*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マルのビー玉みたいな瞳。(パテラについても少し)
網膜変性症という病気の中には
どうやらいろいろなタイプがあるようで
マルの場合は
色素上皮変性症というようです。

網膜変性症っていうのは
いくつかの網膜の疾患の総称なのかな??

今、この疾患であることがわかってから
ネット検索すると
該当することが多々あります。

その中のひとつに
ビー玉みたいにきれいな瞳というのがあります。

これはつまり単純に
瞳孔が開いてくるからです。
マルはすでに末期の状態ですので
瞳孔がほぼ開きっぱなし。
ですのでビー玉みたいに見えるのです。

見えなくなるにつれて
瞳孔の開きが大きくなっていくんだと思います。
というより瞳孔の収縮が出来なくなっていく。

わかりにくいかもしれませんが
眼がありますよね。
ぱーっと見て
一番内側に黒い円(黒目?)がありますよね?
そして、その外側が茶色くなっていると思うんですが
瞳孔が開いてる状態になると
この黒目部分が限りなく大きくなっているんです

マルの場合は
この黒目が目の全体を占めている状態であることが多いです。
今はまだ光を感知できているので
人工的な光を意図的に当てることで
瞳孔を収縮させています。
これがマルのリハビリ的なものと言えます。

ビー玉のような瞳。
見えなくなっているらしいと聞けば
目をよく見ますし
自分の犬が瞳孔の開いていない状態であれば
違和感を感じるのだと思います。

この瞳孔の開きも少しづつ大きくなる場合は
毎日の生活の中で見慣れてしまって
気付くのが遅くなるということに繋がるのだと思います。

じっと見て
他の犬と眼球を見比べていたらと
今になって思います。

見えない・見えないようだ。
ということを聞いてからマルを見たり、
調べた時には
実際に症状はすでに出ているので
あれもそうだったのではないか?と思うはずです。
実際、マルの場合は末期ですので
症状はすでに出ている状態。
ビー玉に見えても不思議はない。

私も今は検索して
肥満もそうかも
ビー玉みたいなのもそうだ
散歩拒否もあった。
実際に症状は出てるので
後付けでは納得することばかりです。

ただこのビー玉のような目になってる頃には
おそらく末期に近い可能性もあるのでは?
ちょっとビー玉っぽい…くらいで気付かないとなぁと思います。

ちなみに夜は
瞳孔が開いている部分や時間が多いので
遠目などでは光って見えることがあるようです。
ゲージなどで寝ている犬だとわかりやすいかも。

私のように
さぁ寝るよーと電気を消して
一緒に歩いて移動し
そのまま布団にもぐりこんでいては
犬も飼い主もほぼ同じタイミングで寝てしまうし
遠くから見ることがないので
余計に気付くのが難しいかもしれません。

早期発見って難しいなと改めて感じました。
でも今
このブログを読んでいる人は
きっと気になって眼球のチェックをするだろうし
1頭だとわかりにくいけど
2頭飼ってる人は比べたり出来ると思います。

それから今回怖いなと感じたことは
マルは今、網膜変性の末期で
白内障の初期にあたります。

この病気の厄介なことは
もうすでに失明しているにも関わらず
網膜がダメになっていくことで
白内障や緑内障の合併症を引き起こすことです。

白内障に関しては
もうすでに見た目の問題であることが多く
すでに見えてないのに手術の必要もなく
痛みもないので
正直どうちらでもいい…という部分があります。
ただしその先の緑内障に関しては
眼圧が上がっていくことで
目が腫れて痛みを伴い
目が飛び出したりして
シリコンを入れることになったり
眼球摘出という事態になります。

私は網膜変性という病気に
末期まで気付かなかったわけですが
もしまだ気付いていなかったら
白内障が始まってるので
さすがに白内障は見た目が白くなるから気付くわけで
その時に獣医さんに行ったら
白内障と診断される可能性があると思います。

ということは
網膜変性に気付く事なく
白内障まで進行していった場合
きっと診断は白内障になる。

例えばあと1年気付かなくて
白内障だと言われたら
早い白内障だと思ったかもしれません。
別に失明という点では同じなのですが
白内障は手術が出来るんです。

そして疑問。
さすがに白内障の手術をするとしたら
検査をみっちりするだろうから
その時に網膜変性であることはわかるのかな?
わからなかったら
白内障の手術をしたって目は見えないわけで。

それに
白内障から緑内障ってステップアップするのかな?

