*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宝太くん(元耳なし芳一)の幸せが当たり前な日々の近況報告☆
ひなた君の記事を書いたら
なんだか無性に宝太くんを思いだしました。
丁度、年末に里親様からメールを頂いてたので
(すいません…順次掲載しております。遅れてます…)
幸せ報告いきまっす☆

宝太くん(元耳なし芳一)と
亡くなったひなた君(名前変わらず)は
同じ年の同じ月に保護しました。
ワタシが宝太くんを保護する
少し前にあくびママが保護したのがひなた君でした。
同じポメラニアンの男の子。

宝太君は精神的な問題。
ひなた君は身体的な問題を抱えており
どちらも譲渡が難航しました。

ひなたくんのお見合いが決まった時には
(勝手に)ライバル視してたので ←バカ。
ずるいー!と何度も言ったっけ。
でも本当に嬉しかった。

そんな思い出もあるけれど
ひなた君は虹の橋へ行ってしまった。
なんだか切ないです。

しんみりしてしまったけれど
宝太くんはビックリするほど元気で馴染んでいます☆

ご無沙汰しております。○○です。

なかなかメールができなくて申し訳ありません。
ほーたは元気です。


お忙しいことは理解しておりますので
大丈夫です☆

宝太ほーた

先月からなんだかんだでバタバタしててブログも更新できず…
でも宝太もなんかもー全然問題なくて
特に報告することってないじゃん。って感じ・・・(言い訳。汗)
最近はほとんど噛まれてないです。


おお!凄い!!
しかし「最近は噛まれてない」ってセリフ
なんだか噛みつき犬です!って譲渡した里親さんからは
定型文のように聞く(笑)。
みんな定期的に噛まれてるのかな???
噛みつきでも!っておっしゃって下さった方だからこそ
成り立ってるんだろうなと毎回思います。
良かった良かった。

みるくとは相変わらず仲良しです。
最近夜が寒いのでみるくはほーたベッドの中にもぐりこんで
いつも一緒に寝てます(*^-^*)


最初から仲良しですよね。
犬種も違うのに。
まぁ宝太くん…女好きだしね(笑)。
可愛い年下の彼女がたまらないはず…。
しかも女ばかりの生活だし。
ウハウハ?

宝太眠

この写真かわいいー!

ちなみにトイレ(大)はかなりの確率でシートの横に・・・伸びてます。
小はきっちり枠内に収まってるのになぜだ・・・!?
でも大が出ると(自分・みるく問わず)
きちんと知らせに来てくれるのがエライところ。
(ワンコルーム閉切り中は吠えて知らせたり)
すごく助かります。頭いいですよ~。


確かに頭は良さそうですよね。
繊細だし。
でもそんなことまで出来るとは!!!
保護してすぐのマーキングに悩まされてた頃が嘘のよう。
噛まれるからマナーベルトも断念して
いつも宝太くんの後を拭いてまわってたっけ。

あとはお客さんとか道を通る人に吠えるのが困るかな。
冬場は窓を閉めればマシですけどね。
隣のおばちゃんが庭いじりしてても吠えるのはちょっと…(汗)
こういうのって慣れてきたら止まるんでしょうか?
(だったら早く慣れろ~!)


ワタシの中で
ポメラニアンはうるさいです。
なんか意味あるの?って吠えが多いような…。
慣れてきたら
「遊ぼう!遊ぼう!」の吠えが始まったりして。
…恐ろしい。

宝太がうちに来て5ヶ月。
まだ半年経ってないの!?っていうぐらいに
すっかりうちの一員になってます。
どこででも転がって寝てるし!!(笑)


凄いですよね。
こんな未来があるなんて全然考えられなかったなぁ。
家庭犬として着実に成長してても
どこまでいけるだろうってずっと思ってました。
それが転がってるんですねぇ。

