*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミクボスの気まぐれ川柳☆第26回 「宝物」
昨夜の
レンとカイからの手紙には
(拍手コメントにて)返事が返ってきました。
読んでくださっていたようです。
内容もご本人に間違いないものでした。
ありがとうございます。

犬語に翻訳して
読んで聞かせてあげられたらと思うのに
残念ながらそんな能力はワタシにはありません。

命の価値観は様々で
時には思いがけない方向に発展するほど
シビアな問題だと思います。

川柳P1240190

衰弱した状態の彼らが
誰に助けられたか
そんなことはきっとわからないだろうけれど

自分たちを見つめる視線の中に
優しく切ない視線があることを
彼らは知っていたと思います。

生き延びようと必死だったのは
恩を仇で返したくなかったからかもしれません。

どこまで強運なんだろう?と思うほどに
命があってからの彼らは
幸せに向かってまっしぐらです。
少しでも道を間違ってしまったら
踏み外していただろうけれど
まるで仕組まれたように
話はとんとんと進み
ワタシのもとへ転がり込んできました。

しかも獣医さんからの依頼という
なんともいえない力強い最強のカードを持って。

悲しいことも
辛い事もたくさんあっただろうけれど
たった一人でも
自分たちを案じてくれる人がいて
心強かったと思います。

すぐに助けるということは
口にするより難しいものだと思います。
自分の生活や諸々の事を捨ててでも
何かのために動くというのは
簡単なことではありません。

現実を知れば知るほど
保護活動は厳しく難しいものだと感じます。
一時の感情で命を救っても
その先がままならなくては意味がない。

保護活動に入り込み過ぎて
家族を失ったというケースはよく耳にします。
ボラで離婚?と思う人もいるだろうけど。

保護で離婚。
言いかえると、命で離婚なんです。
命の価値観はそれほどシビア。

人間性の全てを疑ってしまうような時
離婚などの絶縁。
起こりうることです。

自分の周りの人間と
命の価値観が合わないのは孤独です。

細かく言えば
ぴったり合う相手なんてそうそういないと思うけれど
せめて
子供の頃にみんな習うこと。

命を大切に。


それくらいの基本はあってほしい。

ワタシも自分の命を粗末に扱い
また命を粗末に扱われた経験があります。
そして命を粗末にしたことも。
許されないことだからこそ
ミクには伝えたいと思っています。

詳しい事を言えなくてもいい。
命の大切さを語ったり説明なんて出来なくてもいい。
原稿用紙になんて書けなくてもいい。
ただ漠然とでかまわない。
命が大切に出来る子であってほしい。

自分が助けられなくても
胸が痛み
悲しみにやりきれなくなる。
そしてもしも助けられるのなら
精一杯慈しむことが出来る。
そんな子に育ってほしい。

助けられないから興味なしではなくて。
割り切る事も時には必要だけど
命がなくなることに慣れないでほしい。
無数に命があり
無数に命が消えてるのが現実でも
おなじ命はないのだから
やっぱり胸がぎゅっとなる子であって欲しい。

周りの人間が
違う価値観を持っていても
流されず
どんな時代でも正しいことだけは間違わない。

元気な2人を遠くから見るコトができ
自分のしたコトが無駄でゎなかったと
本当に心から本当に心から嬉しく思ぃ
また感謝の気持ちでいっぱぃです


無駄なわけがないんです。
あなたがいなかったら
こんな2匹に会える事はなかったんだから。

みんなどこで間違えてしまうんだろう。
幼稚園や保育園。
セオリーみたいに

命を大切に。

この言葉の意味が本当にわかる人間が
少なくなっていってしまって
机上の空論みたいになってしまってるのかな。

とかいいつつ
ゴキブリとか蚊とかの命を大切に出来ないから
ワタシもダメなんだよなぁ…。
地球規模の生態系の問題もあるし
深すぎる…。

でもまぁとりあえず
自分の周りの命は大切にしたいものです。

そういうのが広まれば
小さな輪っかが集まっるみたいに
全部大切になるんだから。

だから幼稚園に入ったら
ミクが周りの命を大切にして
ミクのお友達も周りの命を大切にして
そうしたらきっと
ミクの命も誰かに大切にしてもらえるのにな。

そういう明るい未来がいい。

なんだか珍しく憂いてしまいましたが
レンとカイを見守ってくれていた人に
彼らの元気な姿をお届けすることが出来ました。
ブログやってて良かったなーと改めて思ってます。