網膜変性の場合は
白内障の次に緑内障になってしまう可能性が高いので
なんとか白内障で止めましょう!
みたいな傾向があるようなんですが
単に白内障だと思っていたら
緑内障のことを考えないかもしれない。

とか考えていたら
マルはまだ網膜変性ってわかる段階で
tiaraママちゃんに気付いてもらえてよかったと
心から思った。

白内障は年をとれば珍しくないし
ちょっと早い白内障とか思ってたら
えらい間違いってことになってしまう。

根本の病気がわからないんだから。

このあたりのことを
今度は獣医さんで確認してこようかな。
知ってる人いないかな?
ネット検索してても
専門用語がいっぱいでわかりにくい…。

まずもって
ダックスに多い疾患でありながら
網膜変性って疾患を知らなかったから
今になって調べて
ああー!って思う。

お友達に
そういやゴーグルはめてる犬に
ダックス率が高い気がするって言われたけど。
失明するダックスが多いなら納得。
特に網膜変性の場合、
失明は免れないことが多く
早期発見の場合なら少しでも見える時間を延ばしたり
緑内障予防が最終目標なんだと思いますから
ゴーグルも必要不可欠。

こんな風に
今思えば…ってことだらけなんですが
この情報を役立ててもらえたらいいなと思います。

多分、飼い主さんは気付きにくいと思います。
徐々に進行する場合は特に。
ビー玉であることにも見慣れがちだし。

ですので、知り合いのワンコさんを見て
あれ?と思われた方は
勇気を出して伝えることも必要かなと。

飼い主さんは
まさか!と思うか
言われてみれば…と思うかはわからないけど。

ビー玉みたいにきれいと言われたら気をつけて。
と書いてあっても
網膜変性という病気を調べるからこそ辿りつく話。
まずはこの病気を知らないとわからない。

早期発見の難しさでもあると思います。
無知が罪ということなのでしょうが

実際、パテラですら知らない人も多い。
正式には膝蓋骨脱臼。
内方脱臼と外方脱臼があります。
膝の関節が内側に外れるか外側に外れるかの違い。
うちの犬、ガニ股歩きで可愛い・面白いと思ってしまっている
そんな飼い主さんもいると思います。
パテラも痛みがなければ
ごく普通に生活します。
ジャンプしたり、走ったりします。
なんだか大股開きで歩いていたり
時々ヨガみたいなポーズを取ってみたり
(後ろ足をピーンと伸ばします)
症状はあるのですが
生まれつきの場合も多いし
わかりにくいかもしれません。
毛が長い犬だと後ろ姿がフサフサだったりするし。

小型犬には珍しくないので
獣医さんによっては軽度や痛みがないと
とりたてて何も言わない場合もあります。
(診察しない場合もある)
「パテラじゃないですか?」と
こちらから聞けば
膝が外れるかどうか教えてくれるんですけど。
ちなみにワタシが保護した犬の大半が
パテラです。
パテラじゃない犬に当たるほうが珍しいです。


定期健診に行ってても
どこまでの検査をしてるかどうかはそれぞれなので
よく確認してくださいね。
後ろから見て
なんとなく足が開いてたり
内側に入ってたら診察してもらった方がいいと思います。
ケアも必要なので。
ちなみにグレードは4段階みたいです。
3-4が重度に入るかな。
手術も必要と診断されるケースがあります。
獣医さんによって見解は様々です。

というわけで
目やら膝やら…。
チェックのやり方って意外とわからないですよね。
自分で書いてて思いました。

病名の説明は簡単に調べられるんだけど
実際どういうこと?ということが多いというか
素人には難しい説明が多数のような気がします。

私なりにわかりやすく説明しました。

そういえば昨日、網膜変性・犬って検索したら
自分のブログがヒットするようになってた。
良かった。
もし気になって調べた人がいて
役立ったらいいなーと思いました。
これからも見えないけど楽しく暮そうとか
ケアの方法とか
前向きになろう!と思える記事を
保護犬の間にでも書けたらいいなと思いました。

今日の夕方あたりからは
またいつものような記事でお送りする予定です☆

たくさんの応援に励まされました。
ありがとうございます。

自分の飼犬の目に気付かなかった人が
保護主ってどうなの?
保護される犬がかわいそう、というコメントもあり
そりゃそうだな…と思う気持ちがあります。
終止符を打とうかなという思いも正直あります。

飼い主として
保護主として
ダメダメだなと。

ただ今はまだ保護犬が家に住んでいるし
やめるにやめれない…。
保護すると決めてた約束もあるし。

そんな心境です。
こんな私に呆れないでいてくださる方
これからもどうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
ミクボスさん本当いつも尊敬しています
これからも応援してますね☆
No title
こんにちは☆
うちの子もパテラです
飼い始めの小さい頃は結構びっこひいていましたが
最近は筋肉がすごくついたので
びっこは見られなくなりました
獣医に相談してもX線をとってたいていは手術になるので相談はしませんでした
No title
マルちゃんの目が見えなくなってしまったのは事実ですが
保護主失格とまで言うのは変ですよね。

ミクボスさんの文面は楽しさに満ち溢れていて一歩間違ったら
ふざけてる!と取る方もいらっしゃるでしょう。

保護主ブログはお涙頂戴の悲壮感漂うブログでなきゃいけないのかな?

