*All archives* |  *Admin*

2017/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
網膜変性症。
コメントありがとうございます。
皆様の意見は全て正しく
私が落ち込むとか、
仕方ないとか
コメントで庇護されて責任が薄れるとか
そんなことは正直どうでもよくて。

世界中の人に
「仕方ないよ」と言われたとしても
私自身が納得できることはないと思います。
同じ経験をしたことのある人は
みんなそうではないでしょうか。

答えは一つのような気がします。

気付きたかった。

時間を戻せるなら戻して
今度こそという気持ちはあります。
その欲は消えないと思います。

今日は網膜変性について
気付けなかった私の落ち度が
もしもどこかの犬や飼い主さんの
早期発見につながるのであればと思い書きます。

私のミスと
マルの苦しみが
誰かにとっての幸せに繋がれば。
また悲しみを減らすことになればと願います。

診断結果は網膜変性。

必死に過去をさかのぼって
マルのサインはどこだったんだろうと考えますが
正直よくわかりません。

獣医さんに言われたことは
網膜変性の場合
早ければ2歳頃から始まるそうです。
仔犬の頃の場合はあまりないと聞きました。
網膜の成長がうまく出来なかったことから
成犬になってから進行していくとのこと。

ゆるやかに進行していくパターンと
2~3ヶ月くらいで急速に進行する場合があり
そのスピードも個体差があるそうです。

マルの場合は
私の話などからおそらくゆるやかに
徐々に見えなくなっていったんだろうと言われました。
この場合
犬自身も何が起こってるかわからないくらいの
進行だったりするそうで
あまり不都合を感じないままに
状況に対応していって
ごく自然に生活できるようになることも多いそうです。
それゆえに飼い主が気付かないケースも多々。
という現状につながるんだと思います。

ちなみに一時期
マルが散歩を拒否するようになっていましたが
他の人間では嫌がって進まないけれど
私との散歩だと歩いたり
コースによっては軽快に歩いたりしていました。
散歩の時間も関係していたのかもしれません。

見えなくなった現在
また散歩が出来るようになっています。
普通にまっすぐ知らない道でも歩くことができます。
おそらく散歩というか
今の見えない状況に慣れて
対応できてきたんだろうということでした。

その都度その都度
犬自身も対応していく場合もあるようです。

自宅では部屋の感覚を覚えているので
狭い場所でもぶつからることなく歩いたり
水を飲んだり
トイレシートできちんとオシッコをします。
ご飯の時には
ほかの犬の動きでわかるのか
同じようにご飯の体勢に入ります。

溝やドブにはまった時なのですが
これが見えなかったからハマったのか
今でもわかりません。
2歳前にドブにハマっていたのは
目が見えなかったわけではないと思うので
おそらく鈍くさいんでしょうと言われました。
仔犬の頃から
おっとりしていて
遊ぶことより寝ることが好き?という印象でした。

オモチャなどを与えても
特に遊ぶことはなく
枕にして寝ていることが多かったと思います。

見えなくなっていったから
動きが鈍っていたのか
単に元々の性格なのかはわかりません。

マルの目が見えないことに気付いたのは
お友達のtiaraママちゃんですが
この場合、正確に言うと
tiaraママちゃんの家(知らない場所)だったことは大きいです。
実際にtiaraママちゃんは
私の家にも遊びに来てくれているんですが
その時には目が見えていないとは気付かなかったそうです。

私がトイレに行っった時
不安になったマルが私を追いかけた。
私がそばにいると
私を頼りに動いてる部分があるようです。
家ではミクや旦那、ほかの犬を目印に
動きを取っているのだと思います。

他の犬が出迎えたら
同じように出迎えに行く。
玄関にはいつも同じようにマルの姿がありました。

匂いで感じるのか
他の犬のテンションでわかるのか
お菓子を配る時には参加していました。
もちろん、
お座り・お手も出来ます。

アイコンタクトですが
呼べばちゃんと私の方を向きます。
遠くても
どうやってわかるのか
きちんとこっちを見ています。
感覚だけなのだと思いますが。

アイコンタクトとは呼べないと言われるかもしれませんが
黒目の犬がこっちを見てると
目が合う感じがしました。
瞳孔の開き具合までチェックしたことは
恥ずかしながら
したことはありませんでした。

