*All archives* |  *Admin*

2017/03
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
じいさんとばさんは無事にお見合いへ…☆
ゴールデンウイークが始まる頃…。
浮かれたその波にノリノリで飛び乗ったじじばばコンビ。

保護してから見つかっていく病気のオンパレード?な、ばあさんは
希望者さんの『全て面倒見ますよ』というお言葉に存分に甘える感じ。
現状の立ち位置は決して「条件のいい犬」ではないけれど
それでいいと言っていただけました。
残りの時間を少しでも楽しく暮らしてくれたらと。

じじばばP1350438

何日?何カ月?何年?
誰にもわからないけれど、いつかくる看取り。
高齢の犬や疾患ありの犬。
どうしても「看取り」を視野にいれてのお見合いになります。

希望者さんには優しさだけではなく、強さが必要になります。
別れが通常より近いということを踏まえた上で
家族として暮す決心をすること。

じじばばP1350444

きっと世間一般の観点では「そんな犬貰うなんて奇特な人」が多数なんでしょう。
里親さんって奇特な人の集まりだと思うことがありますが
その中でもトップクラスの奇特な人。
そしてワタシはそんな奇特な人が大好きです。

強くて優しくて、とても前向きで勢いがある。
自分の意思で生きてきたということが一目瞭然の人間性。
現実の厳しさ知っていてもなお
信じるものがあったり、幸せは必ずあるとわかっていたり。
そんな風に感じます。

だから、そんな人に家族として迎えてもらえる犬は
本当に幸せだと思う。

じじばばP1350457

看取り覚悟の里親さん、少数ですが確かに存在します。
あえて「貰われにくい犬を」と言ってくださる方も。
ただ、どうしても小数だし
気持ちはあっても、家族の同意・経済的・時間な問題・現在の頭数の問題など
実際に引き取れる人は限られてきます。

だから、ミクボス家にやってきた
じじばばコンビってば、単純に超ラッキー!!!なんですよね。

じじばばP1350494

ばあさん、とっても可愛げがあります。
今まで繁殖犬としか生きてこなかったとは思えないほど人好き。
もっと早く出会っていたら…もっと早く保護を決意していたら…とか
考え出したらきりがないけれど。

長生きしてくれるといいなぁ。

あ、そうそう嬉しい話って案外続くもので
この方もお見合いが決まったんですよね☆
ミクボス家のオススメのぶっさろー!!!
こちらは5月中旬の予定です。

じじばばP1350442

トイレの失敗もよだれよりも先住犬さんとの相性が鍵なので
どうかどうか…うまくいきますように!と願掛け中。
実は先住犬さんはあくびママ家の卒業生で
合いそうな子がいたら…と言われていたんですが
ワタシとあくびママのオシメンといえば、ぶっさろーで。
でも希望者さんの趣味じゃないだろうなーと思ってたら
なんと!希望者さんから「ぶっさろーくんが気になってます」という連絡が!
満場一致のお見合いなので
ちょっとマニアックなぶっさろーの良さが伝わるといいなぁ。

じじばばP1350443

どうでもいいけどミクボス家への出没率が現在トップの
珍獣くるみさん(元くるみ)の里親であるよっちさんが
「あー!ぶっさーとハルと迷うー!」 ←深い意味は全くない発言です。
とかなんとか言ってたけど
ぶっさろーが自動的にいなくなるから
ハルを持っていってくれないだろうか…。
 ※実は少し前にハルの散髪代をごおもり&じゅんたコンビよりいただきました。
   なんでもたかってみるもんですね。うんうん。

じじばばP1350489

ずっと高齢の犬の保護は手を出さないと決めていたので
結構な数を見捨ててきました。
でも・・・今回、じじばばを保護して
あー、愛くるしさって年齢じゃないのになぁと。
10歳オーバーだからなんだ?という気持が強くなった。
ワタシに金銭的な余裕があれば、もっと大きく構えて引き取るけど
うーん…現実はもどかしい。
ほとんど寝てるし、うるさくないし…まったりしてて可愛いんだけどなぁ。
病気とかはどうしても出てくるけど
完璧な治療よりも大切なことはあると思うし
何よりそれまでの飼育環境より向上すれば
それはすでに幸せと呼んでもいいと思う。

