*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
優しさをありがとうございました。
悲しいのか
悔やまれるのか
切ないのか
元飼い主を呪い殺したい気持ちになりながら
(そんなことふたばは望まないだろうけど)
ワタシがもっとこうすれば結果は違ったのではないかと
誰もが立ち止まってしまうのと同じように
考えても仕方のないことばかりで
よくわからず。

旦那は「感情にモヤがかかったようだ」と。
あまりに普通に生活しています。
時折、意味不明に突然悲しくなっては
不意に立ち直り
いまさらどうしようもないんだと変に冷静に感じ
また、なんとかならなかったのかと
強く悲しくなる。

ちょうど1週間。
たった1週間の付き合いでした。

写真もなく
以前、写真を撮らなかったことを
凄く後悔したことがあったので
さんざん写真を撮ろうかと考えたものの
私は最後までカメラを持つ事が出来ず
「撮っといてやれ」と言った旦那がカメラを持ち
ふたばを撮った。

こうして見てみると
ゲージで闘病中にも関わらず
ふたばは旦那を見て笑ってる。

出会いから別れまで
ふたばは旦那が旦那を慕っているのは一目瞭然でした。

ワタシには視線を投げるだけなのに
旦那には必死で立ち上がり
しっぽを振った。

きっとよく言われる天国の手前にある虹の橋で
ふたばが待ってるとしたら
それは旦那を待ってるんだと思います。
ワタシが先に行ったら喜ばないかも(笑)。
もしくは喜んで駆け寄ってきたと思ったら
「旦那は?」と聞かれるかもしれない。

車の中で
旦那と
どちらかが先に死んだ方が
虹の橋の手前からうるさいほど何度も号令をかけて
みんなを集めて待っていようという約束をしました。

これからワタシ達が
どれだけの命に出会うのかわからないけれど。

ふたばP1250404

本当はミクボス家なんかではなく
もっともっといい里親さんのもとへ引っ越し
しあわせな未来
見違えた姿に
驚きと感動を覚えたかった。

あれだけの可愛い子。
性格もよく、トイレも出来て
なんで手放されたのかわからない。

ワクチン接種で防げるような病気で
命をおとさなければなからなかったこと。
どれだけ怒ったところで
どこの誰だかしらないワタシには
気持ちのやり場はなく。

一緒に暮した時間が長いほど
思い出は多く悲しいけれど
あまりにも短い時間の中での別れは
なにに悲しんでいいのかも不透明で
ただ不憫で仕方ない。

ボラをやっていれば
一般の飼い主さんより遥かに死に目にあう率は高い。
何か事情があって手放された命や
きちんとした飼育・医療をなされていない命ばかり。

わかっていても
どうしようもなくキツい。

6カ月という短い時間の中に
いったい家庭犬として暮した時間は
どれだけあったのか。
その時間は本当に愛されていたんだろうか。

家庭犬として
誰かに愛された時間が少ないほど
ただただ悲しくて仕方がない。
これからという時にどうして終わってしまうの?と。

ふたばP1250406

こんな形で我が家へやってくるなら
なんで最初から来なかったの?
バカバカしい遠回りなんていらなかったのに。

うちには保護犬しか来れないから
保護犬にならなきゃいけなかった?
だとしたらごめんね。

ショップかブリーダーか
どこにいたのかわからないけど
ワタシが見つけて
仔犬でもなんでも買ってあげればよかったね。
大金はたいてでも、ワタシ達がふたばを買えばよかったね。
飼い主が見つける前に
ワタシが見つければよかったね。

ふたばP1250424

どこがダックス?なんて笑ってた日々が懐かしく
やけに遠い気がします。
まだ出会ってから1週間しか経っていないのに。

死に場所として
ふたばが選んでくれたというのなら
こんなに光栄なことはないです。
この家で最期の時を迎えたいと思ってくれたとしたら
本当にありがとう。

感染症のため
ふたばの思い出はすべて廃棄せざるをえません。
家中も殺菌・消毒に追われています。
何も残さず
逝ってしまうんだなと。
掃除の出来ないワタシに
年末の大掃除までさせてくれるふたば。
どこまで家族思いなんだと
苦笑いしか出てきません。

