*All archives* |  *Admin*

2017/04
<<03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミクのアレルギー検査。そして運命は…。
ミクの鼻水や咳が気になって
意を決してアレルギー検査を受けました。

家族を犠牲にしてやることではない。
というのが持論ですが
どうしても結果的に犠牲はつきもの。
…といえども、その犠牲の内容にもよるわけで。

子供がアレルギーで痛いとか苦しいとか痒いとか症状があれば
大人が薬を飲みながら耐えるのとは違うと思う。
もちろん子供の年齢や意志・意向、
アレルギーの出方やレベルにもよるだろうけど。

改善してなんとかなるのならそれでいいし。

ただ我が家は保護ボランティア。
飼い犬ではない犬が多数住んでいる。
自分の犬以外を里親に出したら引退しよう、
それしかないだろうと思った。

そんな気持ちを抱えたまま
若干やりきれなさも残しつつ
手にしたアレルギー検査結果。


???


検査P1370216


!!!


検査P1370217

脅威のオール0!!!


小児科の先生もビックリのこの数値(笑)。
今時の子供はなんらかの数値が出るのが普通なほどで
このキレイすぎる検査結果は久々に見たなーと感心された。

そしてミクの事情(1歳から保護ボランティア家庭・暮した犬100頭程度)を話すと
かなり驚いたようで
「環境衛生説というのがあるけど、その通りの感じの子だね!」と。
幼少期にいろんな菌?と暮らすことで
免疫力がぐんと上がるというような説?かな。

いろんな説があるだろうし
たまたまなのかもしれないけど
とりあえずこの数値はやっぱり嬉しかった。

もちろん周囲の人に伝えたところ
「ミクちゃんて、さすがミクちゃんだね」
というわけのわからない褒め言葉をいただきました。

そしてついでに血液型も再度調べたんですが
やはり素敵さんの血を濃く受け継いで同じ血液型でした…。
身内であの2人だけが同じ血液型なんだよなー。
見た目も性格もそっくりだし。

そして小児科の先生からは
「お母さん!自信持ってどんどんやっちゃって!!!
 この子、その活動のおかげでこんなに元気なんだから!!!
 いいことなんだから、じゃんじゃん頑張ってよ!!!」
と激しい励ましを受けました。
いや…そんなじゃんじゃんやる気はないんですけど…。

ハイハイしてたらオシッコで滑ってたり
ふと見ると落ちてた犬のガム食ってたり
ドッグフードを口に入れるのは当たり前。

保護ブログでは(自分で言うのも恥ずいけど)一時期人気が出たけど
育児ブログだったら叩かれまくるだろーなと怖くて
カテゴリには入れられなかった。

この環境を嫌がってこなかったママ友はもちろんいたし
なんか引かれそうで言わない時期もあった。

アレルギーは本当に大変だと思う。
神経質になって当たり前だと思う。
ミクはたまたまアレルギーがない感じの子だったから
犬も飼っていられたし
ボランティアまですることが出来た。

何が功を奏したのか
環境衛生説が本当なのかは知らない。

でもミクがこんなに健康優良児の数値を叩きだしたのが
保護犬のおかげだったとしたら
当然だけど感謝したい。

それから
驚くほどしつけの行き届かない親なのに
いろんな人に可愛がられて
(ちょっと?)変わってるところもあるし
人目を気にしなさすぎて困ることもあるけど
少しでも思いやりのある子供に育ってくれたとしたら

今まで暮した保護犬たちと
迎えてくださった暖かい里親さんご家族、
支えてくださった支援者さんたち
そして一緒に頑張ってきた仲間たちのおかげだと思います。

とにかく優しい人たちとふれあう機会を
通常の生活より多く得ることが出来た。
それだけは間違いないと思います。

心配の種がなくなりましたので
気分も晴れました。

これからもよろしくお願いいたします!!!

追記

アレルギーの結果は
みんなに「ブログに載せなよ!」と言われたので
載せてみましたwww
犬や猫を飼ってるとどうしても衛生面などで
子供を持つ親御さんには嫌がられることもあるので
こんなこともあるよ!という一例になれば嬉しいです。

アレルギーと戦っておられるママさんやパパさんおられると思います。
犬が飼いたくても飼えない方もおられると思います。

ただ、あまり神経質になりすぎないで欲しいとも思います。

動物は子供の心を育てると思います。
もし心だけでなく体も育ててくれるのなら
こんな価値のあることはないだろうとも思います。

子供と動物は共存できないようなイメージすらわく近頃。
ミクが以前驚いたことなんですが
「おかあさん!みんないぬいないんだって!!!」
ミクの周りって私の知りあいで
大半が犬のいる家ばかりなので ←しかもみんな多頭が多いし。
どの家にも犬はいると思ってたみたいなんですね。
かなり衝撃だったみたいです。

幼児のいる家なんて
犬がいない方が多いんじゃない?と思うくらいなんだけど
友達の家に犬がいないのが不思議だったんでしょうね。

この環境をいつか異常だと思う日がくるかもしれない。
友達があまり来ないかもしれない。
(臭いし汚いし毛だらけだし…)。

だけど、犬を嫌いにならないでくれるといいな。
愛しいと感じるものが
少しでも多い子供でありますように!!!

