*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
壊れるということ。
責める事は簡単だといつも思っていました。
崩壊ってしてはいけないことなんです。
したくて崩壊する人間なんてきっといないんです。
でも崩壊する。

1頭でも崩壊する時はする。
でもそれが多頭だったら、当たり前だと誰だって思うでしょう。
そりゃそうです。
自分のキャパを超えて命を助けてはいけない。
助けた命を危険にさらしていては、結局無意味だと言われても当然なんです。

一般家庭の崩壊だって許せない。
ではそれがボラだったら?
何してるの?ですよね。
周りもなぜ崩壊するまでになんとかしないの?と。

崩壊するからといって、私に何が出来るかと言えば
とくに何もできません。
その猫たちを引き取ることなんてできないんです。
引き取れば今度は私が崩壊するでしょう。

なぜ崩壊したの?崩壊するの?
きっと答えは出るけれど
どこからその道を歩きはじめてしまったのかは
本人すらあやふやなのではないかと思います。
歩きたくないと思いながら歩いてしまった道。

今、私は保護をしていますが崩壊はしていません。
いつ崩壊するかなんてわかりません。
正直、明日のわが身だと思っています。

ただ、感じる事は
私より彼女の方が保護した命に向き合っていただろうし
時間やお金を費やしていたのではないか。

私はきっと彼女よりたくさん『ごめんね』を繰り返し
命を見捨ててきたんだと思います。
だからまだ崩壊していないんだと思います。

保護キャパってわからなくなるんです。
感覚が麻痺してしまったり…。

目の前に生きている命が合って
対面してしまって
自分がノーと言えばその命が尽きていく。
そのはざまで揺れて葛藤して…連れて帰ってしまう。
うちでよければおいでよと呟いてしまう。
あぁ、またやってしまった…と頭の中にはあるのに。

いけないことは理解しているのに
心がゆうことを聞かない瞬間は私にもたくさんありました。

それでも割り切らなければいけない。
全て無駄になってしまったと言われる終わり方をしてはいけない。

雑種の猫ばかりです。
避妊も去勢もして、
幸せになるチャンスに恵まれさえすればいつでも出れます。

成猫。
シーズンになると、これでもか!と言うほどの子猫が生まれる中
あえて成猫を家族に迎えようという人は少ないです。

崩壊ってどういう状態?と思う人もいらっしゃるかと思います。
単純に先行きが見えない状態です。

一番の理想は
支援金でも支援物資でもなく
猫たちに家族が出来ること。
1匹でも多く、その機会を得られる事。
でもそれっていかに難しいことか…なんですよね。

猫ボラさんが言いました。
『猫も人間も生きてるだけでお金がかかる』
聞いた時、切なくて仕方がなかった。
無料では生きていけないんです。

痛みや苦しみから解放してあげたければ医療だって必要になる。

否はいくらでもあるんです。
どんな言い訳をしても。
どんなに今まで頑張ったかを語っても
最後まで面倒見れなければ、言葉は宙を舞ってうろつくだけ。

この子たちをどうしよう。
そんなことを考えなきゃいけない状況はなりたくない。
でも、現実になってしまった時
私に出来ることはなんでしょう。

全部まとめて引き取ってあげる!と言えない私に
何が言えて、何が出来るんだろう。

見捨てればよかったんだよ。
自分が断ったら死ぬとわかってても
捨てたのは自分じゃないんだから。
言葉はいくつも湧いて出てくるけど
どれも違う。

保護した猫の全てに家族が見つかったとしても
そのボラさんはマイナスからのスタートになるでしょう。
失うものも大きいと思います。

猫を保護しなければ
もっと違う未来があったのでは?とも思います。
勝手な想像だけど。

崩壊したらダメなんです。
でも責める言葉が見つからないんです。
誰より本人が一番頑張ってきて
猫のためにお金を使って
時間を費やして
辿り着いた場所が崩壊なんて。
私が責めなくても、本人がいつまでも自分を責めるでしょう。