寝る時に電気を消すと
和室に一緒に移動します。
暗がりでも普通に歩いていって
布団に転がります。
ミクの枕を横取りしてはモメます。

朝はワタシが起きると一緒に起きます。
後ろからついてきて
定位置でくつろぎます。

ソファに座っていると飛び乗ってきます。
もしくは乗せてくれと催促します。

たまにオモチャで遊んだり
犬同士で追いかけっこやプロレスもします。

私がトイレに入ってる間に
スリッパを加えて持っていき
自分の定位置で枕にして寝ています。

ではなぜ思い当たったか?と言えば
お菓子をあげた時に
少し考えてから食べていたり
俊敏な他の犬に取られてしまったり。

マルは元々
最後まで待ってれば自分はもらえる
という事をわかっていたし
平和主義者なところがあるので
あまり強引に欲しがることは少なかったです。
ピノに取られてもあまり怒らない犬でした。

決定的にこれだ!ということではなく
目が見えないと仮定したら
当てはまることが多々あったという感じです。

見えなくなってから
散歩は行きたがらない時期がありました。
べったり止まってしまって動かない。
しかし今よりミクが幼い頃も
散歩の途中で
ベビーカーに乗せてくれと催促するところがあり
あまり散歩の好きな犬ではなかった気がします。

ご飯は今思えば
皿の位置がわからなくて考えていたのかなと思いますが
食いつきが悪いと感じる時がありました。
匂いの強い時などは分かりやすいのか
すぐに食べる時もあり
トッピングが毎日違うので
選り好みをしているのかと思っていました。

犬が多いため
ご飯はその犬のもとまで私が運ぶパターンが多いので
ここで食べると決まってもなくて
マルを呼ぶということもなく
私がマルのいる場所にご飯の皿を置くことで
余計に気付かなかったのかもしれません。

トイレは我が家は決まった場所に1か所。
これは固定されていますが
そのトイレに加えて
保護犬によってトイレの位置が増えたり変わったりしますが
固定ではないトイレでも
シートを探してトイレをしていました。
今思えば、多頭飼いだし、いろんな犬の匂いが強くて
わかったのかなとも思います。
マルなりのマーキングだったのかもしれません。

家の中では
壁にぶつかることなく
すいすい歩きます。
徐々に見えなくなっていったので
家の感覚を把握していったのだと思います。

匂いや声で反応していたのかなと
今、目が見えないと仮定して考えると
思い当たることもありますが
微妙です。

車は、先日見えてないかもしれないとわかってから
あくびママさんの車で
マルを乗せて出歩いたのですが
その時はミクがそばにいたにも関わらず
私を探して
不安がってなきました。

自家用車の時は
落ち着いてミクの横にいます。
泣くことも全くありませんでした。
私の身内は車に犬を乗せることを嫌がるため
マルは私の車くらいしか乗る機会がありません。
ミクがチャイルドシート使用なこともあり
基本的に自分の車を出すことも多かったです。
慣れているのか
普通に乗り込み、くつろいでいました。

いつもと違った環境であれば
分かりやすかったのかもしれません。
田舎でドッグカフェもあまりないですし
農道ですので
散歩コースも人も車も少なく
音が少ないため少し離れたとしても
私の声もよく聞こえるし
あまり怖いと感じることがなかったのかもしれません。
ピノは吠えながら走ることも多いですし。

路上と違って農道のため
あまり端による必要もなく
また車とすれ違うことも極端に少なかったです。

言い訳に感じることは承知ですが
実際、いろんなことを考え
なぜ気付かなかったのかと思い返すと
ああそうかとぼんやりわかってきました。

サインはあったんだなと。

溝にはまったときも
しばらくそのまま歩き
自力で戻ってきて
またテクテク歩いていました。
なんでもないような顔をしていました。

いったいどこから
どうやって見えなかったんだろう。
わかりません。

あれが出来たのに
あれが出来なかったのはどういうことなんだろう。
どういう風に見えていたんだろう?