子供のくせに
几帳面で律義で気ばっかり使って。
どんなに自由奔放でも嫌いになんかならないから
好きにしてハチャメチャでも構わなかったのに。

でもきっと
自分の何が悪いのかもわからず
手放されてしまっては
自分に自信が持てなくなっても仕方ないよね。

ごめんね、ごめんねと
いつも謝っているようだった。
けなげで儚いイメージの子でした。

どんなあなたでも大好きだからと
ちゃんと言ってあげればよかったね。

トイレシーツやタオルの交換ばかりで
寝る間も惜しんで看病した
どんなに手がかかっても愛しいという
旦那の気持ちがちゃんと伝わってるといいな。

ふたばP1250425

どんな命も終わりは悲しいけれど
6カ月ということが本当に切なくて。

たくさんの応援や
緊急の支援をいただいたのに
願いが叶わず申し訳ありませんでした。

ふたばがいなくなってから届く
タオルや毛布・ワンコベッドの数々。
使わせてあげたかった。
笑い話にしたかった。

ふたばは何度も言ってるように
やけに気を使う子なので
悪い事したな、みんなに申し訳ないなぁと思ってる気がします。

現在ミクボス家にいる保護犬に関しては
全てワクチン接種済(効果の出ている状態です)。
よほどのことはないと思いますが
今、潜伏期間です。
この1週間、みんなが元気でありますように。

ふたばは感染症の病気を発症しましたが
おそらく死因は別の病気だと思われます。
神経症状も併発しておりました。
感染症により別の病気を引き起こし
合併症で亡くなったのでは?との見解です。