どう過ごしてきた素姓のわからない犬や色々なトラウマを持った犬を保護するって怖いと思いますよ。

噛むとか疾患を持ってるとか・・・

ただ可哀想だからと生半可な気持ちで保護活動はできないと思います。

家族の協力も必要でしょうし色々生活にリスクもあるでしょう。

正直、私には無理です。

だからこそ保護主失格なんて軽はずみな発言はできません。

本人にしかわからないご苦労もあると思いますが
あえて面白おかしいブログにしてるミクボスさん・・・

そんな人が弱音を吐く時だってありますよ。

色んな人がいて色んな考えを持っている
そこに感情が入るからそれがまた厄介なわけで・・・

人は誰しも大なり小なり過ちを犯します。

これをバネにミクボスさんの保護活動で飼い主に捨てられた
犬達を救い続けてくださいね。

またいつもの最後のラブレターに戻ること切に願います。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
みんなでステップアップ
今日の記事、書くのもつらかったと思います。
でも、こうしてミクボスさんが自分の体験を率直に語っていただくことで、
きっと何匹かのワンちゃんが助かる可能性を広げていると思います。

もちろん批判はあるでしょうが、ここから始まり広がっていくことも絶対たくさんあるはずだし、今後気づいてあげれる飼い主さんもでてくるはず・・

気づかなかったことがいけなかったとか、しょうがなかったとか
それをみんなで話すよりも、一匹でもワンちゃんが病気を早期発見できるように、前向きな話を語り合えたらな~と思います!

どの人も犬が好きだから、ここをのぞいているんだしね。

あ、あたしは 裸族の姫、ミクちゃんファンですけどね

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
マルありがとう
うちの子達目のチェックをしました。

一応大丈夫だと思います。

きっとマルとミクボスさんの記事の
おかげで調べている人がたくさん
いらっしゃると思います。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
初めまして
岐阜県に住む主婦です。
ミクボスさんのブログを毎日読ませて頂いて
7日のともnetさんの譲渡会にとっても行きたかったのですが
(ミクボスさんやあくびママさんにお会いしたかったのです)
運転が下手なので断念しました。
ミクボスさんの
『こんな時にだけコメント入れないで欲しい』って言葉で
コメントを遠慮していましたが、
少しでも参考になれば、って思いコメントさせて頂きます

マルちゃんの目は本当に辛いですね
これからのケアーも大変だと思います
金銭的にも‥
見つけて上げられなかった事での「ダメ飼い主」
そんな事は思う必要は有りません
きっと、(飼い主が見落とすなんて!とか笑っていて可愛そうとか)
色々コメントされている方も見つけられないと思うから‥。

前書きが長くなりましたが、
眼科専門をお探しとの事
可児市に〈おおた動物病院)我が家の掛かり付けの先生より
紹介されそこに掛かり手術をしました
2月に新しく長久手の方に開院され眼科専門です
(動物眼科センター)(完全予約制)
5月に半年検診に行きましたが、ダックスくんが来ていました
我が家はあくびママさんが好きなAコッカーですが
昨年、若年性白内障と診断され、
(病院で泣いてしまうヘタレな飼い主です)
この病院を紹介され手術に至ったのですが
右片目で、35万治療費が掛かっています
左目も白内障ですが、我が家で出せる金額は、これが精一杯!
手術すれば、治る病気も治してあげられないのは、
本当に、悔しいです。
(誰かさんに言わせれば最低の飼い主!)
(言うのは簡単ですからね。可愛そうと思うなら、治療費を出して下さい
って言いたいですね)

そして、白内障から緑内障、ドライアイ、同じように
併発する可能性も有ります(手術しても)
ミクボスさんが選択される治療にマルちゃんは、充分満足だと
思います。(私が犬だったら、そうおもいますから(笑
子育てしながらのボラ活動
なかなか出来ない事です。
頑張って下さいね しか言えない自分が恥ずかしいです。
ご縁が有りましたら、お会いしたいですね