溝にはまる、踏み外す。
段差を降りない。
散歩を嫌がる。
玄関までは喜んで行くのに
外に出たとたんに怖がったようになる。
(でも落ち着いた場所だと歩きだすこともあります)

知らない場所で確認するとわかりやすかったり
家族じゃない人間とは散歩に行かなかったり
自分が動くために
頼り(目印)にしている人間があるのかもしれません。

慣れたところではわかりにくいです。
驚くほど普通に生活できたりします。
最初は怖がっても散歩もできるようになったりします。

一瞬のサインを見逃すたびに
そのサインはサインでなくなるんだと思います。
出来るようになってしまうから。

進行のスピードの早い場合は
出来たことが出来なくなるので
明らかに者にぶつかったり、生活に支障が出たり
犬自身も病状を訴えて
イライラしたり暴れたりするので
比較的わかりやすいそうです。
ただし当然、
あっという間に失明してしまう可能性も高いです。
2-3カ月で失明ということもあると。

もう末期ですので
これからは(効果は個体差がありますが)サプリと
白内障を予防するための目薬。
それから緑内障が怖いので定期的に眼圧を測定。
リハビリ的に
ライトで瞳孔を動かします。

人工的な光はいいけれど
太陽光・自然の光は良くないので
外出時は紫外線カットのゴーグルの使用を勧められました。
家の中では窓を開け放つのはやめました。
カーテンで防ぐ方がいいと思うので。

家具の配置はもう変えない。
元々保護犬が多いので、
かじり癖とかトイレ対策で
テーブルとか取っ払ってるもの多いんです。
障害物が少なかったのも
今思えばダメだったような気もします。

水は飲みやすいように
高さを固定しました。

今とりあえず思い当たることは
このくらいかなと思います。

犬によって様々だと思いますので
うちの場合はこうでした、というだけではありますが
もしも、あれ?と思われる飼い主さんがいたら
一度検査されてもいいかなと思います。
特にダックス。
ちなみに私の場合は
検査費用と少しの薬で15000円程度でした。
眼科の設備が整っていないと
詳しい検査は出来ないので
眼科に力を入れてる獣医さんを探すことが必要です。

それからおそらく
動きが鈍くなるので
デブ化傾向になったりもする可能性があります。

私の気付かなかったサイン。
あれ?と思われる飼い主さんがいたら
とても嬉しいです。

失礼します。

あと、悔しいからブログ続けるは本音ですが
実際まだ保護犬がいるので
書かなければ!という気持ちやあせりはあるんです。

元々、よし再開しようとした矢先に
コメント拝見して
正直ちょっとショックでやる気失ってしまったんですが
(落ち込む権利もないのはわかってます)
なんだか応援してくださってる方も多いし
これはなんか頑張るとこかなと。
自分がただ凹んでるのも悔しいし。

報告しなければいけないこと
たくさんあるんですよ。
マルだけじゃなくて。

リフレッシュは
今の子たちを幸せにしてから
ゆっくり考えます。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

お疲れ様です
ミクボスさん今晩は。うちにもダックスがいます。定期的な検診は受けていて今は何も言われていませんが、その病名さえ知りませんでした。

何しか、ミクボスさんも体を大切にね。医者の不養生じゃないけど、自分の事って後回しだったりするから。ミクボスさんに何かあったらワンコもミクちゃんも大変ですから。(あっ、旦那さんもだね)
自分よりワンコとは言え、自分あってのワンコだし。(と私は思ってます)

では(^^)
ごめんなさい
一番つらい時に大切なブログで争ってしまって、
ミクボスさんごめんなさい。

大好きなブログで一日に何度も見に来てます。
家族と犬達を最優先で、無理せずブログを
続けていただけたら幸せです。
(更新がどんなになくても待ちますよ~!)

アドバイスいただいたうちの子犬は元気に大きくなってます。
いまや破壊王です(笑)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
>非公開さんへ
情報ありがとうございます。
動物眼科センターさんは愛知県の長久手にある
可児市で眼科で有名なおおた獣医さん?が
眼科の専門として開院されたところですよね。
今度念のためにマンソンが検査に行きます。
私は滋賀県栗東市の栗東動物病院さんで
個人でやっておられる獣医さんですが
眼科に強いと評判だそうで
そちらで検査していただきました。
距離的に栗東の方が近いので。
でも眼圧の検査はもう少し近くの獣医さんでも
出来るようなので一度確認する予定です。
先が長いので
何よりも続けることが大切ですと言われました。
目の検査は
詳しいことになると設備が必要だし
時間もかかるので
専門的に見てもらえる獣医さんを見つけないとですよね。
そして定期的に通わないと意味がないし。
ありがとうございます。
マンソンの結果が出たら
どんな検査をするかタバサママさんに聞かなくちゃ!です。
初めまして
人間誰だって一度や二度間違いはあります。
うちの犬も気づいてあげられず後悔しました。冷めた言い方かもしれませんが、後悔しても戻れません。なら、この先この子にとって幸せな日々を送ってあげる事が一番じゃないでしょうか?
ミクボスさんのblogは誰が何を言おうが大好きです。
また楽しいblogを楽しみにしてます。
ずっとずっと応援してます

