*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クピド(元チップ)の愛情いっぱい生活風景。
デールのお見合いが決まった情報を
すでにゲットしてる方もいらっしゃるとは思いますが
ここでデールの相方だったクピドくんの幸せ報告を紹介。

読んだらわかりますが1カ月半がすでに経過…。
更新滞ってて申し訳ないです。←こればっかり。 

拝啓 
 桜の花も賑わいを見せる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
 おかげさまでクピドも元気に過ごしております。

 さて、4月1日に新年度になり早速動物病院で狂犬病のワクチン接種と
 フィラリアの予防薬を頂いてきましたので、写真を添付しご報告させて
 頂きます。
 この時、自治体への届け出を病院で代行(?)してもらいました。
 5月末までに鑑札と狂犬病の接種済みのプレートが
 郵送で自宅に届くとのことでしたので
 又届き次第、写真を添付して報告させて頂く予定でおります。


卒業クピド

約束を守っていただきありがとうございます。
クピドくんの幸せな姿を知るたびに
デールも素敵な家族が見つかるといいなーと強く願います。

先に幸せになった子がいてくれるからこそ
みんな幸せになれるように!って
頑張ろう!って勇気づけられます。
きっと出会いはあるはずだって。

 あと動物病院のレシートとは別に写真を2枚添付しました。
 これは私の自宅の近くの某○○山の○○谷という桜のキレイな所があり、
 ペット不可の場所ではなかったので、行って遊ばせました。
 この2枚はその時の写真ですが、実はベストショットは別にあるんですが
 それは又、動画に使おうと思ってますので、キープしてあります。
 でもこの2枚も十分クピドが可愛く写ってると思います。
 (親バカ発言ですみません)


炸裂してますねー。
可愛がってくださるだろうなってことは予感してましたが
まさかここまでの入れ込みようとは…。

卒業P1020024

こんなきれいな子だったかな?と思うんです。
そういう意味では
里親さんってやっぱり未知数の可能性を形にできる凄い存在なんだと実感します。

少ない数だからケアに力入れることができるとか
そういう時間だけの問題ではなく
1日にどれだけ目を合わせてるのか
どれだけ会話をしてるのか。
やはりその違いは大きいんだと思います。

 まあ、きちんと撮れていれば可愛く撮れるのは当たり前でしょうが…
 (度々、親バカ発言すみません)
 極力、外出時にはデジカメとビデオは持って行くようにしてるんで
 こまめにご報告できるかと思います。


卒業P1020026

クピドくんが今までの犬生の中
視界に写っていた景色はどんなものだったんだろう。
ご飯も満足にもらえなかったと思われる
最低限の生活が保障されない毎日。
その目に写っていたものは
どれだけ色あせてたんだろうって思います。

今クピド君が見ている全てのものは
鮮やかに色を変え、きっとキラキラ輝いている。
それがとても嬉しい。

 それとこの子のごはんですが、トライアル時にお伝えした某メーカーのフードは
 香料が入っているのと(食糞の問題があるので)
 ググって調べたら、余り評判が良くなかったので
 無くなったのを機に違う会社のフードに換えました。
 (一応、合成保存料無添加・無着色・無香料らしいです)
 これで切り替え準備期間を含めて2週間くらい経ちますが
 ここ最近はたぶん食糞はないのではないかと思います。


なんかクピドパパさんって研究熱心で
細かいところに気のつく方です。
ミクボス旦那と大違いだ…。
 
 昨日の午後は、クピドは途中から嫌がってたみたいですが
 私が歯石を取ってあげました。特に奥の方は『おおおぉぉぉー』って
 いうくらいあったんで、今後もきちんとケアしてあげたいと思います。


なんでも自分でやろうって気持ちが大事ですよね。
ワタシなんて最近では
犬が臭くなるとトリマーのゆうちゃんの好意に甘えて生きるボラ。
たまに無駄にやる気出して
よっしゃ!ってケアに取りかかろうとすると
みんなに逃げられている…。

ミクボス、何急に思いついたんだよ?
やめろよー!
下手で雑な奴はいらんことすんなよー!

