*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミクボス家のマルとピノの仔犬時代を思い出してみるの巻。
本日2回目。

前々から言ってるけど
ミクボス家の飼い犬はどっちもペットショップ。
飼った時には
こんな愛護のことなんてなーんにも知らず
犬はペットショップで買うものだと思ってた。
(特に純血種は金を出して買うものだと理解してた)。

ブリーダーっていう職業もわかってなかったし
ましてや繁殖犬とか
仔犬の親のがどうやって生活してるかなんて
そんなこと頭になんかない。
ショーケースの向こうの仔犬が
可愛くて可愛くてニヤニヤしてるだけの人間でした。
まぁ今も若干変わってないような気もするけど…。

成り行きで個人の犬ボラになってる今。
そりゃもしも今後犬を買うなら里親に…と思うけど
仔犬は可愛いと思う。

こそどろとか
チワックス見てたら
ちょっとうちの犬の仔犬時代も…と思えてきて
写真を引っ張り出してご紹介。
(簡単に見つかったけど)
約4~5年前か…。

仔犬時代IMG_0061

ピノは独身時代に
トイプーとピノを迷ってたワタシ。
絶対にこっちのが可愛い!と旦那が選んだ犬なので
もろに旦那の趣味。

アイスのピノって名前をつけたけど
のちに性格が判明してきて
般若かカゲチヨにすれば良かったと後悔。

仔犬時代IMG_0062

今は美犬といわれるピノ ←可愛いタイプではないらしい。
昔からナマイキでした…。
トイレも悲しいくらい覚えなかった。
でも体力だけはあった。
ピノを先に飼ってたら多頭飼いにはならなかったかも。

仔犬時代IMG_0063

ワタシは白い犬に無意味に憧れていたので
黒は論外だったんだけど
なぜか黒いチワワに…。
あいつ絶対可愛いって!の旦那の押しと
トイプーより安かったので決断。
(恥ずかしいことに多分金額が安かったのは大きい…)
ちなみにピノは売れ残り?というか
兄弟がみんな売約済みになってて
1匹だけ残ると体調が悪くなるので
値下げするし買って欲しいと言われた犬だった。

多分デカくなると言われたけど
そんなにデカくならなかった。
半年以内にチェリーアイで手術したので
値下げの分くらいのお金がとんでったけど。

仔犬時代IMG_0070

関係ないけどワタシ今よりずっと痩せてる…。
ちなみにピノは当時11万円で買いました。
前金を持ってなくて
旦那に1万円借りてそのまま返さなかったため
「俺の犬でもある」と何度も言われた。

仔犬時代IMG_0065

純血種に多大な憧れをいだき
ワン友を無駄に欲しがってたなぁ。
無理して犬好きのたまる公園に
犬が集まる時間を狙ってわざわざ出かけてみたり。
ドッグカフェとかに張り切って言っては
犬連れがまったくいなくて空振りしたり…。

チワワを飼ってるワタシに酔ってた時代…。
かなり恥ずかしいかも。

仔犬時代IMG_0068

いつのまにか5歳近くなって
マルは目が見えなくなってて
ピノはあいかわらずで。

家の中にはありえない位の保護犬がいて。
ワタシいったいなんでこんなことに???と思うし
犬を飼った頃なんて
愛犬家に怒られるような考え持ってた。

でもああいう自分がいて
今の自分がいるのかなとも思う。

独身で犬を飼ったけど
犬がいてくれる家に帰るのが安心であり
楽しみだった。
しつけはダメダメで
世話も適当だったりしたけど
いつもどこでも一緒に連れていってた。

留守番もあったけど
その分、帰ってきたら一緒に寝てたりしてたし。

結婚も出産もしたけど
一緒にいる。

マルとピノのことで結婚もモメたりしたけど
「お前と結婚するんなら
 お前の持ち物(マルとピノ)は一緒に引き受けるしかないだろ。」
と言いきった旦那。

犬と暮したことなんてなかった人が
いまやこんな生活を…。

ちなみにマルは
ご存知ない方もいると思うので再度説明すると。

ワタシ自身はなぜかまったく覚えてないんですが
旦那に
「マルチーズのマルちゃんを買ってくる」
と言ってたらしくて
「犬を買った」と浮かれたメールがきたので
見に行ったら
なぜかそこにはダックスがいて
「ダックスのマルちゃん!」
と言ってたらしい…。
痛すぎる…。

当時ワタシは少々病んでたので ←マジで(笑)。
(周りから病院を勧められてた…)
この記憶がかなり薄く…。
マルチーズにこだわってたことは覚えてるんだけど。
そしてペットショップに
1匹も白い犬がいなかったことも覚えてる。
旦那はマジで「コイツやばい!」と思ったらしい。

そういえば当時
旦那が昔ワタシに言った言葉は

「俺はなぜお前という汚い汚い水を
 必死に必死に何度もろ過してまで
 飲もうとしてるのか自分でもわからない」
だったし…。

え?汚水なのか?