今となっては
ふたばの中で何が起こっていたのか
あまりの短い時間に起こった
壮絶な出来ごとを知るよしもなく。

先天的な何かを持っていたのかもしれないし
何かのウイルスや雑菌を拾ったのかもしれない。

運がないと言ってしまえばそれまでだけど
苦しんで亡くなっていった瞬間。
生きたかっただろうなと思います。

穏やかに安らかに亡くなる犬なんて
頭数的には少ないとワタシは思っています。
みんなどこかしら痛がったり苦しんだり。
本当の老衰って
そうそうないと思う。

もっとどこが悪いのか調べる時間があれば
一緒にいられる日々があればと
残念でなりません。

弱っていると
次から次へと病に襲われるもの。
だからそこ予防が大切だと思います。

元気であれば
治療が出来るけれど
弱ってしまうと手のほどこしようが少なくなってしまう。

きちんとした食事。
環境。
医療。

犬を飼うって簡単じゃないんだと思います。
最低限の飼育というもののレベルやモラルが
少しでも向上するといいなと願います。

ふたばP1250428

死に目は決して安らかではなく
闘病というものにふさわしいものでした。
頑張ったふたば。
息絶えるその瞬間まで一生懸命戦っていると感じました。

旦那に必死に撫でてと催促していたり
顔が見えないと必死で寝がえりをうとうとしたり
寂しがり屋なふたば。

これからは身軽になって
大好きな旦那の周りを好きなだけチョロチョロしていてね。
あ、肩・首回りには乗っちゃいけないよ。
頸椎ヘルニアで痛がるからね(笑)。

ふたばの火葬に行った時
その敷地内に入ると突然ミクが
「おばけー、ワンワンのおばけー、いーっぱい」と
ニコニコしながらおばけのポーズをしながら
ゲラゲラ笑った。

何事かと怖くなったけど
あぁ子供特有の何かが見えたのかと。

きっと愛のある飼い主なら
ミクのことをうらましいと感じると思います。

ワタシももう一度会いたいと
そう願ってやまない人はたくさんいると思いますから。

ペットの霊園にいられる犬はしあわせでしょうから
ミクの見た犬たちは
きっと笑ってたんだと思います。
だからこそミクも笑ってたんだろうし。

どうかこの先、悲しいおばけに出会いませんように。
心が壊れてしまうような
そんなワンワンのおばけは見ないですみますように。

旦那は昨日から
ずっと漫画を読み続けています。
何かに集中していなければいけないのか。

日常生活を普通に送る事ができるのに
不意に突然に
何も手につかないように涙もろくなる。

あぁもういないんだと。
わかりきっていることが急に大きくなって
目の前を占領する。

なんでもう今日はいないんだろう。
明日も明後日も
一緒にいるはずだったのに。

でも出会えてよかったと心から感じるし
うちの子になってくれてありがとう。

今までいっぱいの素敵な里親さんの家庭があって
そういう場所へ行けるのがわかってたのに
ミクボス家を選んでくれてありがとう。
中古で
掃除が嫌いで
夫婦ケンカが多くて
あんまり贅沢も出来なくて
ミクは超マイペースで
変な同居人までいて
どうしようもない家なのに
この家で我慢してくれてありがとう。

ふたば、虹の橋の手前から歩いてくるワタシ達から
しつこく号令がかかるから
ちゃんと待機していてね。
ふたばは2番だよ。

でも、もしも
あなたが本当にこの人といたい!
と心から思う人を見つけた時は
ワタシ達のことは気にしないで
その人と一緒に天国へ行くんだよ。
待ってなくていいからね。
だけどふたばは飼い主を見る目がないから
もしも心配だったら、必ず相談に来るんだよ。

ふたば、ばいばい。

クリスマスも
カウントダウンも一緒に楽しもうね。

お姉ちゃんを見つけたら
よろしく伝えておいてね。
名前が似てるから、きっとすぐにわかるからね。

もしも今度生まれてくる時があったら
スーパーマリオの無敵のスターを見つけて
必ず取ってくるんだよ。

そしたら
病気なんかに負けないからね。

寂しくなるね。
姿が見えないっていうのは寂しいんだよ。
だから今度出会ったら
ワタシ達から
簡単にいなくなったりしないでね。

どっかいけー!!って言われるまでしつこく
そばにいてね。

たくさん応援をいただき感謝しております。
11月28日の朝、ふたばは旅立ちました。
皆様の前に元気な姿を紹介することが出来ず
心から悔しく感じております。

またふたばを生前可愛がってくださった皆様に
家族として
心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

ふたばの一途な思いと叶わなかった夢。
でもこんなにも愛されて旅立った
うちのかわいいふたばに
祝福と尊敬の気持ちをこめて
ポチポチっとお願いいたします。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ



追記。

明日より通常のブログに戻ります。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
祝☆正式譲渡☆いのうえくん改めふたば君になりました☆☆☆☆☆
ふたばIMG

天国のお姉ちゃん、
虹の橋でふたばが迷子にならないように
ちゃんと迎えにいってね。

皆様、ふたばに
たくさんの応援ありがとうございました。

子供のくせに
几帳面で律義で、やたらに気を使う可愛い子でした。
これからはミクボス家の大事な家族として
その姿が見えなくても
ともに生きていきます。

これからはもっともっと
破天荒に好き放題でもいいからね。
ずっと大好きでいるよ。
取り急ぎお知らせです。
いのうえくんが発症し
命の危険があります。
ご迷惑をおかけいたしますが
ブログを一時休止させていただきます。

連絡は
メールフォームかコメント
着信専用電話にてお願いいたします。
(個人的に連絡先をご存知の方はそちらもOKです)。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ミクボス☆プロフィール

ミクボス

Author:ミクボス
保護ボラを数年間後グダグダにて現在に至る。
自分に出来る事を迷走中…。
小2の娘と犬たちとの生活。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ミクボス家出身・保護犬の里親さんブログ
ボランティアさんのサイト&ブログ一覧
いつでも里親募集中
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。