って声が聞こえてきます…。

 まだまだ飼い主として未熟ですが、クピドが『この家に来てよかった』と
 思ってくれるように勉強したりしなければ…と思っています。
 

いやー、もうクピドくんは浮かれてると思いますよ。
最高の家に迎えてもらったって思ってるはず。

愛情は無限だと思うので
飼い主的にはどこまでつきつめても
やりきった!みたいな気持ちにはなれないだろうけど
クピド君にはもうパラダイスだと思います。

どうしても過去のある子たちにとって
短期間にいろんな家を転々とした経緯は
別れを予感させるものになると思うんです。

昔の家→保健所→あくびママ家→クピドパパ家

短い間に移動を繰り返しています。
ここが僕の家なんだと心底自信が持てるようになるには
どうしても時間がかかるのかもしれない。
だけどきっといつか。

 母も相当気に入ってくれたらしく、クピドは犬なのに
 超猫なで声でクピドに声をかけます。
 その姿を見ると思わず私が笑ってしまうほどです。

 それでは又御連絡差し上げます
                 敬具



実は最初の譲渡の問題はお母様でした。
反対とまではいかないけど、賛成はしていない状態。
一抹の不安はないとは言えませんでしたが
予想以上に早くクピドくんの虜になってしまったようで。
嬉しい限りです。

家族全員の同意が取れれば一番ですが
なかなかどうにもいかない時があります。
厳密にいえばルール違反であることはわかっていますが
譲渡までのやり取りの中で
きちんと同意が取れなくてもお見合いに進んでいるのは事実です。

奥様の権力が強い家とか
本人が完全に自立していて、いざとなったら家を出れるとか
女見合いに踏み切った理由はあくまでケースバイケースですが

最初はダメってきまって言うけれど
家に入れてしまえば可愛がる人って確かにいると思うんです。
(ミクボス家もそうだし)

家族の同意が取れてないくせに
「同意が取れました」って嘘つかれるくらいなら
「ダメって言われてるんですけど、いけると思うんです」
と正直に言われるほうがずっといい。
もちろんその理由は聞きます。
なぜいけると思うのか。
そしてだったらなぜ反対されているのか。

譲渡に関して約束事や条件はあります。
こんなことを言うと大ブーイングだと分かっているけど
譲渡を決めるのがワタシである以上
最終責任をワタシが追うからこそ保護主である以上

ワタシがルールです。

ワタシがゴーと言えば
ワタシの家の保護犬はお見合いに行きます。
(なのであくびママさんの保護犬の最終決定権はあくびママさんです)

家族の理解が取れれば嬉しい。
本当は取らなくてはいけない。
頑張っても頑張っても同意が取れなかった。
それを聞いたからといって即、
だから譲渡しない、と判断するわけではないです。

やっぱりあくまでケースバイケース。
同意のニュアンスってさまざまなんです。
どうしても何がなんでもダメ!の場合から
ダメっていってるやん~、やめとけよ~。な雰囲気まで。

もちろん譲渡しない時も多いです。
家族の同意は基本です。

ただ4人家族がいるとして
奥さんと子ども2人がノリノリで飼うっていってて
旦那さんが渋るとする。
この場合、旦那さんの権力がちょっと弱めの家庭ってありますよね。
お金も奥さまが握ってて、世話も奥さまがするという。
正直悩むんですよー。
家庭でモメ事の発端になるのは良くないし
旦那さんの気持ちを考えると…。
でもこういう家庭って多分全てにおいてこうなんですよね。
旦那さんも通らないとわかってても文句は言ってみたり。

おそらくこういう家は先住も旦那を押し切って飼ってるパターン。
旦那さんの同意を取ってから何かをするということが
かなり少ないと思う。

しかもこのタイプの家の旦那さんは
かなりの確率で優しい。
まー、こういう家族と暮らしてれば温厚にもなるだろうけど。

譲渡の時は
それぞれの家庭の雰囲気というか方向性
力関係、性格、イキオイ…。
そういったものを視野に入れて考えるようにしています。
なので
「え?ミクボスさんいっちゃったの?」という時があるのかも。