神経質になりすぎないで
「できる範囲」でいいから、
まずは「幸せにしてあげたい」という気持ちを贈ってもらえるとうれしい。
愛されるってそういうのが一歩じゃないかな。
完璧な治療をしてもらえたかどうかなんて
犬自身は知りません。
どれだけお金をかけてもらえたかもきっとわかりません。

でも、どのくらい想ってもらえたかは気付くと思うんです。
愛されている実感はわくと思う。

じじばばP1350490

トリミングをケチったので
保護した時の丸刈りが伸びた状態でお見合いに行きました(笑)
あくびママならちゃんとトリミングしてから連れていくんだけど。あはは。

でもまー、こういうタイプの保護犬を引き取ってくれる人って
見た目なんて気にしないって言ってくださるので。えへ。
あ、でも一応シャンプーはして
お見合い前には「検便と耳ダニの再チェックと爪きり」は行います。
基本的にはよその家庭に
「はい、どうぞ」とお願いできる状態が最低限だと思っています。
感染する病気と匂いにはこれでも気を使っています。
犬と人…である前に人と人ですから
自分のできる範囲でだけど、迷惑はかけないように…とは思っています。
まぁ迷惑かけっぱなしな現実も多々ですけど(笑)。

じじばばP1350491

高齢の犬を引き取って保護したとき
獣医さんで検査すれば、当然のように悪いところが見つかります。
なんだかんだとあることが多いです。
せつないなぁと毎回思う。
そんなに楽しく暮してきたわけでもないし
なんの罪もなければ罰せられなきゃいけないようなものもないはずなのに
どうしてうまくいかないかな。
世の中って不平等なんだよなぁ、と。

10年以上の繁殖犬生活。
そんなものには絶対に生まれ変わりたくないと思う。
だから余計に嫌だ。
こういう犬が最後まで楽しいという気持ちを知らずに死んでいくのは嫌だ。

ワタシは何も知らない頃、子犬を買った。
それがマルとピノ。
出会いに後悔はしていないけれど
2匹の親がいたら、どんな状態でも引き取りたいと思うことがある。

子犬は可愛い。
でももうワタシはお金を出して子犬を買うことはないだろう。
そのお金があったら
笑う意味を知らない犬につぎ込みたい。

子犬買うのがいけないと思ってはいないけどね。

でも思うんですよね。
ボラやってからいろんな犬関係の知り合いや友達が増えました。
全然知らない人が保護に関心を持ってくれたり
中には実際に保護犬を引き取ってくれた人も。
だけど・・・身内とか、知り合いとか
保護をする以前からの知り合いに理解してもらえないことは多いです。
 ※あ、イトコが某ボラ団体さんから保護フェレット迎えてくれたけど♪

なかなか難しいですね、現実って。
意識改革って。ほんと難しい。

そうそう、ため吉さんは
「よかったらじいさんもどうですか?」とお呼びがかかったので
是非に!とルンルン気分でお願いしちゃいました。

じじばばP1350495

早朝から吠えるのが直らず
ボケてる…とマジで悩み
ワタシは完全に不眠に陥った日々。
 ※じいさんの隣犬だったジル神様に至っては目の下がクマだらけだった。
ご飯だけが生きがいだったみたいなので
お腹がすくと吠えるのか?といろいろ対策を練ったけど効果なし。
最終的にたどり着いたのは
寂しくて吠える…でした。

ワタシをこれっぽっちも必要としてない感じだったのに
同じ部屋に連れていって近くで寝させたら
朝までグッスリ。
不器用だねぇ…と苦笑いでした。
早朝から呼ばなくても…って感じだったけどね。

じじばばP1350496

けっこう以前からなんですが
ミクのフラフープブームが始まっていて
部屋の真ん中で、フラフープの練習をするんですよね…。
犬が寄ってくると「どいて!」って叫んでるんですが
この環境でシニアがくつろげるわけないわなぁ…と。
もちろん保育園に行ってる間は自由を満喫だし
最後の方にはフラフープの回転にも動じないようになってて
犬の順応性すげーなー…でしたけど。
じいさんはケージで避難、
ばあさんに至っては普通にフラフープを避けてあるいててビビった。
あいつ動けるシニアです(笑)。

じじばばP1350500

何がなのかはわからないけど
あまり寄ってこないじいさんをミクが非常に気に入ってて
抱っこしては連行されてました。
まるで拷問。
おとなしいし見た目がカワイイので気に入ってたみたいです。
よく自分の枕を貸して寝させてました。

