に朝の挨拶に行ったチワ王に
「おはよう♪」とヘリウムガスでも吸ったんか?というような
スンゴイ高い声でデレデレと挨拶してました。
チワ王、おやじも瞬殺するんですね(笑)


はじめて会った瞬間から
すっかり馴染んでました。

旺次朗くんを迎えたいと熱望してくださった里親さんですが
ご主人を説得するのに時間がかかったそうです。
実は里親さんご家族は
6月に愛犬を亡くされていて
その先住犬さんはブラックタンのデカチワワな男の子。

面影をたくさん持ってるチワ王は
悲しくなるから嫌だと。

おうじろうP1240841

でも奥さまのあまりの意気込みに
最終的にはOKしてくださって…譲渡会前にお見合い。
駆け込みセーフな感じです。

里親さんのお家には
ご高齢のにゃんこさんと中年のにゃんこさんがご在宅。

心配していた先住猫とのことですが、
チワ王はどうやら猫が好きみたいです。
散歩で猫を見ると尻尾をふって見ていますし
おばあちゃん猫のあんずに関しては
チワ王の真横にいても、あんずがチワ王の上に乗っても
怒る事も無くもう全然大丈夫です。

8歳のももは、追いかけられてシャーシャー怒っているので
昨夜の就寝時は別室にしましたが、今日はお昼からさっきまで
同じ部屋にいることが出来ました。
仲良くなることは難しいでしょうが、毎日少しずつ距離が縮まって
お互いに気にならないようになれると思います。


ミクボス家には猫がいないので
相性の確認が全く出来ずに
いつもチャレンジ状態なんですが
旺次朗くんは猫好きだったようで…良かった。
ももちゃんとも時間が解決してくれるといいな。

おうじろうP1240842

亡くなった先住犬のフラン君。
なぜ今までチワ王に縁がないの?とさんざん不思議でしたが
このお話が出た時に
待ってたのかな…と思いました。
なんとなくですけど。

フラン君はもともと病気がちだったそうですが
今年の6月に亡くなってしまいました。
惜しまれて惜しまれて家族の元から去りました。
そして
同じ頃、旺次朗君は家族を失っていました。

フラン君は大好きな家族のために
旺次朗くんをキープしたのかな?と思ってしまいます。
フラン君を失った家族の気持ちが少しだけ落ち着いて
また犬と生活したいと思える時間まで。

里親さんもそんな風に感じておられるようです。

おうじろうP1240844

そして本題ですが、チワ王と過ごして24時間過ぎました。
なので改めてお願い致します。


基本的に正式譲渡は
1晩くらい寝てから決めてくださいとお願いしているので
24時間待ってくださったようです(笑)。

おうじろうP1240846

チワ王の正式譲渡をよろしくお願いします。
こんなに可愛い子を手放すなんてことは出来ません。
チワ王の最期の時までずっと側にいて一緒に過ごしたいです。

フランがいなくなって間もない頃にチワ王の存在を知り
雰囲気がフランによく似ていて、とても気になっていました。

家で迎えたい気持ちはあるけど、
家はまだフランが死んだばかりだし
チワ王はきっとすぐ里親さんが決まるだろうと思っていたのに
結構長い間、ミクボス家でお世話になっていたことは
夫と私の気持ちがフランの死に対して
区切りを持つ時間のためだったような気がします。
いろんなことが偶然ではなくて、必然だったんだと思えるんです。

旺次朗くんは可愛い犬です。
結構真面目に旺次朗くんの里親にと
検討してくださってた方もおられるのではないかと思います。

その人たちを ←特に由宇さんとかね(笑)。
蹴散らし蹴散らして、キープしてきたフラン君。
見る目あります☆

おうじろうP1240858

そんなフラン君との思い出や可愛い猫さんの日常。
さらにこれからの旺次朗くんの様子は
里親さんのブログにてご覧いただけます☆
↓↓↓↓↓

たからかぽん。

フラン君の写真を見ると
あー、そりゃチワ王が気になるわ…という気がします。
そっくりじゃないんだけど方向性が同じ。

おうじろうP1240871

名前は旺次朗(おうじろう)に決まりました。

姓名判断でとにかく健康で長生きする名前ということを
優先してこの名前にしました。
今朝の散歩でご近所の方々にもお披露目をして
「おうちゃん」と呼ばれて可愛がられてます(笑)

