*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青汁の心の氷。
超絶ビビり。
としか言いようのない感じ。
いちいちビビるんだけど
結局、そのリアクションがこういった最悪の(人間が嫌う)方法で現れちゃった。

同じビビりでも噛む・威嚇という行為に出る場合もあれば
引きこもりとかおとなしい…というタイプとして片づけられることもある。

怖い!と感じたそのあとの行動が
人間にとって許せるか?許せないか?によって
問題かどうかが決定するんだと思う。

引きこもりやおとなしい犬であれば
引き取り手は割合として少なくないでしょう。
でも威嚇・噛む犬となれば引き取り手はぐんと減ります。
しかも家族のうち1人だけが「大丈夫」であっても
誰かが「噛む犬はちょっと…」としり込みするケースも多々です。

最低限スキンシップの出来る犬になること。
これはある意味、必須の課題です。
噛む・威嚇という行為をなくすのは目標ではなく
あくまで下位レベルで成長を促してます。

いきなりでなければ捕まえることが出来る。
やみくもに噛まない。
家庭犬のみんなが当たり前に出来ることが難しい犬。

青汁P1300554

ブリーダーで繁殖目的の商品として駒として生きるのであれば
人間との密接な関わりは必要ない。

でもこの先、家庭の中で息をしていくのであれば
人間がやらなければならないことを
威嚇や噛みつきで邪魔をしてはならない。

青汁P1300798

この写真は保護して1週間以内のものです。
現在は成長して、この表情は格段に減ってきました。
超のつくビビりなので気が強いわけではないし
扱いやすい犬になる要素は十分あると思います。

飛びかかって噛みついてこないあたり
強気・プライドが高いというわけではないと予測してます。

気のいい犬になるといいなー。

青汁P1300801

バスタオルに頼っていては先へ進めないので(笑)
バスタオルをかける面積を変えてみたり
捕まえてからタオルをちょっとづつ剥がして様子を見たり。
姑息にいろいろやってみます。
バスタオルをタオルへと小さくしてみたりね。

タオル越しではなく
素手に慣れていくように。

青汁P1300804

緊張と警戒心でご飯を食べないのであれば
留守中や夜中(寝静まっている)など
こっそり食べることが多いです。
人の視線があると食べたくても食べれないんです。

そういう犬にはこっそり自分のタイミングで食べれるようにご飯をあげて下さい。
まずはそこからスタート。
セオリーに乗っとって
「1日中ご飯は置かない」とか守る必要はないと思うんです。
視線を感じない場所とか
隔離するとか
手段はいろいろありますが
まずは空気のように扱いつつ…
食事やトイレなど必須であることは当たり前に行う。

ケージの中でトイレを悩んでいるようであれば
別のトイレ場所に連れていって放置するとか。

無理矢理何かをする時には
必ずその犬が「実はしたいこと」であることが近道です。
スキンシップに必死になる前に
観察して好きなことやご飯・トイレのタイミング・仕草をつかんであげてください。

好きそうなことがなんとなくわかってきたら
それを押しつけがましくない程度に与えてください。
外が好きなら庭に放流するとか
ベッドなどが落ちつくようであればケージに放りこむとかね。
 ※ベッドに無理矢理、寝かせよう・座らせようとする必要はないです。
  近くに置いてあげれば自分のタイミングで使います。

過剰に関わらないこと。
距離を保ちつつ、普通に生活すること。

超怖がりの周辺を
痒いところに手が届く感じでうろちょろしてれば
そのうち勝手に
初めて恋をしたような目で見つめてくるようになります。

そうしたら
(罠に)かかったな!!!です。

青汁P1300806

ビビりは個性のひとつ。
でも環境によってビビりの方向性が左右され
こうなってしまったんでしょう。

ビビりは甘えたの要素も強く含んでいます。
依存心も高いので
うまくいけば、家族に対して
あれ?超べったり?というような犬に転嫁することも多いです。
 ※この場合、誰にでもフレンドリーというわけではありません。

反対に自立しているような自我のある犬だと
甘えたい時だけ甘えて…にもなりやすいと思います。
自分の気分で威嚇したりね。

分類分けが難しいけど
誰にでもどこででもフレンドリーな犬は意外に自立してるなと思います。
家族に依存した動きではないし、怖がりじゃないので
自分の意思で知らない人にでも甘えにいけるという位置づけ。
たた誰にでもどこでもフレンドリーの中には
単なるおバカちゃんと天然さんが含まれているので要注意。
彼らはビビり云々という枠を超えて
頭がゆるいので予測不可能な行動が多いです。

と勝手にベラベラ語っていますが
ミクボス完全にど素人で詐欺師みたいなレベルなので
どっぷりは信じないでくださいね。
あくまで保護中に実践で得たというだけの
ミクボス的なデータというだけです。
 ※なんでだかkaterさんが無駄に信じているけど…(笑)。

青汁P1300819

私は威嚇も噛みつきも平気です!という人がいるけど
世の中にそんな強気な人間は意外にいます。
でもそれを自慢するのはどうかなと思う時がある。

自分は平気でも「怖い」と感じる人はいても仕方ないし
実際に噛まれるのは
マゾでもない限りは嬉しくないものです。
働いてるなら仕事に支障が出る場合もあるし
家事がしにくくなる時もある。
傷が残る場合もあります。
噛まれた位置によっては大惨事です。

威嚇もワンワン吠えるのも悪気はなくても
ずっと続けばウザいし近所にも迷惑になったりします。

そして一人暮らしの方の場合は特に
自分に何かあった場合
あなたにしか懐かない犬をどうしますか?
あなたでなければ噛むような犬を
預かってくれる人はいますか?
その後、引き取って世話をしてくれる人はいますか?

