*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
祝☆正式譲渡☆くるみはくるみのままで☆☆☆☆☆
ご報告がすっかり遅くなってしまい申し訳ありません。
パートが繁忙期でして(汗)。 ←繁忙期なんかないと思ってた。

さて、タイトル通り
あくびママの保護犬だったくるみちゃんの正式譲渡です。
 ※譲渡までミクボス家でお預かりしてました。
先日の譲渡会報告では里親さんとともに
幸せいっぱいの姿を披露してくれたわけですが。
それよりさかのぼって…。

くるみちゃんの現在のお家にお邪魔させていただいた日の写真です。
あくびママとともに久々に会ったくるみちゃんは
相変わらずの風貌で独特でした(笑)。

くるみP1320734

実はくるみちゃん、ワタシの知り合い?というか知り合った人に
どこまでも深く愛されて、家族として迎えられたんです。

今年の春頃に『いつ里』経由でこのブログを知ったと
よければ支援をさせてもらえないか?というメールをいただきました。
読んでいったら、あれ?住所がめちゃくちゃ近いじゃないかと。
なので『近いので、実際に見てから支援をされた方がいいと思います』と返信し
そこから、くるみちゃんの里親さんとワタシの交流が始まりました。

出会いのきっかけは支援?保護活動?なんですが
やがて恒例行事みたいに月に1度くらい会うようになり…。
 ※某じゅんたさんと同じパターンのような(笑)。
ミクボス家の保護犬たちとたわむれつつ
いろんな話をして。
犬の話から漫画、イケメンについてまで(笑)。

その時期に重なって、くるみちゃんはミクボス家にいました。

くるみP1320741

元々くるみちゃんはあくびママ家でも
別に手がかかるわけでもないし、とても可愛がっていたので
わざわざミクボス家に移動させる必要はなかったんですが
顔があまりに白いので写真が残念すぎて…うまく撮れないと
あくびママがミクボス家に預けることを決断したんです。

くるみP1320739

くるみちゃんの里親さんは
昨年、愛犬を亡くされていたんですが
家族が犬が苦手だった上に
噛みつきがあり、自分にしか懐いてないワンコさんだったらしく
ほぼ介護が自分ひとりだったとおっしゃっていて。
そういう毎日にも疲れてしまっていたし
犬を飼うことに対して今は自信がないとも言っておられたと思います。

介護って想像以上に大変なものだと思います。
現実問題になってしまえば、思い描いてるようにはいかない。
落ち度もあれば後悔もあるでしょう。

くるみちゃんの里親さんは愛犬の写真を嬉しそうに見せては
めちゃくちゃ可愛かった!と。

くるみP1320742

そんなくるみちゃんの里親さんが選んだのはくるみちゃんでした。
介護に対して苦労していたのを聞いていたので
白内障もすすみ、耳もあまり聞こえない感じで
年齢は9歳。
老犬と呼ばれるのが近くなってるくるみじゃなくても…と。
その時は、しょこたんの方がいいんじゃない?と言ったと思います。
だけど『断然くるみ!と』。

年齢より何より、くるみという存在がかけがえのない価値。

犬が苦手な家族を説得して
くるみちゃんとのトライアルがスタートしました。

くるみP1320747

あまりおおげさになると、うまくいくものもいかないからと
あくびママの許可をいただいて
 ※ワタシの知り合いというコネも利用しました。
保護主同席しての飼育チェック等は後回しにさせていただきました。

特例な感じのトライアルでしたが
それだけ保護主のあくびママ始めワタシの心を揺さぶるだけの
くるみちゃんへの愛が里親さんにはありました。
これだけくるみちゃんを想ってくれる人はもう現れないんじゃないかと思うほど。

くるみP1320745

くるみちゃんは心配していたご家族にも早々に溶け込み
持ち前の癒しオーラで、いつのまにかすっかり家族の一員に。
犬が怖かったというお母様もくるみちゃんは平気だそうで。

そして一緒に行ったミクですが
くるみちゃんが大好きだったので…。
まるで自分の犬かのように勝手に抱っこしたり
ワタシとあくびママはハラハラしつつ注意しまくり。

くるみP1320749

くるみちゃんは本当に幸せそうで、
あくびママもワタシも嬉しくなりました。
トライアル中に送られてきていたメールには
くるみちゃんの完璧さとか天才さとか素晴らしさが語られていて
結構爆笑でした。
しかも『可愛いでしょ?って写真を見せてもみんなが微妙は反応!』って
そりゃそうだろう。

くるみちゃんって実物は本当にめちゃくちゃ癒し系で
すんごい可愛いんですけど
写真はどうしても…いまいち。

くるみP1320777

譲渡会ではヨシザキ氏の撮影会に参加されていたので
是非、その素敵写真を見せてもらいたいものです。
プロカメラマンの腕の見せ所ですからね。ニヤリ。

かかりつけ獣医さんが同じなので
獣看護師さんから『くるみちゃんが来ましたよ』と教えてもらったりするんですが
「どうでした?」と聞くと
『ものすごい愛が深い里親さんですね。ビックリしました』と(笑)。
どうやら「可愛すぎてやばいんですよ~もうどうしましょう~」とか発言してるらしい。