まだたった一日しか一緒に過ごしていませんが
色んなことをたくさん発見しました。
全て旺次朗の可愛いところや賢いところばかりですが(笑)


とにかく可愛いんだそうです☆
お見合いの日に
フラン君のお下がりのハーネスを付けたら
サイズがぴったり。
まったく調整なしでいけました。

フラン君が着ていた、たくさんのお洋服もサイズが同じなので
旺次朗君衣装持ちです。
優しいお兄ちゃんのお下がりがたくさんあります。
みんなでフラン君の存在ごと守っていってくださる。

旺次朗君を希望して下さった時のメールに
こんな一文がありました。

フランも最近は5キロありました。
でも脂肪ではなくて、上から見るとくびれもあるし
しっかり骨も触れるのでチワ王と同じように筋肉質だったようです。

そんな感じでフランと似ている部分はたくさんあるのですが
きっとチワ王と暮らしていくうちに、チワ王だけの魅力も
たくさん発見できるのはないかとワクワクしています。
チワ王とフランを重ねていくことは最初はあるかもしれませんが
徐々になくなっていくんだろうなと。
それだけチワ王はとっても魅力的な犬だと思います。


亡くなった犬に似ているからと飼うのは
今度の犬がかわいそうという意見もありますが
ワタシは面影を追うのは悪くないと思っています。
というより
面影を追ってしまうのも愛だから仕方ないと。

でもやっぱり
その子自身もちゃんと見て欲しい。
まったく同じ命はないのだから。

だからこのメールをもらって安心しました。
最初のきっかけがどうであろうと
最終的に幸せになれればいい。
そして保護犬はタフです。
本当の悲しみを知っている犬が多いです。
だったら
飼い主さんの悲しみごと
先住犬さんへの思い出ごと受け入れて
きっと優しさへと変えていってくれる。
保護犬たちにはその力があるとワタシは思っています。

おうじろうP1240875

散歩で会った他のワンコにケンカを売っていましたが
叱ると口をパクパクして文句言いたそうにしているところが
むちゃくちゃ可愛いです。
その後、ミクボスさんの言われる通りに
落ち込んでシュンとしてます(笑)
でも怒られている時もアイコンタクトは外さないで
ガン見しているので、ついニヤけてしまいます。


笑顔が炸裂しています。

フラン君も同じように笑ってるかな。
きっと少し切ないだろうけど
それでも良かったと笑ってくれてる気がします。

おうじろうP1240877

チワ王が来てくれて本当に幸せな気持ちでいっぱいです。
この先のチワ王の犬生を絶対に不幸にしません。
責任を持って大切にしていきます。

どうぞよろしくお願い致します。


譲渡に時間がかかった時。
なぜこの子がいつまでも?と不思議な時。
なにかしらの理由が存在することが多いです。

時間がかかっても
最終的にここで良かったと思えるような譲渡をしたいと
いつも思います。
命が繋がればよいとは思えないので
どんな犬生であるかがまずは大事だと考えます。

ワタシだったら
飼い殺しであれば早く死にたいと思うので。
生きてる限りは最低限の生活をして
誰かに必要とされたいです。

おうじろうP1240883

ちなみにこの赤い服はミクボス家からの婿入り服です。
多分あの人に貰ったものだと思うんだけど
少し前の話なので自信がない…。
名前は出さないでおこう…間違ってたらやばいし(笑)。
あの卒業犬とお揃いのような気がするんだけど…。
とりあえずこのお洋服を下さった方
ありがとうございます☆

