*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5/22(土)上映会に関して。一人でも多くの方に見てほしい…という思い。
さてさて今回の映画上映に関してですが
主催者は 最後のラブレターから約1年前ボーダーコリーのmayちゃんを
迎えてくださったmayちゃんのご家族です。

実際に保護犬を迎えたこともあって
少しでも多くの方に理解してもらえたら…という思いは事実だけど
単純に犬も猫も大好きな人間なので
悲しい犬や猫がいなくなればいいなーと思っているそうです。

自主上映会。
やってみよう!と思ったことを形にするには
なんだって苦労があると思います。
私は今回の上映会の一環として誘っていただき
「わーい。ラッキー」と乗っかるだけのお気楽ボランティアですが
主催者のmayちゃんパパは多忙の中
「まるで自分を追い詰めているようですが
 元が怠け者なのでこうして何かをやらないと…」って。
一生懸命頑張って下さってます。

こういった保護ボランティアが必要な現実を
初めて向き合う人や
もっともっと広く伝わればいいなと思っている人にも
映画を観ていただけると嬉しく思います。

今回の映画の金額設定は
少しでも多くの人に
「観てみようかな」と思っていただければいいなという願いから
主催者さまが設定された金額です。
だからこそさほど興味のない方を誘ったりもしやすいと思います。

そして何より
特にこれからの未来を担う若い方(お子様たち)に見てもらいたいという
主催者さんの願いがこめられています。

犬猫保護。
ドキュメント。
興味がない人にはそそられないかもしれませんが
まずは知ることからはじめるんだと思います。

かわいいから犬が好き!猫が好き!なだけの子供が
犬と暮らすことの責任を感じることが出来るのって
どこかできっかけがあることだと思います。

ワタシは3歳前の娘のいる環境で
保護ボランティアをしていますから
娘は犬になれていますし、犬が好きです。
でも犬と暮らすことの責任がわかってるわけではありません。
理解できない年齢というのはもちろんですが
どこかで教える必要があると思っています。
親を見ているだけで思いや考えの全てが伝わればいいけれど
そういうわけにはいきませんから。
なぜ家の中がオシッコやウンチまみれなのか
なぜ噛み付くのか
そして一番肝心な
なぜこんなにも犬が途絶えず居場所を求めているのか。

みんなが一緒に時間を共有したその日から
愛情をもって最後まで生きていければ
こんな必要はないんだから。

ワタシは娘に伝えたいです。

「一緒に暮らしている犬が
 先に死ぬけどごめんね。
 って言ってくれるような飼い方をしてね」って。

でも言葉で何もかも伝わるだけではないし
目で見ることは何にも代えがたいリアルがあります。
ショックが大きいから
崩壊した繁殖場や
死にゆく犬の処分場を見せることは出来なくても
現実を踏まえて作られたものは
良いきっかけになるのではないかと思います。

娘と一緒に是非観せていただきたいんですが
譲渡会にはりついていないといけないのと
映画のお邪魔になるので残念ながら断念。
もう少し大きくなったら見せてあげたかったなと思います。
(子連れはなかなか映画も行けないよー)

親が犬好きで犬を大事にしているからと
その子供が犬好きできちんと世話をするとは限りません。
親の死んだあとに愛犬を保健所に捨てに行く子供。
面倒見るけどペットは連れてくるなという子供。
どこでそうなってしまったんだろう?と思いますが
親が犬を大事にしているだけではダメなんじゃないかと思います。
犬を通して一緒にコミュニケーションをはかるというか
一緒に散歩に行ったり
一緒に掃除をしたり。