ちなみに撮影会では
撮影中にヨシザキ氏が「こんな感じです」撮った写真を見て
『オニ可愛い~!!!』
と絶賛していたんだとか(笑)。

本当にくるみちゃんは幸せですね。

ワタシは恥ずかしいと思ってしまうほうなので
なかなか親バカになれないタイプなんですが
「可愛い」とか「大好き」とか
魔法の言葉はいっぱい聞かせてあげるほうが絶対にいいんですよね。
心で思ってることの全てが伝わるわけじゃないんですから。
見習わなくては!と思います。

わかってるけどなかなか出来ないけど…(笑)。
オニ可愛い!の練習でもしようかな。

くるみP1320759

あんなに褒めてもらえたら
そりゃくるみちゃんは可愛くなります。
「何犬ですか?」はやっぱり聞かれるそうですが
くるみちゃんは里親さんにとって、くるみちゃんっていう犬なんですよね。

くるみちゃんだから一緒にいたいと思った。
その言葉のままに、今くるみちゃんと里親さんは一緒にいます。

あくびママが、久々に会ったくるみちゃんを見て
ものすごく可愛くなった!こんな表情するんだ!と驚いてました。
いつもニコニコ、穏やかだったけど
その表情の中でも最高の顔をしているんですよね。
安心できる場所と愛される喜びを知って。

ワタシの家へ移動してきたのは
この出会いのためだったんでしょう。
こじつけと言われればそれまでだけど、運命ってあるんですね。

くるみP1320766

かけがえのない存在。
くるみは一緒に生活したり、触れ合っていれば
確かに最高の犬でした。
でもなかなか写真や動画でその真の素晴らしさを伝えるのは難しく…。

結局くるみちゃんには本当の自分を見てくれる機会を持った人が現れて
その時は偶然って凄いなと思っていたことも
後からこんなに偶然が重なるなら確実に縁だなと。

今はまたまた太ってしまったその理由が
犬を飼うことを渋っていたお父様が餌付けしているせいなんだとか(笑)。
愛されキャラは不滅です。

亡くなったワンコさんがいたからこそ
繋がっていった未来なんだと思います。
また1人ででも最後まで介護をしていたような彼女だったからこそ
くるみちゃんを託そうという気持ちにもなりました。

くるみP1320779

幸せな気持ちをたくさんありがとうございました。
ブリーダーの犬舎で不自由はなかったかもしれないけど
自由もなかった。
新しいことを知る機会もなかった。
そんなくるみちゃんが、いろんなところへ出かけて
今までになかった経験をして。
あまり物事に動じないくるみちゃんなので、堂々と楽しんでいるそうです。

今まで待たせた分まで幸せにしたいと。
くるみはワタシを待ってくれていたんだと言う里親さん。

待っていた甲斐があったね。
少し長かったけど、きっと取り戻せるよ。
そのオニ深い愛情で、幸せにしてもらえるよ。
おめでとう、本当に良かったね。

追記。あくびママさん、正式譲渡おめでとうございます。

オニ可愛いくるみちゃんと
幸せいっぱいの里親さんとの毎日に
祝福のポチポチっとお願いします☆


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
くるみちゃんの正式譲渡おめでとうございます!

抱っこされてる、くるみちゃんのお顔、
幸せに満ち足りた顔してる…かわいい!

くるみちゃん、大好きなママに巡り会えてよかったね!
お幸せに~!
おめでとうございます
くるみちゃん正式譲渡おめでとうございます。
くるみちゃんは太めでかわいいなと思っていましたが、里親さんに愛されて自信がついて顔がかわりましたね。
とっても幸せそうで、見ているだけで嬉しく なりました。
No title
くるみちゃん、新しいお家が決まったんですね!
おめでとうございます!^O^*
ママさん、すっごく優しくてあたたかそうな方ですね。
愛情をい~っぱい注いでもらって、最高に幸せだろうなぁ~>▽<
くるみちゃん、本当によかったね!オニ幸せになってね!☆

寒い日が続くなかで
あったかいご報告に心も体もぽっかぽかです♪

最後になりましたが
寒さも増してきましたし、どんどん忙しくなる時期だと思うので
くれぐれもご無理なさらないよう、お体にはお気をつけてお過ごしください^^
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ミクボス☆プロフィール

ミクボス

Author:ミクボス
保護ボラを数年間後グダグダにて現在に至る。
自分に出来る事を迷走中…。
小2の娘と犬たちとの生活。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ミクボス家出身・保護犬の里親さんブログ
ボランティアさんのサイト&ブログ一覧
いつでも里親募集中
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。