じいさんがお見合いに行ったあと
「じいさますきだったのにー」とぼやいてたけど
じいさまにとっては迷惑な話。

だけど、今まで繁殖犬生だった彼らにとって
誰かに愛されることって初めての経験だったんじゃないかなと思います。
気にいられることも。

家庭犬になってもいい愛くるしさがどんなにあっても
チャンスがなければ、繁殖犬・繁殖引退犬という肩書から
逃れることはできない。
しつけの一切されてない犬。
食糞の癖があったり、ウンチやオシッコの上を平気で歩いたり
そんな過去の習性からくる困った癖のある犬はとても多いです。
もちろん散歩なんてしたことがないので
リードをつけてもなかなか歩きません。
足の関節の弱い犬・歯のボロボロな犬、とても多いです。
この年齢でなぜこんなに歯石が?歯がないの?ということは多々。

あなたたちの遺伝子が
どこかではきっとめちゃくちゃ贅沢をしていたりもするのにね。
長い貧乏くじだったね。

今までの時間を
取り戻せるほどの時間が残っているとは思えないけれど
どうか濃密度の幸せがあるといい。

じじばばP1350503

待たせてしまいました。
出会い、保護に至るまで。
ワタシの力のなさと余裕のなさと勇気のなさで
無駄な時間を過ごさせてしまった。
もしかすると、その間に疾患が進行していたり
取り返しのつかない時間だったのかもしれないけれど…。

無責任な話だけど
幸せに暮らしてほしい。
ほんの短い間だとしても
「こんな世界もあったんだな」と愛情を実感して
笑ってほしい。

じじばばP1350507

ワタシの無謀な保護でしたが
気にかけていただいたり
誕生日を祝っていただいたり
本当にありがとうございました。

犬恋文にてご存知とは思いますが
すでにじじばばコンビは家族としての生活をスタートしています。
追って、お見合い風景をこちらでも紹介させていただきますので
しばらくお待ちください。
 ※エルモアも勢いで付いていっちゃいましたー☆えへ。

すっかり幽霊ブログになりかけてましたが
犬恋文のサイト管理人が新しく見つかりましたので
こちらに専念して頑張ります!!!
新入りマルチーズやお見合いラッシュですので
記事がたまってます!!!
励みになりますので、どうか応援のポチポチっとお願いします!!!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ


スポンサーサイト
76・(仮)ばあさん・ヨークシャテリア・10歳・女・スチールブルータン
どもども。
すっかり更新おサボりのミクボスです。
みなさんお元気ですか?
手荒れで指先ぱっくり…ブログを書くのも痛くなってきた。
エキバンが友達みたいな生活になってます(涙)。

さて、先週の日曜日にやってきた新しい保護犬のご紹介。
(減ってないくせに増やして、素敵さんに怒られてる…)
2頭いるんですが、とりあえずレディーファーストで
ばあさんの方。

名前がまだ決まっていないので
『ばーさん』と呼んでます。

またさかのぼった話になりますが
ばあさんは巨大パピヨンのこごみと同じブリーダー出身です。
実はこちらも保護する予定のあった犬。
事前に保護の話が決まっていたため
ブリーダーに丸刈りにされていました。
 ※ブリーダーさんが引き渡す前に気を使って丸刈りにしています。

でもうやむやのうちに保護はされず。
別の、ばあさんよりは条件のいい犬が保護されていきました。
なんだったんだろうという微妙な気持ちのまま
当たり前ですが文句は言えず。

あれから1年以上。
こごみを迎えにいった際に、また出会ってしまった。

ばあさん24-2-2モー子005

丸刈りから1年。
予想通り小汚くはなっていて
当然ですが、9歳だったヨーキーは10歳のヨーキーになっていました。
(ちなみに7月で11歳だけど…)
2ケタに乗ってしまったんだなと。

繁殖犬という生活以外を知らないから
きっとワタシが思うほど不自由ではないんだろう。
でも、出ていった仲間たちが今とびきりに幸せで
笑顔の毎日を過ごしていることを
ワタシは知ってる。
比べると切なくて。

ばあさん24-2-2モー子006

そんなばあさんですが
嬉しいことに、迎えに行けた理由は
ワタシの勇気でもなんでもなく(笑)
こごみの話(正確に言えばモー子)から発展して
迎えてくださるという話をいただいたからなんです。
リスクがあってもいいからと。