無理なときもある
「気づきたかった」のところで、耐えられなくて家族の前なのに泣いちゃった・・

基本的に動物は本能として自分の弱みをみせません。もちろん愛玩となって久しい動物たちにはそんな本能は薄れているかもしれないけど、やっぱり、そのコの性格で絶対に病気をみせないコもいるらしいです。

気づいてあげれば、たくさん何かをしてあげれたかもしれない。。
でもそれを今言うよりも、目の見えないマルちゃんとどういう風に付き合っていくかを考える事の方がずっと大切だと思います。
後悔はいつでもできるけど、マルちゃんとの大切な一日を悲しんで自分を責めてすごすより、新しい愛情表現を考えたりとか?目が見えないマルちゃんを楽しませることを考えたりとか?あ、もちろんミクボス家&フレンズの方でそのあたりはばっちり考えてるとは思いますけどね♪

「気づいてあげれなかったこと」を責める方を間違っているとは思いません。きっと、その方たちなりのマルちゃんへの愛情なのかな?
でもマルちゃんのことを考えるなら、すでに自分を責めまくっているミクボスさんをさらに責めるよりも、例えば「こういうことところから気づけるよ」とか「目が見えないコとこういう風に付き合うといいよ」とか、前向きなお話を同時にしていただければ、きっとマルちゃんやこれから病気になるであろうワンちゃんの飼い主さんのためになると思います。

いつも炎上しちゃうコメントを読んで思うのですが、きっとご本人は犬をたくさん愛していて愛情からでた批判だと思うのですけどね
責めることで、何か啓蒙できるのでしょうか?わたしは逆だと思います。

責めれば責めるほど、行き場をなくしちゃうんですよ・・人って。
それよりも、もし、ダメ飼い主さんをなくしたいと真剣に考えるなら、もっとダメに寄り添って相談にのってあげてください。そうすれば、きっとダメ飼い主さんの知識も豊富になるし、気持ちのよりどころもできて、素晴らしい飼い主さんになると思います!

あ、ちなみにミクボスさんのことをダメ飼い主だと、わたしは絶対、金輪際思っていませんけどね(笑)

これからも、ミクボスファミリー&保護犬&フレンズたちが楽しい毎日をすごせますように・・
>かちゃこさんへ
ありがとうございます。
そうですねー、痩せなきゃです。
何日かご飯を食べなくても死なない脂肪になってます。
元気にやってます。
マルと同じように遺伝疾患を持ってるとして
10頭生まれたとしたら
疾患が出るのは1頭あるかないか。
多いと感じるか少ないと感じるかはわからないです。
でも珍しくないんだなと思いました。
眼科の検診と定期検診はまた微妙に違うので
さすがに末期だったらわかると思いますが
細かい事は設備がないと難しい部分もあるようです。
眼科に強い獣医さんでは
ワクチンを打ちに来た時などに偶然発見して
早期発見につながったというケースもあるけど
実際に早期発見は出来てない場合も多い。
だから許されるわけじゃないけど
飼い主さんの早期発見につながればいいなと思います。
思い当たる節があって
検査に行ってみようかなと思えたら
どちらにしても安心は買えるだろうし。
早期発見してても結果は変わらないかもしれない。
そういう可能性も秘めた病気です。
でも選択肢が増えて
頑張ることが出来る。
飼い主さんが選ぶことができる。
してあげたいと思う事が出来ますから。
自分で書いてて
あまりの情けなさにがっくりでしたけど。