いつも娘さんと仲良しなことにビックリです。

トリマーのゆうちゃんが会った時に
「ほーちゃんのブログを見て感激した」って言ってて。
ゆうちゃんは最後は宝太くんのトリミングをしてくれたし
実際に噛んでる姿も見てるし
それがあんな風に普通にシャンプーしてる宝太くんを見て
それだけで凄く感動したって。

シャンプーが嫌いなんて程度じゃなかった。
ありとあらゆるものに対する恐怖。
今はもう…着実に消えていってるんだと思います。

宝太もふもふ

だいぶ毛がもさもさになってきたので、
来年はカットに行けるといいな。
(上から見ると「毛!!」って感じ)


あぁ…毛ですね。
相変わらずきれいな色。
目も大きいし、ルックス的にはイケワンなのに
なぜかいつも暗くて
オーラがモテない犬だった気がするけど
里親デビュー?って位に
素敵ワンコに変身してますよね。

ワタシの中の
伏し目がちだった宝太くんの記憶も
この雪と一緒に溶けてなくなっていくようです。

今がどれだけ幸せかは
聞かなくてもわかります。
だって本当にあきらめきった宝太くんを知ってます。
何も信じられない頃。
あれは夢だったんだろうかと思うほどに
過去の話。

うれしいな、本当に。

では、またメールさせていただきます。
2011年もたくさんのわんこに幸せが訪れますように。


ありがとうございます!
1年近く一緒に暮したのでやっぱり思い出深いです。
可愛いなぁと気持ちがほっこりします。

宝太くんはさすがに里親さんは無理かと
何度か思ったことが正直ありました。
そのことを何度も恥じました。
今も恥じてます。
ごめんね。

こんなに幸せに暮らしてる今があるのにね。
あの頃はなんで心のどこかで
信じられない自分がいたんだろう。
宝太くんには素晴らしい魅力がいっぱいあったのに。

未来を切り開いて
明るい場所へ手を取って連れていってくれた家族だから
絶対大事にするんだよ。
離さないでね。

日本語が通じるなら
「あんまり吠えるなよ」って注意しに行くんですけどね。
宝太くんがうるさいのは痛いほどわかる…。
だけど行ったら
ワタシがめちゃくちゃ吠えられそうで嫌だ…。

p.s.
お盆ぐらいに写真添付で送ったメールって・・・届いてませんか?
なかなかブログに載らないな~とか思ってたんですが(^^;)
写真が大きすぎたのかも。再送しときます。


なんか見たような見てないような…です。
すいません。
夏の炎上のさなかで軽いパニックになってたかも。
今更ですが勿体ないので
掲載させてください☆




というわけで夏の宝太くんです☆えへ☆ ←笑ってごまかしてる。
ミクボス様

お返事しなくてはと思いつつ2週間が経ってしまいました~すみません。
PCの電源入れるのも久しぶりです(汗)
ブログも更新しなきゃ…

お電話いただいたほーたの写真、なかなかいいのが撮れず…
可愛い顔してるときは近すぎるし動いてるし
さあカメラ構えたぞと思ったら逃げてくし… ( >_<。)
なんとか食べ物で釣って写真を撮りました。
実物はもっともっと可愛いのに腕がイマイチですみません。


いえいえかなり可愛いです☆
いまこうして上の最近の写真とくらべてみると
やっぱり時間が経ってるからか
最近の姿はまったりしてますね。
余裕を感じます。

宝太ほーた(同化)

僕を見て!僕を見て!っていう顔をしてる。
好かれたくてしょうがないんだろうなーっていう。
あとから振り返ると
このストーカーの激しい必死な時期って
凄い可愛いと思いませんか?
付きまとうし相当ウザかったりするけど。
帰宅すると
何年ぶり?ってくらいに盛り上がるし。