いつもたくさんの応援をいただき
自分だけでは絶対無理な活動を続けることが出来ています。

こんなことしか出来ませんとおっしゃっる
ポチポチ隊員の方
ブログが目に止まって
ワタシのことを信用していただけるのは
皆さんの地道な活動のおかげです。

そしていつもご支援くださる皆さま
かさむ費用にめげずに頑張ることが出来ます。
ワタシだけが表舞台でいいとこ取りで本当に申し訳ないです。

後輩保護犬を応援してくださる里親の皆さま。
優しい里親さんとの出会いがあって
次ももうちょっとだけ頑張ろうを繰り返すことが出来ます。

正直最近は問い合わせも少なく
このままどうなるんだろうと焦りもありました。
保護を続けていていいんだろうかとか。
でもチワ王が旺次朗くんとして
新しい一歩を踏み出せて
あぁ時間がかかっても幸せをつかめるならいいのかと
気持ちが楽になりました。

ブログが面倒で迷走しても
なんだかやってこれたのは読者の皆さんのおかげです。

そして旺次朗君の心配は???

おうじろうP1240882

優しくて男前な彼氏は
でぶざくという彼女の幸せを願ってます。
そうだね。
でぶざくも幸せにならないとね。

旺次朗くんは譲渡会欠席という
幸せな結果を得られたけれど
他のみんなは譲渡会で幸せ探しです。
いちぬけたの旺次朗君は本当に良かったと思うけど
やっぱり譲渡会に参加しなくてはならない残りのみんなは
少し不憫だなと思ってしまいます。

でも素敵なご縁にめぐりあえればと
かすかな可能性に期待しています。
(とかいいつつ閑散だったりするのかな…涙)

フラン君の思い出ごと
旺次朗君が幸せになります。
里親さんの悲しみも笑顔に代えるために。

旺次朗くんの姿に
フラン君を重ねて切なくなっても
存在を忘れられるよりずっといい。
そしてそんな風に愛している里親さんだからこそ
旺次朗くんも幸せにしてくれると思うんです。

身代わりではなく
弟として。

素敵なご縁をありがとうございました。
譲渡に迷走しながらも
里親さん、あなたを待ってて
本当に良かった。

旺次朗君、おめでとう。
優しい家族と出会えた今
あなたの培ってきた全てのスキルを披露して
愛を伝えてね。

ありがとう。
大好き。
ずっと一緒にいて。
僕を離さないで。
悲しくさせないで。

言葉の向かう先がなく
あなたが言いたかった
伝えたかった言葉を全部
きっと受け止めてくれるから。

大好きな人と一緒の
かけがえのない時間が
ずっとずっと永遠かのように
長く長く続きますように。

いろんな想いの交錯する中で
幸せの形をまたひとつ教えてくれたご家族に
祝福のポチポチっとお願いします☆


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

チワ王の本領発揮☆譲渡会前にお見合い決定!
お見合い決定なのですー☆
みんなになんで決まらないの?と言われてきた
チワ王がとうとう…お見合いへ。

満を持して?という感じで
希望者さんはかなりの熱望ぶり。
チワ王がたまらなく素敵に見えてるので
譲渡会に参加なんかしたら大変なことになってしまう!!
ワタシのチワ王がかっさらわれてしまう!! ←誰に(笑)?
と焦り…。
譲渡会前にご主人の説得をもぎとったそう。

こんなに望まれてお見合いに行くあたり
さすが王様…。

ツイッターで旦那が呟いてた通り
譲渡会のメインがいなくなりました。
チワ王ってメインだったんか?と旦那に聞いたら
『他に誰がいるんだ!?』と。
仔犬だからこそどろかと…。

そんなチワ王
なんか今回の写真妙にかわいくね?

ちわ王005

ちなみにチワ王に執着していた
(グースカ預かりだった)由宇さんですが ←登場多いな。
『チワ王、さようなら』というメールを送信したら
大慌てで電話がかかってきて
意味不明にもだえてました。
そして、ライバルはクラッチ母ちゃんだと思ってたのに!
とまた勝手なライバル視を…。
(クラッチ母ちゃんはあくびママ家から2匹の里親さん。
 かなりのチワ王ファン)。
クラッチ母ちゃんは譲渡会でチワ王に会えるのを
多分楽しみにしてたと思う(笑)残念!

まぁワタシの直感で
チワ王と由宇さんは縁がないと思ってたし。←全否定(笑)。

ちわ王P1240085

チワ王の希望者さんはデカチワワマニア。
デカチワワの魅力を知る人です。

『ブラタンのデカチワワで俺様な甘えん坊』
を求めてたそうです。
まさにチワ王!