親のペット(持ち物)ではなく
家族の一員として犬や猫が存在している。
親の持ち物だからいらないのではなく
自分にとっても家族だから大切な存在だと言ってほしい。

子供が欲しがっているからと犬を飼うことは珍しくないです。
でもね、子供にずっと世話をさせようなんて無理です。
飼う時点で親が世話をする覚悟をしていなければ。
世話を押し付けるから子供が飽きるんです。
子供には犬以外に楽しいこと・新しいことがあって当然です。
環境がめまぐるしく変わる年齢です。
『散歩もご飯もトイレの掃除も絶対にやりなさいよ!』
「はい!やります!」
なんて最初の口約束なんてあてにならないと思います。
最後まで実行できる子供はそりゃ立派です。
約束反故が普通なんだとワタシは思います。

毎日の犬の世話ってそんなに楽じゃないと思います。
もちろん苦痛でない人だっていると思うけど
体調が悪かったり
天気が悪かったり
あー、面倒くださいってこともあると思います。
それを子供にやりなさいなんて最初からほぼ無理だと思うんです。

世話は親がするつもりをしていて
あくまで子供の足りない部分もフォローしていってはどうでしょう。
世話ばかりが表に出ると
犬は可愛い・愛おしい存在ということも薄れてしまいます。
子供のうちは犬を可愛がっているだけで十分だと
ボランティアを初めて強く思うようになりました。

でもそのままでは世話の出来ない大人になりますから
いざ自分が犬を飼ったら
世話が出来ずに断念ということにもなりかねません。

世話のいらない犬はいません。

犬を簡単に捨てる人間がいるということや
命を落としていく犬や猫がたくさん存在するということを知ってこそ
自分の親はちゃんと犬を飼ってるんだなとか
あそのこの家の犬は大事にされてる
反対にあの家は犬の世話が出来ていないということが
理解できるのではないかと思います。

現実と向き合うと
残念なことにどうしても悪い面をたくさん見てしまいますが
逆に良い面も見つけることが出来ます。

主催者さんのたくさんの子供さんに見てもらえると嬉しいという気持ち。
私も同感です。
そして同時に親御さんに「子供に見せたい」と思ってもらえると嬉しい。

私の娘は犬好きですが
犬に対して何かを理解しているわけではありません。

我が家にはたくさんの犬がいますので
今まで遊びに来るお子さんもいらっしゃいましたが
その子たちの中には部屋で犬が粗相した時に
「うわ!汚い!この家歩くとこないやん!」と言った子もいました。
ボランティアであることを知っていてもなお
理解にまでは至っていなかったのです。
私の家の玄関先で飼い犬がウンチをした小学生がいて
「どうしよう」とオロオロしているので
私が袋を持ってきてウンチを取ると
「きたねー!うんちつかんだ」と言った子もいます。
私はその時に注意しましたが

この子たちはどこで自分の発言の恥ずかしさに気づくだろう?
と思いました。
その後その子たちの親に会うと嫌な顔をされるだけなので
このままなのかもしれないな…と思ってしまいました。
何かのきっかけで気づいてくれるといいなと思います。

どの子も自分の家で犬を飼っていましたから。

私は自分が正しい人間とはとても思っていないけれど
自分の娘が同じ発言をしたら
恥ずかしくてどうしようもありません。

うちの子に限って。
そうならないように、娘にはわかる年齢になったら
その時その時の伝わる言葉を探して
少しでも現実を教えることが出来て
私の考えを理解してもらえるといいなと思います。

長くなってしまいましたが
遠方の方にも足を運んでいただけると嬉しいです。

開催地の近くは
環境もよく琵琶湖もとってもきれいなので
お散歩がてら来ていただけるといいなーなんて。
下品なミクボス一家が景観を壊していたらごめんなさい。

道の駅とか寄るだけでもなんだか楽しくて私は好きです。
(ミクボス旦那はトイレ休憩が多い)

追記。当日来られる方へ。

いらないトイレシートとかフードとか
余ってたらめぐんでください。
ミクボスからのささやかなお願いです。えへ。

どうか映画を見ようかなと思ってくださる方が
一人でも増えますように。

家族を待ってる保護犬たちにも
素敵なご縁が巡ってきますように。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ



預かりっ子の幸せへの近道になればいいなと思いランキングに参加しました。
もしよろしければクリックお願い致します。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
この映画は是非観ようと思っています
秋に奈良で上映予定だったと思います

>一緒に暮らしている犬が
 先に死ぬけどごめんね。
 って言ってくれるような飼い方をしてね
すっごいいい言葉ですね
私もそうなれるようにがんばります

昨日 ブラックとブラウンのプードルの里親募集が目に留まりました 
一緒に飼い主持込されたのをボランティアさんが保護されてました
まあ手入れしてもらったあとの写真なんですが
美人さんと可愛い子なんですよ
その話を主人にしてたら怒り狂ってました
「いらんてなんやねん こいつらは物か」って

そうそう6月半ば我が家は4頭飼いになります

ステップアップのために研修に行く次女んちの
もかとちろるを1週間預かるだけですけどね
不安だらけの4頭飼いです 
ポップ君 そら君ちと同じやーんと
思ったけど チワワが1頭混じってました

>美夢さんへ
私も観たいんですよー。
良かったら見てってくださいって言われたから
譲渡会が閑散としてたら
スタッフみんなで映画見てるかもー。←オイオイ。
あくびママさんも見たいーって言ってて。
ワタシは多分普通に出てくると思うけど
あくびママさんとかタバサママさんあたりだと
ぼろぼろ泣きながら出てきそう。
犬が物扱いの現実ってあると思います。
ペットと家族の温度差がデカイですよね。
美夢さんはとうとう4頭飼いですか???
おー!!!
ワタシはもう4頭って多いと思えなくなってしまった。
最近どこかで休憩しようかなーって
たまに考えます。
家を休ませてあげたいんですよ!!!家を!!!
まだまだ住まなければなりませんから!!!


No title
あ~~~めっちゃくちゃ観たいのに~~~!!!
子供にも是非見て欲しかったのに!

午前中、子ども会で出掛けなくちゃ行けなくて間に合いそうにない。。
(うちからは多分3時間くらいかかるので・・・)

ミクボスさんにもみくちゃんポメ軍団にもチワワ隊にも会いたかったなあ。



前から気になっていた映画なので、
子供と一緒に観に行きます。
生ミクボスさんご一家&ワンズに
お目にかかれるのを楽しみにしてます~
(前の晩は寝られないかも!!)
ちなみに東部から高速で湖北回りと
下道で橋渡るのと、どちらも2時間弱でした…
つくづく琵琶湖迂回って大変(>_<。)
No title

久しぶりです!!

最近は体調悪いは忙しいはでなかなかこれませんでした。

私も娘とぜひ行きたいのですが、娘が今年から働き始めなかなか週末に
休みがないので今調整中です。
遠いですしね(泣)

ほーちゃんにめちゃ会ってみたいので頑張って都合つけたいと思います!!
No title
近所にとても可愛い女の子がいます。(7~8歳くらい?)
散歩でしょっちゅう会うのですが犬がとても好きでやさしくさわってくれます。
このコは怖がりだからごめんね、と言うと
「大丈夫だよ、いつか仲良くなろうね」って少し距離をおいていつも声をかけてくれるんです。
「うわ!あの犬ハゲてる!病気やで!ばいきん!」
「うんこ拾ってる~、きったね~!」
って言うクソガキもいます。
どっちのコもどんな親なのか興味がでます。
大人になってもしそれを思い出す時、その時の自分をどう思う人になっているんでしょうね。
今はわからなくてもいつか命に優しい人になってほしいと思います。
あ、わたし、後者のコには叱りますよ。

譲渡会、行きたいです~。
琵琶湖のどっち側なのかわからないけど。(笑)


い…行きたいですがライブがあるので行けず……です(;_;)