基本的には変わらいんだけど
どうしても馴染んでいくと同時に
だんだん喜怒哀楽が薄くなるというか
落ちついてきちゃいますから。

夜は犬部屋のゲージ(扉開放)で2匹仲良く寝てます。
最初はみるくを抱いて連れて行くと後ろからついてきたんですが
最近では「もう寝る時間だよ~」と言っても一向に動いてくれず
みるくを運んでからほーたを呼びに戻ると
みるくがまたついて戻ってきちゃうので
結局ほーたを抱っこしてゲージまで運ぶと
みるくがついて来るという…形成逆転?
2匹が一緒にゲージに入るとそこで落ち着くんですが、
みるくも自分だけゲージにいるのはいやなんでしょうね。


ケージで寝てるとかすごいですよね。
ミクボス家にいた時
最後のほうには入れるようにはなってたけど
短期間でケージで落ちつけるんだなーって。
(ってかワタシがしつけが出来ないからいけないのか…はは)

宝太あまえっこ

ちなみにサイズ的にゲージ入り口にデカイのがいると動きにくいかなと思って
ほーたベッドを奥にしてみたんですが、やはり閉塞感があるのか
朝には手前のみるくベッドにほーたが寝てました。
ゲージ自体は好きでいつも入ってます。
食べかけのガムとかいっぱいベッドに隠してるし~☆
(後でびろびろに伸びたやつをみるくが見つけ出して食べてます…)


宝太ほーた♪

上の写真のタイトルは『甘えっこ』ってついてました。
自然に甘えてるなんて凄い。
このブログで
宝太くんをリアルタイムで知ってる人は
みんな同じ気持ちなんじゃないかな。
嬉しい。
ただひたすら嬉しい。

噛み付きのほうは…けっこう我慢できてます。
後ろから抱っこして両手の下に手を入れておけば
噛もうとしても口が届かないということがわかったので
噛まれそうなことをする時は
前もってこの体制をとって固定してます。
最近はだいぶ毛が伸びてきて
リードをつけるのも時間がかかるので(毛で見えない)
まず抱っこしてからリードをつけるように子供達にも言ってます。


噛みつきの加減が出来るようになってたので
まだマシだろうなーとは思ってたんだけど
小学生のお子様がいらっしゃる家庭に譲渡した時には
みんなに『思いきりすぎだろ』と突っ込まれた…。
でも結果オーライ☆
娘さんたちのピュアな心に宝太くんは救われた気がします。
悲しいことや悪意をしってるからこそ
ピュアな存在にも敏感なんだと思います。

「噛まれたら拳を奥に」は、
実践したら奥に行くまでにガブガブやられたので
ほーたにはあまり有効ではなさそうです…
(みるくとかなら効きそうだけど)


宝太くんには効かないだろうなぁ…。
速いんですよね、噛みつくまでのスピードが。
意識的に噛みつくわけじゃないから
頭より先に口が出るって感じ。
あれは避けられない人が多かった。
しかも何回も噛むし。
宝太君の場合はガブガブガブ!って感じでしたねぇ。
 ※ちなみにグルト君(元あべ)はガブリ!って感じ。
噛みつきにもいろんな形があって心理テストとか出来そう。
噛まれたくはないけど…。

そうそう、宝太くんの保護時に
ものすごくお世話になった方がいらっしゃるんですが
譲渡後に宝太くんとその方が再会したんです。
そりゃもう感動しておられました。
宝太くんに噛まれそうになったらしいけど(笑)。

ものすごい里親さんを慕ってるのがわかったって
嬉しそうでした。

ではまたメールしますね。(ブログも…!)
まだまだ暑い日が続きますが体調など崩されませんように。


かなり的外れな時期の掲載になってしまって申し訳ないです。

宝太くん。
今年の冬、雪を見てたら
宝太くんが庭に埋もれていたなぁと思いだした。
1年前はこの家に当たり前にいたんだなって。
なんか変な感じがして
もうそばにいないことが本当に嬉しくて。