譲渡会でなぜメインと言われてたかというと
実際会うと『かわいい!』と感じる性格だから。
甘えたは得です。
抱っこすればピタッと寄りそってくるし。
存在感もある。
見た目とのギャップの激しい
乙女な性格は魅力的でたまらないんです。

ちわ王P1240112

可愛がられて暮してたと思われるチワ王なので
お見合い先では
自分を愛してくれる家だということがすぐに
わかると思います。
家庭犬スキルが高く、必要な日本語の通じる子ですので
そういう面では安心です。
いい場所か悪い場所かを敏感に察知できますから。

チワ王はミクボス旦那のお気に入り。
1匹だけ飼って可愛がるならというワタシの質問に
『グルトかチワ王かジュンマツ』と答えてた。
甘え上手で個性的タイプが好きらしい…。
わからなくもないチョイスだけどね。

家庭犬スキルの高い犬でも
簡単に家族は見つからない。
あんなにいい子なのにまだ決まらないの?と
簡単に言われてしまったりするけれど
成犬であることがまず難関。
年齢は譲渡に激しく左右する。
シニアあたりの犬は落ち着いてていいと思っても
需要が少なければ保護は出来ない現実がある。

この日本の中で
たった1軒の家族にさえ出会えればいいだけなのに。
なんでこんなに難しいんだろう。

正式譲渡までいった時に
『この犬はこの家族を待ってたんだろうな』
と強く思う時がある。
この家族との赤い糸を結ぶためだけに
ワタシは派遣されたんだと思うような不思議な感覚。

ちわ王P1240315

たかが犬です。
されど犬です。
最大級の喜びも嬉しさも悲しみも寂しさも
みんなみんな連れてきてくれます。

保護犬ってなんだろうと思います。
保護ボラなんて誰かの後始末です。
しりぬぐいです。
それをさせてる人間には罪の意識は薄いものです。
だって勝手にやってるんだから。

1匹の犬が保護されて
家族が出来るまで
いつもひとつのドラマがあります。
ワタシはリアルタイムでそれを見ています。

サクサクと家族を見つけていなくなる犬も
いつまでも居座って
なかなかいなくならない犬も。
みんないつかは幸せになってくれればそれでいい。
ペースは違うんだから。

ただワタシがそんな風に余裕をぶっこいていられるのは
応援してくださる方々のおかげです。
本当に感謝しています。

ちわ王P1240316

家庭犬として愛された過去を持つ犬を保護すると
切なくなることが多いです。
家庭を知らない繁殖引退犬は
仮のミクボス家に不満をあまり持たないけれど
それなりの家庭犬あがりは
いつも不満な目をしています。
優しい手・優しい眼差し。
幸せだった過去があるだけに
この多頭飼いで自分に回ってこない順番が寂しいんでしょう。

なかなか空かないうえに争奪戦の膝に
どこか物足りない雰囲気の顔。

家族をちゃんと見つけて
幸せになった後に
満足そうな笑顔を見るとほっとします。
気持ちが満たされたんだなと。
ワタシには叶えてあげることの出来ない夢を
ちゃんと現実に出来たんだって。

チワ王もつまらない顔
寂しい顔をしないで暮せますように。
失ったものを取り戻すのではなく
なくしたもの以上の輝きを手にして
無駄なほどに笑って生きていけますように。

お見合いというチャンスが回ってきたのは
とても幸運なこと。
ファイト☆

お見合いは7日(日)を予定しています。
ラッキー7のチワ王に素敵なことが起こりますように。
願いをこめて。

お見合いまであと少し。
チワ王に大好きな家族とお家ができますように。
応援のポチポチっとお願いします☆


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ


最新記事
最新コメント
カテゴリ
ミクボス☆プロフィール

ミクボス

Author:ミクボス
保護ボラを数年間後グダグダにて現在に至る。
自分に出来る事を迷走中…。
小2の娘と犬たちとの生活。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ミクボス家出身・保護犬の里親さんブログ
ボランティアさんのサイト&ブログ一覧
いつでも里親募集中
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。