これを何年か後に本人に言ったら
本人は言った事を忘れてたけど
大爆笑しながら

「俺まったくその記憶ないけど
 いやー!昔の俺!正しい!わかる!!!」

……。

仔犬時代IMG_0072

里親になることに条件は必要だと思うけど
やっぱりその人がどういう人なのか
それが一番大切だと思う。

安全パイだから安全とは言い切れないと思うし。


仔犬時代IMG_0073

仔犬に憧れたワタシにとって
成犬でも同じようにと言ってくださる里親さんは
素晴らしいと思います。

ワタシは仔犬から2匹を飼って
ガチャガチャな仔犬時代もあり
落ち着いてきた今
5歳もいいなとか思うけど。
5年前のワタシが里親というシステムを知っていたからと
成犬を飼おうと思ったかはわからない。
知ってても仔犬を買ったかもしれない。

真剣な里親希望者さんを
本当にすごいなと思っています。

ワタシには知識なんてなく
ボラになってから実践の経験しかありません。
でもその経験が誰かの役に経つならと
ブログを続けています。
食糞・噛みつき・威嚇・ビビり・マーキング。
決してめずらしいことじゃない。
同じ悩みの飼い主がいっぱいいる。
そう理解してもらえることが
少しでも増えればいいなと願っています。

保護犬の幸せを願って
応援のポチポチっとお願いします☆


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
ミクボスさん 素敵!  ダンナさんも素敵!

最初っからなかなか保護犬を、とはならないよね。いろいろあってこそ今の自分の姿になってるんですよね。

私も同様。雑種の子犬は近所でもらってくるもので純血の子犬はペットショップで買うものだと信じて疑わなかった。こういう里親探しの世界がひろがっているなんて夢にも思いませんでした。

たまたま新聞で特集記事があり初めて動物の命を大切にし、一つでも多くの命を救おうと奔走する人たちが全国各地で活動しておられるのを知りこんな世界があったのかと驚きました。

ミクボスさんの個人ボラとしての活動もいつもすごいなあと感心しています。
No title
龍はペットショップでへそくりはたいて買いました
いろいろな不思議があって 
普段なら絶対行かない店を選択しました
縁ですよね
長く生きてるのでいろんな後悔はいっぱいあるけど
あの日あの店で龍を選んだことは絶対後悔しない
何回あの日に戻っても私はあの店で龍を買います

ただ龍を1歳半で産んだと血統書にある龍のママのことは
今すごく気になります
まだ4歳半なんですよ いったい何回お産したんだろう
これから何頭産まされるんだろう
ケージの中しか知らずにいるんでしょうね
できれば5歳くらいになったら 引退させてくれる様な
ブリーダーさんであってくれたらと願います
巡り合うことは難しいでしょうが もし会えたら
「こんな良い子を産んでくれてありがとう」って
伝えたいです
保護犬のことを知らなかったら こんなことも
思わずにいたと思います

マルチーズがいなくてダックスのマルちゃんを買ったのも
ご縁があったんですよ
すっごい可愛いもの
そしてミクボスさんを病(?)から救ってくれた
>「お前と結婚するんなら
>お前の持ち物(マルとピノ)は一緒に引き受けるしかないだろ。」
そう言い切ったミクボスだんなもすっごいすてき

ミクボス夫妻ハ理想ノ夫婦
以前は可愛い犬をペットショップで買いたい程度の考えでした。
うちのオリバは私が精神的にまいってた時に旦那が買ってくれた子。
今なら保護犬を選ぼうと思いますが・・
オリバを家族に迎えてから保護犬の事やボラ活動をしてる人達がいるとか
そのきっかけを作ってくれたのは私の心を救ってくれたオリバなので
出会いはペットショップだけど後悔してません
家族に迎えたら最後まで面倒みる・・可哀想な犬を増やさない大事なことだと思います。

年末に向けて嬉しい譲渡のビックウエーブが来てますね~(^0_0^)
寒くなってきたけど嬉しい記事見るたび心がポカポカします。

ミクボス旦那の汚い水発言・・・笑いすぎて腹イタイ
ナマコとかエスカルゴとか最初に食べた人てどんな考えで食べたんだ?と思う(なんか話それた・・)
たとえは悪いケドどんな状態でもミクボスさんに惚れてんだね。愛だね愛♪
No title
「俺はなぜお前という汚い汚い水を
 必死に必死に何度もろ過してまで
 飲もうとしてるのか自分でもわからない」

これ、最高の口説き文句やん!!
お前のことをおれは受け止めてるんだぜ?
たとえ汚水でも、おれが全部受け止めてやるぜ。
・・・つまりは愛してるんだぜ・・・。
イェッフー!v-82
なんじゃないの?
良く取り過ぎ?w