>琥珀さんへ
琥珀さん、嬉しかったです。
こんなことを言ったらまた怒られるだろうけど。
やっぱり嬉しかったです。
落ち込む権利はないと言われても
落ち込むものは落ち込んだりするし。
琥珀さんのコメントは同じで
気付かなかったことを認めあうわけじゃないけど
何より辛い過去をカミングアウトしてまで
コメントしてくださったこと
悲しかったです。
でも本当に嬉しかった。
ありがとうございます。
ワンコさん巨大化してるようですね。
破壊王は参ります。
クロミでもうお腹いっぱいです。
網戸も片方はまだ壊れたままです…。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
ミクボスさん

眼科、今思い出しました!!
家の近所にある、ファーブル動物病院
http://www5.ocn.ne.jp/~fabre/
こちらは、眼科でかなり有名らしいです。
滋賀からはちょっと距離もありますが、今は第二京阪も出来てるので
そう時間はかからないはずです。

私はこの病気の事については良く知らないので
病気については、何の助言も出来なくてごめんなさい。

ただ知り合いに、同じダックスちゃんで目の見えない子を飼ってる方が居るので
目の為にしている事(サプリや食事)、一度聞いてみますね。
No title
初めまして、かな?

うちのワンコの「はな」も元保護犬ということで
ミクボスさんちのワンコの幸せ報告を
いつも楽しみにしています。

マルちゃんはミクボスさんが笑顔でいつも
そばにいてくれるのが一番幸せなんだと思います。
もちろん、だんな様、ミクちゃんも、
ミクボスさんちみんなが、優しい気持ちで過ごせるのが
一番ですよね。
ワンコはその場の空気を読み取って
一緒に笑ったり、落ち込んだり、不安を感じたり
とってもデリケートですよね。
できたら、みんなでワイワイ
楽しく過ごすことが一番の薬だと・・・・

保護犬のお世話、ホント大変だと思います。
私はこの仔一頭でも、バタバタしてしまいます。
どうか、無理せずに。
また、幸せ報告たのしみにしております。
No title
なんだか読んでいて「もういいから、もう充分だから・・」
心がえぐられる感じで涙が止まらなかった。

色々な考えの人間がいるので賛否両論あると思います。

何が正しくて何が悪いのか・・・?

マルちゃんの目のことは残念な結果になってしまったのは事実。
でも誰よりもマルちゃんを可愛がっているミクボスさん自身が一番悲しんでいるし自分を責めてるはずです。

もう成人ですが息子達に小さい頃から「自分がイヤなことは人にもするな。」と育てました。

相手の顔を見ながらの会話と見えない相手の文章とでは受け取るニュアンスも変わりますからね。
自分の意見を言うのも大切かもしれませんが相手の気持ちも考えましょうよ。
言葉も人を傷つけるには充分な武器になりますから・・・。

気付きたかった・・・

この一言が全てのような気がします。

毎日一緒にいるミクボスさんから見て
マルちゃん自身がいつも変わらず楽しそうにしてればそれでいいと思います。

マルちゃんの飼い主はミクボスさんですもん!
現実は変えることはできないけれど今後をいかに過ごすかが大切です。

素敵な旦那様、ミク姫、あくびままさんや他のお友達
周りには力強い味方がミクボスさんを支えているから大丈夫!

大好きな飼い主さんが悲しんでいるのを犬は感じ取りますよね。
マルちゃんの笑顔を曇らせない為に頑張って!!
















No title
”気づきたかった”…
我が家のあいもそうです。
前兆やあいからのサインがあったのだろうか…

戻せるものなら時間を取り戻したい…何度そう思ったことか…
しかし、落ち込んでばかりいるよりも
これから先何がしてあげれるだろうかと思うようにしています

今は両目とも失明してしまいましたが
見えてるときと同じくらいにお散歩のときもすたすたと歩きますし
アイコンタクトも同じようにとれます。

今は定期的に眼圧を測ってもらうようにしています。
私の場合眼科専門の獣医ではないのですが…
今の状態が悪くなればミクボスさんに獣医さんを教えていただこうかな
と思っております

そして、今はただ、あいが快適に暮らせるように
気をつけてあげようと。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
改めて感じること
ここに来られる人たちの中には、大なり小なり犬育てに自信がない部分を抱えている人が居ると思います。

私はその中の一人。不安だらけの毎日・・・「噛み」について本当に悩んでましたから、ミクボスさんの書いていることで変な自信を取り戻せました。肩の力が抜けて、自分ちのワンコがますます大好きになりました。