No title
犬の目の異変に気付けない人は飼い主失格なら 息子の目の異変に
気づかない私は母親失格ですなi-229
おまけに私、自分が両足 半月板損傷で それにも初め気付かなかった
もう人間失格か(笑)(笑)
まあいいや!! それでも楽しく暮らしてますよi-236
ミクボスさん やめるなんて言わないでくださいね~~!!
いつもこのブログ楽しみにしてるんですからねwwi-237
No title
初めてコメントさせて頂きます。
犬飼い歴と~ても長く・多頭飼いも長いです。過去(年月は違いますが)
保健所から3匹頂きました。 が・ 然し何故かその3匹とも考えられない
状態で1週間位で盗まれてしまいました。
神奈川県に生息していますが、里親になる条件が私には厳しくて
高齢者・幼児・先住犬・長留守番不可・!!・・いつ里でミクボスさんを
知りました。 そこで今回の騒動。十人十色 様々ですが、私的に
とても気になった事がありコメさせていただきました。
8月11日>あくびママさんへのコメで・今後ミクボスさんに関する犬達が
不幸な思いをしないですむようにと願う・・
えっ!不幸な思い・不幸な思いって 殺処分される以上に不幸な事って
あるのかしら? 命を救えばなんでも許されるのかって反論される
かもしれないけど、ほーちゃんだって、耳を尻尾を切られ激しいトラウマ
にあっても殺されず生きていける、やさしい飼い主も探してもらえた。
全て・全てミクボスさんの様な献身的なボラさん達があるからこそです。
不幸な思いでは無く、ミクボスさん 貴女に関する犬達がすべて幸福な思いをする様に願っています。 今までのスタンスであくびママさんはじめ良いお仲間で幸せ探しをして下さいね。
長文になって御免なさい。も一つ・マルチャンの目のことの発信は
大変参考になります。 ブログ人気No1であるからこそ参考に出来る人がふえると思います、私のワンも購入後「色素が薄いので繁殖犬に
なりません」と言われ・金色っぽい目の色で「奇麗な目」と言われ続けて
おりますが早速検査に行こうと思いました。 マルチャン 頑張ろうね。
・・ミク姫 フアンです。 写真 目をほそーーくしてみえないかな~と
思っています。
No title
はじめまして、何時も楽しく拝見させて頂いてます。マルちゃんのことは何とお声をかけたら良いのか・・・言葉が見つかりません。ただ、マルちゃんは可愛そうでも不憫でもないと思います!だって、ミクボスさんファミリーが全力でマルちゃんを愛し守っておられるからです。それから、またブログを再開されるとのこととても嬉しいです。私は今3ワンズと暮らしております。3ワンズともペットショップ出身です。お恥ずかしい話、この子達を迎える時、里親のことや殺処分される犬のことはあまり知らず2ワンズを迎えました。(3ワンズ目の子は少し違うのですが・・・)その後里親募集のサイトを知り犬達が置かれている悲惨な現実を知りました。その中にペットショップで犬を買う事は悪徳ブリーダの片棒を担いでると書かれてるコメントを見てショックを受けました。でも確かにそうかも知れない・・・そう思うと犬を助けるために日々頑張っておられる保護主さんや預かりさん達とは世界が違うように思え落ち込みました。(今思うと何でやねん犬を愛する思いは私も同じ!何も恥ずかしくはない!と思うのですが)そんな時「最後のラブレター」に出会いました。包み隠さず直球勝負的なブログに癒されました。愛犬のマルちゃん、ビノちゃんもペットショップ出身と堂々と書かれてました。これを見たとき助けられました、いや開き直りました!で、里親になるならミクボスさんの保護犬と心に決めました。だって、ミクボスさんの保護犬達辛かった過去を背おっつた上でそれでもニコニコ笑ってるんですもん。だから、私も癒されてます。ただ、今すぐには無理な環境なので取り合えずすぐに出来ることと思いポチポチ隊に入隊しました。だからこの数日本当に辛く「最後のラブレター」が閉鎖されるのではとハラハラしていました。でも、少し落ち着いてきたようで本当に良かったです。あまりに嬉しかったので思い切ってコメント入れてしまいました。実は私パソコンが苦手で、一人でインターネット見れるようになったのも1年前ぐらいからで見る以外はポチポチすることしか出来ません。このコメも昼一から打ってます。遅過ぎでしょう。なので、あまりコメとか出来ないと思いますがポチポチ隊の一員として応援しておりますので頑張って下さい。最後になりましたがマルちゃんお大事にしてください。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ミクボス☆プロフィール

ミクボス

Author:ミクボス
保護ボラを数年間後グダグダにて現在に至る。
自分に出来る事を迷走中…。
小2の娘と犬たちとの生活。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ミクボス家出身・保護犬の里親さんブログ
ボランティアさんのサイト&ブログ一覧
いつでも里親募集中
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。