メールのやり取りとかの中で
え?そうなの?という内容があとから出てくることが多いです。
譲渡をして欲しいがゆえに
少しごまかしてみたり
ちょっと偽ってみたり、隠してみたり。
珍しいことでも不思議なことでもないです。

気をつけていることは
話せばわかってくれそうな人、だと思って欲しいなって。
これ言ったら即ダメ!って言いそうな人だと思われてしまうと
本当のことを言いにくくなると思うので。

お互いに仮面をかぶったままでは
真剣な気持ちは伝わりません。
譲渡がダメになるとしても真実を伝えておこう、
そういう気持ちになって欲しいから。

そのためには出来る限り理解したい。
短いものさしでは測れない。
いろんな人がいて、いろんな家庭がある。
当たり前のこと。

 追伸      
 いろんな子達が幸せになっていくのがとても嬉しくて
 ブログの更新がとても楽しみです。
 数多くの保護してる子達の世話で何かと大変でしょうが
 くれぐれも体調や事故など気をつけて下さいませ。
 乱文ですがご容赦下さい。


自分の価値観や考えを理解してもらおうとする前に
相手のことを出来る限り理解したいとは思います。
クピド君のパパさんを選んで良かったと思います。
こんなに可愛がってもらえて
心配してたお母さまにも愛されて。

ボラだからと構えてしまわずに
ありのままの気持ちで希望してくださるとうれしいです。
ドアは広く開けているつもりです。
(負担金だけはどうにもなりませんが…)

譲渡の厳しさってどこを重点とするかだと思います。
どこに申し込んでも譲渡してもらえるだろうという家族を
些細な理由でお断りしたこともあります。
反対の場合もあります。

間違ってると思う人は
まずは自分でやればいいんです。
誰かに自分の価値観を押し付けているより
自分で動いたほうがいいと思いますから。
助けを必要としている子はまだまだいます。
「あのボラちょっと考えおかしいよ」と思うなら
批判をする前に自分で実績を積めばいい。

自分でやらなければ理解できない不都合があります。
歪みがあります。
矛盾があります。
その中で自分の信じることのできる道を探すしかないと思う。

どのボラに保護されるか。
保護犬にとってまたひとつのターニングポイントです。

クピドくんが他のボラに保護されていたら
クピドパパとは会えなかったでしょう。
出会いは偶然の重なりです。

見違えるように変わっていくクピドくんを見ると
情うとに踏み切る前の悩みや不安はなんだったのかと
不思議に思います。
それはきっとクピドパパがワタシにとって知らない人だったから。
ただそれだけ。

クピドくんがパパと出会えて本当に良かった。
凛とした顔を見るたびに嬉しいし
幸せな気持ちになる。

クピド家の今の願いは
デールが素敵な家族に迎えられること。
そうかその願いが叶いますように。

クピドくんの鮮やかな未来と
ようやく幸せのチャンスを手に入れたデールに
喜びと希望のポチっとおねがいします。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
>非公開さんへ
わー!バタバタしててメールしてなかったです!
今日中に送信しておきますので
来なかったらブーブー文句言ってくださいね!!
譲渡会も終わってやっと少し落ち着いてきました。
中型犬用スリングで電車…。
なんという豪快な動きをされてるんですか?
重そうだし。
相当注目浴びますよね、そりゃ。
ワタシでもめっちゃガン見します、きっと。
お元気そうで何よりです。
今度ヨシザキ氏に写真撮ってもらえるようお願いしようかな。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ミクボス☆プロフィール

ミクボス

Author:ミクボス
保護ボラを数年間後グダグダにて現在に至る。
自分に出来る事を迷走中…。
小2の娘と犬たちとの生活。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ミクボス家出身・保護犬の里親さんブログ
ボランティアさんのサイト&ブログ一覧
いつでも里親募集中
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。