今回の記事は、傷口から血を流しながら、その血で書いたような記事になっています。ミクボスさんにしか書けない。絶対この記事を目にして病院に検査に行くワンちゃんが居るはずです。
私は、病名すら知らなかった。
前も書きましたが、会社の人のMダックスちゃんは完全に視力がなくソファーに乗れなくなり白内障が出てから病院に行ってますので、もしかしたら網膜変性症だった可能性があります。
10キロあったそうです。一度会いましたが、ミニチュアじゃないやん。と思ったくらいです。

ここは里親さんを探すブログですが、里親さんを探すだけのブログではない、とても意味のあるブログです。
心も体もしんどい状態で、書いてくれてありがとうございました。。。。

追加:マンソンさんとサファイアさんが同一犬には見えませんでした。。雰囲気が全然違うのですもん。マンソンさんの検査も気になります。
* 口コミ情報 *
ミクボスさん! 眼科主体の栗東動物病院をご存知ですか?  詳細はこちら・・・

* 栗東動物病院 * 栗東市中沢3丁目4-7 (栗東インター出口すぐ)
             tel  077-552-8001
  
  犬・猫・鳥の他、フェレット等エキゾチックアニマルの診察をされてる病院です。
  
少し遠いですが、すごく親切な対応・診察をして下さるので、もし必要であれば診察してもらって下さい。必要でなければ、この病院の名前だけでも片隅に覚えておくのもいいかな・・・
これは、実際に我が愛犬がお世話になってるのでご安心を・・・

これだけたくさんの人達がブログを読んでるから、絶対何か情報がゲットできるよ!!
No title
はじめまして。
初コメントです。
マルちゃんのことは残念でしたね。飼い主が不安になったり落ち込んだりすると、まるちゃん心配してしまうと思うので、今まで通りの生活をさせてあげてくださいね。

私は2年前に私の愛犬を亡くしました。
耳の中にできものができ、手術、点滴、注射など治すために最大限の努力をしました。まったく治らないので何件も病院を回り、情報をかきあつめました。
日に日にできものはわるくなり、血がしたたり落ち肉が見える状態で毎日血の水ぶくれのようなものができ破裂をしひどい状態でした。
最終的に、ある病院で扁平表皮ガンであるとしんだんされました。
私はそれまで病気であることは分かっていたのですが、何度も手術をし注射をし本当に痛い思いをさせてしまって落ち込みました。

失明していることがわかっても結果はいっしょですよ。多分。
落ち込みます。なんでって思います。

アイコンタクトしてたか疑問とか訳わからないこと言っている人たちはさて置いて、ぜひマルちゃんの普通通りのママでいてあげてください。

なってしまったからってネガティブでいても何もいいことはないですよ。

人間は自分の病気すらわからない時が多々あります。完璧な人間はわからない事はないんでしょうけど。笑

最後にいつも本当に殺されていく命を救ってくれてありがとうございます。

私も何かマルちゃんのことで情報があればまたコメントさせていただきます。
ミクボスちゃんは、わたしの尊敬する保護主であり
今では大切なお友達です。

意見も色々とあると思います。

でも今は、ミクボスちゃんをパソコンに向かわせるのではなく
心穏やかに、マルちゃんと向かい会う時間をつくってほしい。

言いたいことを
ちょっと我慢して
そんな時間をつくってあげませんか?