犬がいたから救われたってのは、本当だなと。
私自身むにょさんに色んなところで救われてますもん。
喧嘩もしますけどw

マルちゃんピノちゃんに出会ったからこそつながった現在。
保護犬が持ってきた未来。
すべてに意味があったんですな。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
赤い糸って存在するんだなと、本気で思いましたよ。

ワンコに関しても人に関しても。

ミクボス夫婦は、ひとつの丸が二つに割れて育ってきて。。大きくなってもとの丸に戻った。
そんな気がします。

若い頃の二人の会話の一部もとても素敵。

私は結婚して6年で離婚しましたんで、、赤い糸が千切れてたんだと痛感しております。

やっぱり、子犬は可愛い。。。

子犬の出てくるブログは、ランキングが上位になるもんなぁ~。
人でも、私みたいなのより、ぴちぴちミクちゃんが出てくるほうが心が和むしね。ふふふ。

とても素敵な家族で、ずっと見てていたいです。
ストーカーみたいに張り付いていきます。ふふ。
No title
私もペットショップで売れ残りのむぎに会わなければ
今の日本のペット業界の現状なんて
知りもしないし知ろうともしなかったはず…
ペットショップで買ったから、いろいろ調べて知る事で
がっかりしたりショックだったり…
嬉しい事も少し…

今、私の膝の上には
そらとポップが仲良く並んでるんだけども…
そんな事も無かったかも…
不思議なめぐり合わせですよね…

ミクボスさんには感謝です。

個人ボラさん、大変な事…なのに続けられてる
すごいです。素敵です。

私のしている事なんて微力ですけど
そらとポップが二度と寂しい思いをしないように
する事がミクボスさんをお手伝いしている事にも
つながるんですよね♪
No title
ミクボス旦那様には 「そんなに必死じゃなかったよ」って
照れ笑いされそうだけど、過去のお言葉や 現在の裏ブログなんかで
私なりに感じる事は 旦那様が本当に ”腹をくくって”ミクボスさんの
全てを受け入れ 愛しているんだな・・ と・・・ 

物心がつかない頃から犬がいて 私が一人っ子で病弱だった為か
親が捨て犬や保健所や 生まれちゃったからとかで もらいうけて
何時もいました。純血種が多かった様に思いますが、お金で購入した
のは、よその爺さんがポメを飼っていて 飽きたし 柴犬が欲しいので
(保健所)処分をと 近所の小鳥を売っている所に持ち込み 何かの縁で
家で飼う事にしたら、その爺さん お金を要求してきたので 払ったのが
最初です。 だから それまでは 犬を買うなんて知りませんでした。
虐待されていたらしく、その爺さんと別れる時、安堵の表情を浮かべて
いたのを今でも思いだします。

保護主さんやボラさんの事は余り知らなくて ミクボスさんや あくびママ
さん達に色々教えてもらいました。 私の方は譲渡が厳しくてダメですが
ミクボスさん達の保護犬の幸せ報告を 喜び 楽しんでいます。
(それと 可愛いい ミク姫の近況も)
No title
又 お邪魔します。 書き忘れました。
ピノちゃんの子犬時代 可愛い。
マルちゃん かっかわい~~い~!!! 何て 可愛いの。 
マルチーズのマルちゃんがいたとしても  絶対ダックスのマルちゃんを
速攻で手に入れていたと思いますよ
No title
私、ずっとマルちゃんとピノちゃんの 赤ちゃん時代の画像が
見たかったんですよ~♪

里親探しのブログなのに、
コメントで催促するのも厚かましいな・・と思っていたので
今回の記事、めちゃめちゃ嬉しいです♪

マルちゃんもピノちゃんも 子犬の頃からかなりの美形だったんですね。
ホント、可愛すぎです♪

私、ミクボスさんのブログを愛読するようになってから
保護犬の里親になりたい願望が強くなりました。

でも、保護犬のボラさん団体って いっぱいあるけれど
逆に私から譲渡条件を決めるとしたら、
ミクボスさん家の保護犬である事なんです。

チワワがいい、とかトイプーがいい、とか 咬まない犬がいいとか
そんな条件じゃなく、ミクボスさん家の保護犬がいいんです。

どんな時でも 何があっても
大切な物は絶対に守る、絶対に裏切らない愛情深いミクボスさんから
譲渡されたいんですよね~。

そうゆう方、多いと思います。
これからも応援しています。


最新記事
最新コメント
カテゴリ
ミクボス☆プロフィール

ミクボス

Author:ミクボス
保護ボラを数年間後グダグダにて現在に至る。
自分に出来る事を迷走中…。
小2の娘と犬たちとの生活。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ミクボス家出身・保護犬の里親さんブログ
ボランティアさんのサイト&ブログ一覧
いつでも里親募集中
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。