*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お願いいたします。
いろいろなご意見ありがとうございます。
勉強になります。

引上げという行動に対して
『何があった?』と詮索されることは好みませんし
沈黙スタイルではありませんので
事実関係(感情は入った部分はお詫び申し上げます)を
お伝えしました。

記事内容で読者の皆様を不愉快にさせてしまったことに関しては
申し訳なく思っております。

この件に関しては
これ以上、公の場で公表する内容はありません。
当事者だけが知りえることで良いと思っています。

そこでどうしてもお願いがあります。
もしも私の意見や私に対して
擁護と受け止められるような発言をされている方がおられましたら
このブログのコメント欄に関しましては
意見交換の場としてこのまま自由に使っていただいて構いません。
ただし

他ブログへの遠征はご遠慮ください。


どこのブログにも支持してくださる方がいて当然です。
また人間ですから幻滅することもあるでしょう。

わかっていて引き上げたことです。
引き上げるという行為に対しての波乱は理解した上で
行った行動です。

ボランティアを行う上で
ブリーダーレスキューというのは
とてもデリケートなレスキューです。
全ての行動に神経質になります。
今回の件がブリーダーレスキューでなければ
また結果も違ったかもしれません。

今回の件で言葉を発したのはこのブログです。
どんな汚い言葉でも
意見ですからきちんと読みます。

理由だけはお伝えしなければ
余計な混乱を招くので報告させていただいただけです。
これを混乱と受け取られる方もおられるでしょうが
誰も何も言葉を発さなければ
何があった?と思うのではないでしょうか?

些細な行為ではないことは承知しております。

以上です。
よろしくお願いいたします。
最後にもう一度お願いです。


他ブログへの批判はご遠慮ください。



ご迷惑をおかけした皆様には
心よりお詫び申し上げます。

そしてレモピさんの今後のご活躍を
心よりお祈り申し上げます。
今回の件では
レスキューを依頼しておきながら
多大なご迷惑をおかけいたしましたことを
お詫び申し上げます。
申し訳ありませんでした。

追記

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが
感染症により新規の保護をしばらくストップしておりましたが
あくびママにお願いしていた保護犬たちも
ワクチンの効果が十分に出たと判断し
本日よりミクボス家に移動しました。
+今回の引き上げの保護犬も2頭やってきました。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
ミクボスはん、おひさしぶりぶり。
「今回の件がブリーダーレスキューでなければ・・」という下りで、
少し、胸につまるものがありました。

いろいろな困難があっても、
それでもなおたくさんのワンコちゃんと
里親さんとをつないできたのは事実。

身体に気をつけて、、
誰に何と言われようと、
ただ保護犬の幸せを見つけるために、
ぶれないでね。

また川柳も復活してや。


No title
いつまでも、本人が、この件に関して書くより、ワンコ達の記事更新した方が、自然沈下すると思いますよ。ワンコが大切なのでしょ?
お正月や今回の事で お忙しいでしょうが、なにはともあれ、新たにお家を探してる子達をここでミクボス風味で紹介してもらえるのを私は待ってます!バレンタインや桜の時期までにいっぱい幸せになるといいですね。…でもまたウ○コパーティー開催だったりして(笑)
No title
応援していますから、色々大変でしょが頑張って。
たくさんの保護犬達が来たのですから、気持ちを切替えてミクボスさんらしいワンコ紹介をお願いしますね。
遅ればせながら・・
レモピさんはミクボスさんと同じく保護主です(預かりさんではない)
一度レモピさんに12匹をゆだねたのなら、全責任はレモピさんに移行した、と思ってました。

年末の寒空に、幸せになる可能性のワンコ達がレモピさんの手助けの上に12匹から15いや20匹?・・になるんだろうと心が暖かくなりました

不幸なわんこを、命を1匹でも多く救いたい!
(これが、保護主、預かりさんの、すべての願いだと思います)
でも個人でやれることには限りがある。
どんな形でもいい、自分が出来ることでいい、同じ意志を持っている人は
協力してほしい!
これが、レモピネットワークだと思ってます

家庭犬として導き見守る預かりさんからバザーの助っ人まで
レモピネットワークは実にさまざまです
レモピネットワークは信頼の上に成り立ってます

1匹でも多く命を救うために、自分はどうすればいいのか・・・・
東へ西ヘ、レモピさんのフットワークの良さは驚くばかりです
(走行距離、費やす時間はいかばかりか・・・)

保護犬をすべて自分の目の届く範囲で見守りブログで発信する。
「最後のラブレター」で送り出す。
これもひとつの方法です

でも「1匹でも多く・・」と思うと方法は1つではないと思います

端から見ると、荒療治に見えるかもしれない。
譲渡条件も変わるかもしれない。
(これはフレキシブルであるといいたいですが・・・・)

うちは団塊世代の夫婦、92歳の母在宅介護8年目
一昨年愛犬を17歳で看取り、縁あってレモピさんから3歳の小型犬の
里親になりました
わんこの癒しの力は介護当初痛いほど感じています
ネックは私たちの年齢だったと思います

レモピさん「預かりさんとも相談して・・若くても明日のことはわからないですし・・・・」
「お二人になにかあった時どなたか保護してくださる人はいますか?」
「・・・・・・・・」
「わかりました、その時はわたしが引き取ります」

びっくりしました。
片方が・・・は考えましたが、二人・・・なんて考えもしなかった・・・

同時に保護主としての心の広さと覚悟を見る思いでした
もちろん、熱い熱い「最後のラブレター」は預かりさんから頂きました

「預かりさんへのフードの提供」は、レモピさん自身が保護したすべてのわんこを日々見守ることのできない、せつない気持ちだとおもいます。

「どうしたら1匹でも多くの命を、不幸な子達を・・・
自分はどうすればいいのか・・・・・」

これがレモピさんを突き動かしている原動力だとおもいます

男っぽい!時に誤解も生むかもしれない・・・

わんこも人間も性格は実にさまざま
目的は1つでも時に意見がぶつかりあう・・・・
でもレモピさんが松潤をあなたに全面的にゆだねた様に
あなたもレモピさんをもっと信頼してください
方法は1つではない事も・・・・・
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ミクボス☆プロフィール

ミクボス

Author:ミクボス
保護ボラを数年間後グダグダにて現在に至る。
自分に出来る事を迷走中…。
小2の娘と犬たちとの生活。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ミクボス家出身・保護犬の里親さんブログ
ボランティアさんのサイト&ブログ一覧
いつでも里親募集中
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。