可愛くて懐く犬は可能性として未来が探しやすいですが
そうでない犬は厳しい現実があります。

私は噛む犬は平気!と息巻くだけではいけないと思うんです。
そんなことは自慢になんかならない。
他の人に少しでも噛まないようになって欲しいと願うことが
ワタシは大切だと思っています。

「ワタシ噛まれたって平気!怖くない!」自慢なんて
飼い主の愚の骨頂としか思えない。
それならば、なぜ噛むんだろう?噛まないようになって欲しいのに…と
真剣に思い悩む飼い主さんの方がずっと好きです。

なんで小型犬が噛むくらいで貰われないんですか?とか聞かれたりするけど
選んでるからです。
小型犬でも噛むという行為の意味を理解して
家族とも意見を交わし合える。
そういう根底の常識感覚を持った人のもとへ引っ越して欲しいからです。

小型犬でも
よそで噛んだら一大事です。
自分が噛まれることに対して平気ということで
噛まれるのが怖いという人より上だと思ってるような愛犬家は
嫌いです。

噛まれるのは怖いです。
嫌です。
だからこそ成長して欲しいと強く願うものです。

噛まれるのが平気だと自慢するような人間は
治す気がないから嫌いです。

青汁P1300821

このご時世・この人間社会。
噛まない方が犬は生きやすいとワタシは思います。

愛されることが増える一歩として
未来が少しでも広がっているように
何かあった時の保険として
噛むことはもう必要ないんだと教えてあげたい。
そして噛むことが必要ない犬生のレールに乗せてあげたい。
単なるエゴイストで構いません。

保護した時、命を預かった。
その時点でワタシは保護主というエゴイストです。

青汁P1300822

噛む犬がちょっとでも噛まなくなったら拍手拍手。
誰でもなく、心の氷が解けてきて
心の中で一生懸命戦ったその犬自身に
めいっぱい拍手。

必死になって噛む必要はないんだと教えてあげたい。
心から理解できる日が遠くても
なんとなくでもいい。

幸せへの道のりの中できっと見つかる。
ミクがいつも探している恐竜のタマゴみたいに
「きっとみつかる・きっとみつける」と呪文を唱えよう。
まずは信じる事。
きっと。
きっと。

可愛くなっていく青汁を見てもらうことで
家族を探す近道になりますように。
そして愛を手にすることが出来ますように。
応援のポチポチっとお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ



スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
噛む犬  を見るたびズキンとします。。。心が。

この子がこうなったのには、人間が関与してるから。

うちの紫乃の噛みが酷いとき、本当に辛かった。
うちの場合は、自分がそんな風に育てたった自己嫌悪もあったから。

青汁くんの氷が少しでも小さくなりますように。本当はチッコくて可愛いチワワ君なんだよね。
テレパシーが送れて会話出来たらいいなと真剣に思います。
も~だめ。ミクボスさんの青汁くんの内容で何でか涙が出ちゃぃました。
あぁ~でも上手く伝えられないおバカな私(-_-#)

青汁くんの心が少し、ほんの少しでも溶けて、本当の家族と一緒に歩いて行ける事を願っています。
No title
先日、地元の愛護センターのボラに行ったのですが、
噛み癖のある大きな犬が、小型犬を思いっきり噛みました。
シニアで気の小さい小型犬はショックでしばらく硬直していました。
マヒが出ていたので、おそらく障害が残ります。
元気で人なつこいですよ!とのうたい文句で譲渡が続く大きな犬。
病院に連れて行かれ、何の説明もなくブログから情報が消えた小型犬。

同じように飼育放棄をされたとしても
同じように幸せになる権利があるとしても
噛む事のもたらす恐ろしさは、絶対に考慮しなくちゃいけない。
誰かが不幸になるかもしれない。
私は保護もしていない、本当に一日手伝いをしただけの人間ですが、本当に考えさせられました。

何が言いたいのやらなコメントですが…ごめんなさい。
一人きり。
こんにちは☆最近過ごしやすいですね、皆々様お元気でしょうか?

青汁の記事を読んで虹の橋を渡った愛犬ピノのことを思い出しました。
愛犬に何度も噛まれていました。私は肉体的なことより心のほうが傷つきました。こうしてしまったのは自分なんだけど、やっぱり傷ついた。
手は腫れて血も出て、痛くてしょうがないけど、それでもかわいいし大好きだから愛していました。

怒った時はもちろん(しかも短気)、嬉しくてもたまに噛んでしまう子でした。
だから、誰にも見てもらう(預ける)ことができなかった。噛む可能性のある犬を、誰にも任せられません。=世話ができるのは私だけです。
大好きなのにストレスに思うこともあった。

噛まない犬に育ててあげたかった。
家族や道行く人になでてもらったり抱っこされるなど、いろんな人にかわいがってもらえる子にしてあげたかった。反省だらけです。
『噛むけど大好き』 決して平気なわけではなかった。
幼かったとはいえ、ちゃんと育ててあげられなかった自分が今でも恥ずかしいです。

青汁ちゃんの心の氷が溶けますように。
諦めかけている人の希望となりますように・・・。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ミクボス☆プロフィール

ミクボス

Author:ミクボス
保護ボラを数年間後グダグダにて現在に至る。
自分に出来る事を迷走中…。
小2の娘と犬たちとの生活。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ミクボス家出身・保護犬の里親さんブログ
ボランティアさんのサイト&ブログ一覧
いつでも里親募集中
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。