『親って子どもの粗相片付けますよね。
それは汚くないんですかね(笑)
大半は
自分の子どものだから
って答えるでしょうけど、わんにゃんだって一緒です、家族だから汚くないんですよ(≧д≦)!!』
って言ってやりたい…

まったく、いまどきの若い(?)親はろくなのがいませんね。20代代表としてそこになおらせてお説教せねばと思ってしまいます(-д-;)
どんな育ち方したらそんなふうになれるんでしょうか。
上映会、たくさんの方に来ていただけること願っています。
次回収録の時はナレーターとして使ってください(笑)
>hiroさんへ
ワタシも観たいんですよー。
宣伝しながら自分が観てないってどうよ?って感じですー。
暇だったらスタッフ全員
映画鑑賞の予定なので観れるかもしれないけど。
(あくびママは観る!ってごねてましたけど)
「ワタシ別にいなくてもいいよね?観ててもいいよね?」
とかマジで言ってたし。
オイオイ、マジでか??ですよ。
ミクボス家、見たら目が腐りますよー、わはは。
子ども会、楽しんでくださいね☆

>ももにょんさんへ
マジですかー?
うれしいー。
主催者大喜びですよ、きっと。
目標人数がなんといっても50人になったんで。
(ちなみに500人収容のホール)
あまりの暴挙に絶句です、がはは。
生ミクボス一家は見たら目が腐るので
あまり見ることをお勧めしませんが…。
うちの理想の旦那を見てやってくださいよ!!
理想ですから!理想!←自称なのが凄い…。
琵琶湖経由…本当に面倒ですよね。
ワタシも途中から下道です。
でも1時間半だったのでマシなのかな???

>順さんへ
体調はどうですか???
ワタシはイトコのえり太が風邪を撒き散らしやがったので
順番に風邪です。
全くろくなことしねぇ…。
遠くてすいません…でもほーいちいますよ。
特別に順さんには
ほーいちに噛まれる券を進呈しますよ。
噛まれ覚悟でならどうぞ抱っこでもなんでもー、わはは。
旅の思い出に噛み傷をどうぞ。
>ボブままさんへ
うわー!うちのミクどっちになるかなー?
うんこ拾ってるので、むしろ
きったねー!ってみんなに言われそうかも。
しかしいろんな子どもがいますよね。
凄いなー、どうやって育てたらこんな良い子に???って
感心してしまう子もいれば
げー!って言いたくなるような子も。
自分が大人になって、あれはダメだったなーって記憶があるけど
ある意味、気づかないまま大人になったら最悪ですね。
どこかで気づくことの出来るチャンスはあると思うので
恥ずかしくてもなんでも
自分を認めて変わってほいいなって思います。
映画はこれからの芽を大事にしたいっていう主催者さんの気持ちが
子どもに見てほしいってことだと思うし
でもまずは子どもを育てる親にも考えてほしいと思います。
親だけでなく地域で育てるものだとも思う…。
譲渡会、琵琶湖のあっち側なんじゃないですかね???
>みなみさんへ
おお!ライブ!
頑張っててすごーい!
映画よりみなみちゃんのライブのが人が多そう。
(500人収容のホールを借りてしまったらしい…)
う○こがキレイかきたないかで言えば
自分のう○こでも汚いとは思うので
ワタシはきれいとは思えないけど
健康の面でも大切なものなのにねー。
う○こが出なかったら大変。
だからう○こが出てたら元気で嬉しい。
家族だし、元気が一番。
20代代表としての説教、期待してますー。
みなみちゃんみたいな若者が親になれば
不幸な犬はきっと減っていくのになって思います。
現実が重い。
ナレーター?そんな大それたイベントって…。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ミクボス☆プロフィール

ミクボス

Author:ミクボス
保護ボラを数年間後グダグダにて現在に至る。
自分に出来る事を迷走中…。
小2の娘と犬たちとの生活。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ミクボス家出身・保護犬の里親さんブログ
ボランティアさんのサイト&ブログ一覧
いつでも里親募集中
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。