2匹が幸せな未来を歩けますように。
救われた命が輝きつづけるように
応援のポチポチっとお願いします☆


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
>非公開さんへ
カイとレンは確かにラッキーだったけど
最終的な話なだけで
どれだけ苦痛を味わったんだろう。
それほどの地獄を見たんだろうと思います。
いつも明るくて
そんな姿は微塵も感じさせないけど
本当に悲しかったんだろうと思います。
命に対して後悔していない人っているんですかね?
多かれ少なかれ、傷を持ってるもんだと思ってます。
自分の命・他人の命…。
責めても仕方ないけど
責めながらでも前に向かって歩かなければと思います。
マルを飼った理由を話せば
たいていの人が引きます。
ワタシは気にしてないけどネタが重いからなと思います。
同じような悩みを抱えてる人もいると思います。
カイとレンはもう十分すぎるくらいに
苦行を終えたと思うので
これからは幸せにだけなってほしいと思います。
可愛いですよねー2匹☆

>非公開さんへ
わかります。
ヤンキー先生が親学が必要って言ってたけど
必要だろ?って思うこと多いです。
ワタシもダメ親だけど
その私が見てもダメだ!って思う親って普通にいるし。
カイとレンの元飼い主にも子供がいたんですが
いやー…余計なお世話だけど将来が心配になりました。
親がうるさいから
教育する立場の人間も中途半端だし
なんだかなぁって思います。
ミクはこんなんだけど ←あんまり立派ではないので残念。
とりあえず優しく育って欲しいです。
最近買い物してると
『ママ、おかねー』って言うのが嫌です…。
ワタシの顔が小銭に見えるんでしょうか?
せめて札束に見えてほしいです。
>非公開さんへ
ありがとうございます!
2匹をそんなに気にかけていただいて嬉しいです。
どこかで気にかけていますということを知ると
きっと表に出てきてない何倍かの人間が
前向きに考えてくれてる気がして
なんだか勇気が出てきます☆
以前、岩手にトイプー2匹譲渡したんですが
それはもう幸せに暮らしていて
遠方の方はリスクもあるけど
それでも迎えたい!って方の覚悟はすさまじいものがあるので
そういう意味では安心だなって思います。
どこに行っても幸せになってくれればそれでいい。
譲渡会で頑張ります。
カイとレンはフレンドリーなので
譲渡会では得なタイプだと思います。
レンなんて誰にでも愛想いいんで。
>非公開さんへ
保護とか命の価値観って難しいと思います。
うちはよく旦那があきらめてる?我慢してる?
って思いますね。
何もしないけど、受け入れてる?のがありがたい。
しかもたまにボラに参加してるし。
しかも時々手柄だけ横取りすることがあるけど…。
うちの旦那は猫だったら拾わない!と言い切ってるので
猫のときは…貸しを作ってるボラさんちの玄関に捨てに行きます。
ボラでも何でも出来るわけではないので。
制限がつきものです。
里親になろうとしてくださる家族でも
家族の人数が増えるとなかなか一致しないし。
いろいろありますよね。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ミクボス☆プロフィール

ミクボス

Author:ミクボス
保護ボラを数年間後グダグダにて現在に至る。
自分に出来る事を迷走中…。
小2の娘と犬たちとの生活。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ミクボス家出身・保護犬の里親さんブログ
ボランティアさんのサイト&ブログ一覧
いつでも里親募集中
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。