小さなお子さんもいる。
保護してる子もいる。

大変だと思います。

ちょっとした優しさで、
ミクボスちゃんの心も穏やかになるはずです。

愛犬家なら
マルちゃんの気持ちを優先してあげましょう。

優しく微笑むママと
家族と
楽しい時間を過ごしたいはずです。

ミクボスちゃんの気持ちを揺さ振るのは、しばらく辞めにしませんか?
>チロリアンさんへ
あはははは。
ありがとうございます。
実は網膜変性がわかったのは
栗東動物病院さんなんですよ。
家族総出で月曜日に検査に行ってきたばっかりです。
先生に聞いたらわかるかも?というくらいに最近の話。
丁寧な先生で検査に飽きて
ミクが暴れるわうるさいわ…なんですけど
細かく説明してくださいました。
いい先生ですよね。
かかりつけの獣医さんにもすすめられたんです。
とてもいい先生だって。
これからもお世話になると思います。
なんとか緑内障だけは!!という思いです。
本当にたくさんの方が情報を集めてくださっていて
とても幸せな気持ちです。
ありがとうございます。
No title
昨日は非公開でコメント書かせていただきました。。それは私は実の
息子の目の病気に気づくのが遅くてはずかしいなんて思ったから。。
でも、ミクボスさんがこんなに非難されて 非公開なんてしてる場合じゃないって思いました! 息子でも 気づかない愚かな母がここにいます!!
網膜はく離で見にくいのをただの近眼で見にくいんだと思い込んでいた!! 今までになった病気ならあれ?って思うけど 初めてのことは
わからないです。。。。
ましてやゆるやかに進行した犬の病気ではわからないのあたりまえです!!
この間マルちゃん見た時も私もまったくそんな風には見えませんでした
から。。。
ここにはたくさんミクボスさんのお友達が応援してます。 私もその一人です!!
いつもたのしくブログ拝見してますから がんばってね!!
わんこは?
わんこはどう思ってるのか、どう感じてるのは厳密にはわからない。愛情いっぱいや思いやるあたたかい心で一緒に生きていくんだとおもいます。人間界が常識としている事が一番とは限らないかもしれないと。理路整然とした人間界の常識はわんこにとって幸せなのかも現実わからない。勝手な人間の解釈かも。でも、人間の愛情が、わんこに感じてもらえてると嬉しい。人間はコトバがあるけど完全なる意思の疎通は困難です。わんこが一番な思いは伝わらないと意味をなさない事と思いました。   きっと、 しかめっ面顔より笑顔のほうがわんこは嬉しいと。
もう傷つかないで
ミクボスさん今晩は。2度目のコメントです。(もちろん毎日見てますよ。)今回の件でミクボスさんがマルちゃんのことでどれだけ傷つきショックをうけ、あせっていらっしゃるか私にはひしひしと伝わってきました。それにご自分のプライドも捨ててさらけだして、もうじゅうぶんじゃないですか、ミクボスさんにここまで書かせてはダメですよね、ほんとは。辛いです。いろんな意見があるとおもいますが、私はミクボスさんの保護犬に対してのスタンスが好きです。その活動さえ自信をなくしてしまうんじゃないかと心配です。いままでどれだけの犬達をしあわせに導いてきたか・・・。誰でもが出来ることじゃありません、あなたは命を守るという人として一番大事なことをなさっているのですからね。すみませんえらそうに。ミクボスファンは多いですよ。何よりここでいろいろ批判しあうのはマルちゃん本人(犬)が一番辛いと思います。今の世の中ひどい人間が多いなか、少なくともここで意見を言いあった方たちは犬のことを真剣に考え大事に思ってる共通の気持ちをもった方たちだと信じています。静かにミクボスさん、マルちゃんをはじめ、保護犬達を見守っていきませんか、何もしていない私がすみません。マルチャンが穏やかに暮らせるよう祈っています。
No title
こんばんは。
以前、マルちゃんの避妊手術をしますの記事に、「縫合糸に注意してください」と免疫性縫合糸肉芽腫の事をコメント入れさせていただいた者です。←さりげなくココでもアピールしております(*^-^*)ゞ

マルちゃん笑っているんですね!(いっぱい♪)
可愛いあまえたちゃんなんですね!
そうですか~今回の病気以外、何も変わっていないようにお見受けします。

私たち人間は・・いや自分ですね!愛想笑いも多々するし、他人に映る自分をいつも意識して表情作ったり行動しています。(自分に疲れます)
我家にもダックスが家族がいるのですが、ワンコは実に素直だなって。
愛情が互いに深まるとより強くそう思いますね。
私のように作り笑顔はしませんし。(笑)

楽しく家族が笑っている空気間は何よりも得がたいもので、それってワンコの表情にも反映してますよね。 家族仲良く、笑い声が響く家庭はミクボスさん最高ですってば!(なれなれしくすみません。)

ミクボスさんが発信してくださった網膜変性症。
ブログ巡りしていて、おや?と感じるワンコさんを見かけたら勇気を出して(不安を軽減できるような書き方を心がけ)声掛けしたいと思います。  微力でも誰かのチカラになれたらいいなぁと。