私は、犬目線・猫目線の人間ではありません。
自分でもわかっています。
猫を救いたいというよりは
彼女がこれ以上追いつめられてほしくないだけなんだと思います。

猫よりも
人間が崩壊すると私は思います。

私なら
自分が救った命の行き場を見失ってしまうようなことは耐えられない。
何をしていたんだろうと絶対に思うに違いない。

より優しい人が
より線を引くことのできない人が潰れます。
不器用で一生懸命な人ほど貧乏くじを引くんです。
それが辛い。
見ていて苦しい。

私は最低限の線を引き
あなたが見捨てたらこの犬は今日が寿命ですよと言われても
そうですか、仕方ないですね。
と言えてしまう人間です。
そんな私が里親さんや支援者さんに支えられ
今もこうしてボランティアでいるのに
なぜ、自分をすり減らしてきた人間が崩壊するんでしょう。
割にあわない。

保健所で
ブリーダーで
いつも思うことはきっとみんな同じなんです。
みんな一緒に帰りたい。
出来ることなら…。

でもそれは不可能で。
何も連れて帰らない人。
1頭だけ選ぶ人。
全部連れて帰ってしまう人。
分かれ道です。

誰が正しいんでしょう。
私にはわかりません。
捨てる人がいなければ。
無駄に生まれる命がなければ。
たらればを繰り返すだけ。

どうか力を貸してください。
都合のいいことだと自覚していますが
私に出来ることは限られてしまっています。

この一瞬の崩壊を救済したところで
猫たちに家族ができなければ先がない。
わかっています。

でも動かなきゃ進まない。
悪循環に少しでも光がさすように。
何か明るい未来が見えるように。
心が壊れるような結末を迎えなくていいように。

どんな状況でも
保護された猫たちは彼女を好きだと思います。
だって私がその猫たちだったら
自分のために身を削っている人を
心配こそすれ、責めたりなんかしないと思うから。

崩壊は最低です。
でも、まだ未来があると信じたい。
ご協力お願いします。

追記 

この状況下ですので
なかなか猫たちの状況をアップすることが困難です。
(猫ボラ本人があまりに多忙のため)
譲渡会などの参加も聞いておりますので
随時、連絡させていただきます。

ご支援・ご協力よろしくお願いいたします。
この件に関する質問等はミクボスまでお願いいたします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

保護するべきか、しないべきか。。。
こんにちは~

多頭飼育崩壊の危険ですね。
猫のボラさんには、繁殖の制限を目的とするボラさんと、
里親探しをメインにされるボラさんとに分かれますがどちらなのでしょう???

私は繁殖を制限するためにTNR活動を始めたけれど、
仔猫の保護もしたため9匹家にいることになっちゃいました^^。

赤ちゃんから育てて手放せなくなり、里親に出すつもりは全くないです^^。
でもこれ以上増えたら「多頭飼育崩壊」に陥る可能性はありますね。
猫にストレスがかかり、不適切な排泄やら、問題が出てきそうで限界と決めています。

私が勉強させて頂いているブログ「ねりまねこ・地域猫」http://ameblo.jp/nerimaneko/
先輩ボラさん達は口を酸っぱくして言います「繁殖の制限をメインとするなら保護するな」と・・・。

そのブログを読んでいくとよく分かるのですが、でも目の前に瀕死の仔猫がいたら放っておけない!
いつの間にか9匹になっていましたよ。

確かに全て自費、本当にお金はかかります!
「金かけて 迷惑なことをするなよ!猫に餌をやるな!」
なんて暴言を吐かれながらも毎日気張ってます。

保護するなと言われても、それはできないですよ。
でも猫のためにも崩壊もしちゃいけない・・・。

猫は犬ほどに里親は見つけ難いですからね、家猫として残って増えるんですね。

本当に、一番の助けは暖かい里親さんに引き取ってもらうことがいいのだけれど・・・。

ねりまねこさんに相談してみては?
彼女も本来繁殖の制限が目的のボラさんですが、
先日事情があって一度に20数匹の仔猫を保護した経緯があり、
里親さんを見つけにも頑張っています。


最新記事
最新コメント
カテゴリ
ミクボス☆プロフィール

ミクボス

Author:ミクボス
保護ボラを数年間後グダグダにて現在に至る。
自分に出来る事を迷走中…。
小2の娘と犬たちとの生活。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ミクボス家出身・保護犬の里親さんブログ
ボランティアさんのサイト&ブログ一覧
いつでも里親募集中
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。