モー子を迎えましょうか?というお申し出だったんですが
特にこだわりが強いわけではなさそうに感じたので
(しかも、リスクが高めでもいいとおっしゃっていましたし)
モー子はとりあえずもう出てこれたから
まだ保護できていないヨーキーの女の子を迎えてもらえませんか?と。

しかもこのばあさん、
あくびママがずーっと気にしてたんですよね。
うるさいくらい。
ヨーキーはトリミングが必要な犬種だから保護ができないって。
ほかにリスクが高くてなかなか貰われない上に
定期的なトリミングが必要な保護犬が居残ってる現状。
あくびママの心も軽くなったそうです。
あ、腰は相変らずガラスだそうで
「ガラスのかけらが落ちないように頑張ってる(?)」そうですよ。

♪ がーらすのあくびが う~んこをひろ~って
   こ~し~がいたくなる~ ♪
(あくびママより。「ガラスの○十代」

そんなわけで

ばあさん、家庭犬になれます!

ばあさんP1350010

健康診断で、乳腺腫瘍と
口の中にも腫瘍が見つかりました。
少し様子を見て、ワクチン接種。
その後、2週間ほど経過したのち
体調と相談しつつ、手術の予定です。
やらなければならないことが多い上に
10歳ですので
麻酔のリスクなど心配は山積みですが
放置するわけにもいかないので。

せっかく目の前に広がった未来
絶対に歩き出して欲しいと願っています。

ちなみに今は耳ダニ治療中。
 ※写真は、リフレッシュで庭を散策中。
過去、耳ダニ治療のための隔離は
たいてい犬が吠え出して途中で断念だったんですが
今回、2頭ともご高齢ですのでそりゃもう静かでして…。
留守とか就寝時とかちゃんと隔離できてるんですよ!!!
ほぼ寝てるしね。

ばあさんP1350016

性格は温厚で好奇心旺盛。
犬も人も怖がらないし可愛いです。
マイペースでふらふらと散策しては
ぴとっと寄り添ってきたりもします。

口の中はちょっと酷い状態ですので
腫瘍有り・歯石ガビガビで
おそらく歯はほとんどなくなってしまうと思われます。
腫瘍も悪性の可能性がありそうですので
病理検査に出す方向です。

最近、病気によくあたっておりまして・・・
犬恋文の譲渡会やフリマで得た資金を医療費として使わせていただいてます。
 ※支援金を使用する際、スタッフには許可を得ています。
遅くなってしまっていますが
使用した金額をサイトに掲載しますので
しばしお待ちを・・・。

皆様のご支援で
病気の子たちにも未来を見せてあげることができています。
実際に世話をして生活しているのはワタシですが
みんなで繋いだ命だと思っています。

財政には決して余裕のあるほうではないミクボス家が
ボラとして
保護犬を家庭犬として送り出せている現実は
いろんな方の支えがあってこそです。
無駄にデカいだけの泥船のようなミクボス家を
支えてくださって本当に感謝しています。
泥舟に乗せられてしまった保護犬たちが
みなちゃんと向こう岸までたどり着けるように
あきれながらも応援してくださるとうれしいです。
・・・しかし・・・ミクボス家はいつ豪華客船になれるのか???

関係ないけど
ミクボス一家の特技は『ハエの真似』なんですが
あくびママに「やめろ!」と言われました。

幸せになれるときには
ほんの一瞬だったりするのに
なぜ、その幸せを得るには
とてつもない時間が必要だったりするんだろう。

今までの分も帳消しにしてもいいと思うくらいに
どうか幸せになってね。

10歳でも11歳になっても
あなたの価値は変わらない。
そう言ってくれる人が
これからはあなたの誇れる愛しい家族だよ。

あと少し、もうひと頑張りです。

ようやく出会えた運命の家族と
元気いっぱいで会えますように!
応援のポチポチっとお願いします!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ミクボス☆プロフィール

Author:ミクボス
保護ボラを数年間後グダグダにて現在に至る。
自分に出来る事を迷走中…。
小2の娘と犬たちとの生活。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ミクボス家出身・保護犬の里親さんブログ
ボランティアさんのサイト&ブログ一覧
いつでも里親募集中
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。