宝太くん。
ひなたが虹の橋へ行ったよ。
いつか会った時には挨拶してね。
でもそれはずっとずっとあとにしよう。

宝太くんと暮らしていた頃
この家を出て行く日がくることを信じながら
いつもどこか想像できなかった。
いつかきっとと自分に言い聞かせながら
自信がなかった。

ワタシにとってごく普通の可愛い犬になっても
他の家でちゃんと暮せるんだろうかって
不安ばかりありました。
ワタシを信じるようにと宝太くんに言い聞かせながら
裏切らないよと繰り返しながら
その手を離すどころか
思いきり突き飛ばした。

ワタシにはその先に明るい世界があるとわかってても
宝太くんにはそんな事はわからなかったはず。
後ろめたい気持ちもあった。

でも今、突き飛ばして良かったと
心から言える。
こんな家に残らないで本当に良かった。

ありがとうございます。
優しい気持ちをいっぱいもらって
たくさんのことを教えられました。

本当に良かった。
幸せになってくれて。

宝太くんが幸せでいる。
当たり前の暮らしを繰り返してる。
奇跡のような現実は家族と一緒に積み重ねた時間。
祝福のポチポチっとお願いします☆


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
宝太君・ 宝太君!
何て 幸せそうな笑顔なんだろう・ どの写真も穏やかで、緩やかで
本当に幸せになったんだね。
 
宝太君の激しいトラウマを ミクボスさんの所で 少しづつ 解きほぐされ、
更に本当の家族に愛されて、特に 娘さん達に懐き 愛され、 
ミク姫と同じ 無垢な心を 宝太君だからこそ、感じたのでしょう。
月日を重ねて もっともっと 家族と一緒に幸せ街道を 爆進して行ってね。
ミルクちゃんという 超可愛い彼女と 共にね。

ミクボスさん 素晴らしい里親様からの こんな素敵な 幸せ報告を
アップしてくれて 有難うです。
No title
ほ~ちゃんいい笑顔してるぅ~~

ただただ・・あ~~幸せだね・・って思えてる今が嬉しい

No title
何匹ものわんちゃんがミクボスさんちを通り過ぎて新しい家族を見つけていっても、いつまでもどうしてるかなー?元気かなー?と思うのがほーちゃんです。こんな幸せそうな笑顔を見れるなんて、ブログ見てるだけのわたしもすごく嬉しい!待っててよかってね!
宝太くん、お久しぶりぃ!!
ホントに、幸せオーラで包まれてるって感じ!!
いつもいつも譲渡後の変化にビックリします!!
やっぱり、赤い糸で繋がってるんですよね。。。

宝太くん、今のこの幸せをこれからもずーーーっとつかんでてねー!!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ほーちゃんイイ顔してるなー。
みるくちゃんとラブラブなあたりがまた幸せ感いっぱいで。
去年の今ごろは、こんな幸せが未来にあるってこと想像も出来なかった。
家庭犬として心穏やかに暮らせる日がきてほしいのにイメージすら出来なかった。
噛んでもイイ、あなたがイイと思ってくれる家族と出会えてホントに良かった。

少しずつ根気よく、ほーちゃんの心をほぐしてくれたミクボスさんと、それを引き継いで下さった里親さんのおかげで、どこから見ても幸せな家庭犬になれたのがスゴく嬉しい。


捨てられた犬の中で保護してもらえるのはほんの一握り。保護された好運。深いトラウマを抱えていても幸せな家庭犬になれた好運。保護犬界のカリスマや


過去につらいつらい事があっても、こんなに幸せになれる。
保護犬のみんな、ほーちゃんに続くんだよ!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ミクボス☆プロフィール

ミクボス

Author:ミクボス
保護ボラを数年間後グダグダにて現在に至る。
自分に出来る事を迷走中…。
小2の娘と犬たちとの生活。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ミクボス家出身・保護犬の里親さんブログ
ボランティアさんのサイト&ブログ一覧
いつでも里親募集中
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。