どこまでやれるかわからないけど
とりあえずやってみようという気持ちの芽生えました。
応援のポチポチっといただけると嬉しいです。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

すごーい!!
さすがミクちゃん!!

大丈夫!
ミクちゃんは優しい子に育ってるよ!


ミクちゃん万歳ヽ(^o^)丿
No title
スゴイですねー。
でも、咳はどうして出るのかな?
風邪…とか?
健康でこの夏も過ごしてくださいね>ミクちゃん

ちょうど9日にアメリカの小児科学会で「犬と暮らす子供は病気に強い」という調査結果が発表されましたね。
赤ちゃんと犬との同居で悩んでいる方はたくさんいらっしゃるでしょうが
この結果やミクちゃんの強さ!が安心のもとになるといいですねー。
No title
ミクちゃん よかったねぇ~
ほんと さすがミクちゃんだわ(笑)
うちのneneは子供の頃あまりにひどい鼻炎で検査を
したところ なんと 全部ひかかりました。。。。
悩みましたねぇ~
ハウスダスト・春、秋の草
もちろん動物もアウトです。。
だから最初の心愛を迎えた時はとても心配しました。。
でも 大きくなるにつれ免疫も出来てくるし
本人が疲れた時に鼻炎がでてくる程度で
今は支障ないようです。。
神経質になりすぎるhahaがいけなかったのでしょう。。。
ミクちゃんは ええ子 やわ (笑) よかったね。。。

No title
ひなと。も一緒の血液型です(笑)

ルーツは狩猟民族らしいので野生が残るのは
仕方ないのかも・・・・・・。
No title
さすが!素晴らしい!やっぱりミクちゃんやわe-454

人でも動物でも誰にでも分け隔てることなく接する事が出来る!本当に素晴らしい才能だと思います。

おばちゃんはミクちゃんの将来楽しみにしてるからね!
No title
良かったです~~~~
もし・・・
もしミクちゃんにアレルギー反応出てミクボスさんが
ボラ辞めるなんていったらワンたちが^^;
ホント良かった
2.3日前のネットのニュースで動物と暮らしている子供は
健康だと載っていました
正にそれですね

暑い日が続きますがお身体ご自愛して
頑張ってください
No title
さすがミクちゃん☆

私は猫アレルギーやったんですが、猫と暮らして
数年したら症状も出なくなって治りました☆
今は4猫が私にベタベタしても平気です。

先生が仰る様にミクちゃんも今の環境のお陰なのかも(^.^)
これからも健康優良児代表として犬達と楽しく過ごしてね♪
No title
ハイハイのとき、シッコで滑ってた。

このフレーズって、ずんと来ました。

子供が小さい頃は本当に神経質になりました。
旦那が触るのも嫌なくらい(おめー、雑菌だらけじゃん!!って)
二人目が出来ると、落ちてたお菓子を食べてるのを見ても平気になりましたけど。ふふ。
そんな一人目のお嬢は、立派なアレルギー持ちです(笑)

おおらかな子育て、芯の通った教育。

ずっと前犬の本出してって頼んだけど、育児書も出して(笑)
「元たぬきち」は元気ですよ~
こんばんは~

お久しぶりです。
先日yahooニュースで関連した記事が載っていました。
もし差し付けなければ、ミクちゃんのことをブログに載せてで紹介しても
良いですか?

可愛いミクちゃんの画像もこちらからお借りしたいのですが・・・。
ご無沙汰で~す
見てますよ~ ちゃーんと見てます。
末席ですが(笑)。

良かったね!ミクボスさん!ミクちゃん!
育児ブログを押した一人として、勝手にご満悦してます。
ところで。。。さすがに裸族は卒業したのでしょうか?
No title
さっすがミクちゃん!おそるべし!!!!

ごめーん!今日久々にブログ訪問して今知りました。鼻水や咳はもう止まってる?
ま、これでクローバーがミクちゃんをぺろぺろしても問題ないということも保証されたのでよかった・・・(~_~;)

またまるちゃんとドッグラン行こう!!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ミクボス☆プロフィール

ミクボス

Author:ミクボス
保護ボラを数年間後グダグダにて現在に至る。
自分に出来る事を迷走中…。
小2の娘と犬たちとの生活。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ミクボス家出身・保護犬の里親さんブログ
ボランティアさんのサイト&ブログ一覧
いつでも里親募集中
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。