病院にもご家族で参るミクボスさんたちです。
マルちゃんもピノちゃんも幸せワンコだと私は心から思います。
保護ワンコさんたちにも幸せな家族と巡り会えるよう陰ながらで申し訳ありませんが応援しています♪

マルちゃんおだいじに・・・。
一応私の飲み屋は営業中で合間ぬって調べたので完璧じゃないですが、携帯とお客様情報でマルちゃんの目の病気を遅らせるサプリを調べたよ!たぶん皆様の常識だと思うのでよりつっこんだ深い常識を書きこんでください。ルティン‥とても網膜に良く、白内障予防に有効だが犬の臨床はまだ。でも担当の獣医さんにOKがでたなら、ブルーベリーより強いビルベリー入りルティンサプリが楽天で一ヶ月分2040円でした。送料あるからあくまで目安で。プロアントゾンは高いからDHAでもって。抗酸化作用のリコピン含むトマトやビタミンE含むかぼちゃやブロッコリーがって言うけど分量やアレルギーもあるから知ってる人はツッコミ&補足をお願いします。私のクズ情報を踏み台に、経験談を教えて下さい。私も非力&無知ながら頑張って調べますので。皆さん、色々教えて下さい。
もしかしたら
気付かせたくなかった…

のかも知れません。
ミクボスさんを信頼するマルちゃんは普段通り生活することでミクボスさんを不安にさせたり迷惑をかけたりしたくなかったのかも知れません。

ワンコって自分が病気になることより飼い主に心配をかけることがよっぽど辛いことなんだと思います。

マルちゃんは今ミクボスさんのそばで幸せだと思います。
家族の笑い声、家族の匂い、一緒に眠ること、みんながそばにいること、それで充分だと思います。

だからもう泣かないで下さい。
マルちゃんに笑い声で安心させて下さい。

私達が犬を幸せにしてあげたいと思っている以上に犬は飼い主に幸せでいて欲しいと願っているんです。

幸せにしてあげているつもりが実は幸せにしてもらっていた…

だからミクボスさんが幸せならマルちゃんも幸せです。
全力で応援しています!
行き場の無い気持ちで、どんなに傷ついたことでしょう
それなのに
満身創痍でブログを更新して下さっているのに
毎日読ませて頂いています
時には感動の涙で文章が読めなくなります
今回も
その心痛が我が事のように胸を締め付け
嗚咽を噛みしめながら読みました
私の弟夫婦が子供のように可愛がっているMダックスも
同じ網膜変性症で見えなくなりました
東京に住んでる時に
通っていた病院の医師に勧められ
人間ドックならぬドックドック(精密検査)を受けて
初めて分かりました
日常生活では全く気付く事が出来なかったです
私も、何度もその子を預かった事があるけど
全く分からなかったです。
ミクボスさま
育児も保護活動も日常の家事も全てこなされ、
そして大人気「最後のラブレター」を書いてくださって
心より尊敬しています
皆さんのおっしゃるように
満身創痍でパソコンに向かうより
ミクボスさんの笑顔を愛する家族に向けて欲しいです
でも、時々は、
ワンコ依存症の私や全国のフアンに
メッセージを頂けたら・・・と思います
お身体を大切に
どうか、くれぐれもご自愛くださいますように
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
うちのワンコもはじめ見た時ビー玉のような目をしていて綺麗だね!と思っているくらいでしたが初めての健康診断で網膜変形だと言われました。
まだ治療の必要はないとの事で能天気に安心してましたが、時々獣医さんに確認したほうがいいのかもとミクボスさんのブログを見て思いました。

色々な病気がありますが、1匹で飼っていて、気を付けて見ている人でも気が付かなかったって事あると思うんです。

これからもミクボスさんが元気に笑っていられる事がマルちゃんの幸せだと思います。

嫌なことは溜めないで、どばーっと吐いちゃってすっきりして下さいね!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ミクボス☆プロフィール

ミクボス

Author:ミクボス
保護ボラを数年間後グダグダにて現在に至る。
自分に出来る事を迷走中…。
小2の娘と犬たちとの生活。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ミクボス家出身・保護犬の里親さんブログ
ボランティアさんのサイト&ブログ一覧
いつでも里親募集中
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。