*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
①ファンタ君・4歳・男・MLダックス・ブラック&タン
95e68b21.JPG2008/9/26。
初めての面談&一時預かりの日。
そのまま住む事になったわんこはブラックタンのダックス『ファンタ』。

家賃ゼロ。
セルフサービスの食事と好きなだけの昼寝・おやつ付き。
シャンプー・耳掃除・歯磨き・爪きりのオプション有り。
(天気によって)散歩可。
(都合によって)ドライブ可。

こんな条件で納得しているのかしていないのかはわからないけど
これから永住できるお家が見つかるまで
ファンタはここで居候が決まった。

大家の早川です。
よろしくお願いします。

ファンタは髪にウンチをつけてやってきた。
もちろん臭い。
爪は伸び放題、肉球の間からは毛がもしゃもしゃ生えている。
家庭犬で飼育放棄の末、保護されたとのこと。

全く吠えない。
人なつっこくてとってもいい子。
そんなおとなしい子に対して
威嚇しまくる飼い犬マル(ダックス)とピノ(チワワ)。
申し訳なさいっぱいの私。

Pinkさんが帰った後
玄関でしばらく寂しげに泣いた。
気弱なのをいいことに、威嚇を続けるマル。
ピノは早々に飽きたらしく、自分の部屋に戻っていった。

これは今夜はうるさいかも・・・覚悟した。
が、ご飯をあげた時
pinkさんが「食べ物には凄く執着します」との言葉通り
(飼育放棄でご飯が与えられず痩せている)
激しくガッついたファンタにマルは当然のように威嚇。
ファンタが別犬に変身したかのように、強く反撃。
・・・マルあっさり敗北。

一瞬で決着がつき旦那が帰るまでに静かになった。

旦那は帰ってきてすぐに
「なんか増えとる!!!!!臭い!!!」と大騒ぎ。
でもそのままファンタを捕まえバリカン片手にお風呂へ。
(この時は、その優しさが仇になるとも知らず・・・)
足回りをカットしシャンプーと肛門しぼり。

でも結局、ドライヤーとブラッシングと改めて毛玉を切ったら
大量のフケが出てきて
またお風呂へ逆戻り。

そして小ぎれいになったファンタ。
見違えるほど、立派な犬に。
毛並みの良さはマルと比較にならない。
マルが剛毛だとこのとき再確認し、悲しくなった。
ふわふわのやわらかな毛質。

(フードや雑費は自腹なので)
旦那に食べ物への執着を告げると
「心配せんでも食べれるってことを自覚できるまで好きなだけ食わせたれ」
私は爪切りは苦手なので美容院へ切りに行きたいというと
「うちで預かってる限り飼犬と思われるんやで、みすぼらしくするな」
とのお言葉。

翌日には爪を切り、散歩。
ほんの少し歩いただけなのに肉球が摩擦により流血。
保護されたわんこはたいてい肉球が弱いらしい。
馴らすしかないとのことなので、これからは徐々に散歩。
いろんなとこが弱っているのは
今までの時間の過ごし方を反映していて胸が痛い。

ペットシーツでトイレが出来るはずだけど
環境が変わったせいか
成功したのは数えるほど。

ご飯や水をいちいちがっつくので
オシッコは多いし、ウンチはデカくて多い。
でもそれもこれもトラウマのせい。

そして
誰にでもなつくファンタに旦那は怖がられ
(おそらく会ってすぐにシャンプーしたせい)
ビビションをする始末。
旦那はショックのあまり、おもしろがって追いかけてた。

性格はとにかくおとなしい。
全く吠えない。
不安そうに、ついて回る。
初日はお風呂にもトイレにもついてきた。隙を見て中まで入ろうとする。

これが性格なのか
環境によるトラウマで培われたものなのか
そのうちわかるかな。

早く永住先が決まるといいね。
本来の自分に戻って、幸せをつかむんだよ。
ありのままのファンタを愛してくれる家族がきっといるからね。

その日まで仲良くしようね。
















Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ミクボス☆プロフィール

ミクボス

Author:ミクボス
保護ボラを数年間後グダグダにて現在に至る。
自分に出来る事を迷走中…。
小2の娘と犬たちとの生活。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ミクボス家出身・保護犬の里親さんブログ
ボランティアさんのサイト&ブログ一覧
いつでも里親募集中
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。